ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2017 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

手洗い洗濯時の工夫

2017年09月23日

かくいう私は東京一人暮らしも30年超えてますが未だ洗濯機を所有しておりません(笑
(持っていない自慢のもうひとつ代表格だった冷蔵庫は数年前インチキ保冷庫的なるものを導入しちゃいましてもう自慢できなくなってますが、、)
長年ランドリー派だったのですが、果たしていつ頃からか記憶も定かじゃないのですが、手洗いメインになっています(ワケのわからない染色とかに手を出したのがきっかけだったかも)。

一時憧れの「脱水機」として機種の選定もやっていたので、脱水機はブログで過去実機を紹介したこともあります。今回自分の引越しで導入にノリノリだったのですが諸般の事情から見送りに、
さてどうしたものかと思っていたら、
「巷ではこれが定番ですよ」って手法があちこちに記載されているじゃないですか(笑
今ごろ気が付いたのかよって話なんですが「タオルと一緒に絞るといいよ」って方法です。

そこで考えました。
超吸水タオルみたいなの使えばもっと効果的だろうと(洗濯の度にタオルをまた干すのもアレですから)、

■結果から報告します
ちょっとコツというか吸水タオルの選定に向き不向きがあるようです。
吸水系雑巾なんてのもありますが、カラカラに乾ききるとカチカチになるタイプもありますよね。
(通常ちょっと湿らせてから使用するタイプ)
「せっかく最初に湿らせる分がもったいないだろう」とカチカチ状態のまま洗濯仕上げの絞り時に強引に巻き込んで絞ったところ(脱水効果は満点なのですが)吸水タオルが破損したと(笑
馬鹿なんですね。

最初に湿らせるのが納得いかないというお方は特殊繊維のソフトタイプのタオルを購入しましょう。
乾燥時はカチカチだタイプを使用する場合は、説明書通りに一度湿らせましょうね。
さすがにどっちの方が脱水効果が高いのか?
そこまでは実験しませんが、
私は破損したタオルを同箇所から「小物用・大物用」として速攻切断しまして、これでよかったのかも知れないぞなどと無理くり納得しております。

いずれにしてもこの方法、
たいして握力も必要とせず(厚みが出るので絞りやすい)、手洗い派の方には必須の方法かと思います。市販の超吸水系アイテムも多数種類がありますので、試行錯誤しつつ最強の脱水タオルを探すってのもちょっと面白いかも知れませんよ。
(流石に破損したタオルのリンク紹介はやめておきます。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする