ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< May 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

欺瞞的ゴミの分別もいい加減にするべき

2019年04月10日


武田教授じゃありませんが、
いい加減ってか大概にすべきでしょう。

ゴミ焼却炉が水準以上の性能の場合、実は全部同じところで燃やしちゃってたりします。
ええ「分別関係無しに」です。
全部が全部じゃありませんが、事実上ゴミの分別は”意識高い気分を味わうため”と”収集業者の利権に限りなく近い何か”となっており、
私の暮らす三鷹市でも知らない間に「ちょっとした何のアレは燃えるゴミに入れてちょ」みたいな事になっています。←これに気が付いたの数年後だったり、、

有料ゴミか無料ゴミかの関係もあるため、コスト削減重視の方には現在の分別も悪く無い話ですが、過剰なゴミの分別は高齢者イジメみたいな側面もあってですね、

■だったら指定ゴミ袋半額にして、全量有料、分別のよりシンプル化あるべしでしょう。

不動産管理会社的にもこの分別、頭の痛い問題で、
分別出し苦手な入居者には”何をどのように注意しても解決の見込みが薄い”側面あるのは事実。
最後に「ゴミの不法投棄は犯罪です」の看板が設置されて(この段階で万策尽きた表明)、やっぱりゴミ置き場が荒れたままなんて風景も時々見かけます。

簡素化できるものなら是非にと思うところです。
ゴミに関しては分別だけでなく(というかそれ以上に)容積が問題なのではないかと思うのです。
事実収集車は都度プレスしてゴミを圧縮しています。
家庭ごみ段階でも容積圧縮が容易なら様々な点からベターなのではなかろうかと。

『汚れなどが拡大しない圧縮機能付きゴミ箱』
こんな商品が開発されれば売れると思うのですがww
各自自治体で分別方法がこれだけばらつていると開発メーカーとしても二の足踏むと思うんですよ。

どこかで抜本的見直しが必要な案件だと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする