ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

医療制度改革には病院経営に積極的にコミットする政策が必要かも

2019年04月25日


「現在の保険制度が病院経営のビジネスモデルを規定してしまっているのではないか?」
※財務省の方さんざっぱら考えてきた事だと思いますが

ひょっとするとカルテに記載される症例や病名すら保険制度との関係で偏向している可能性すらある(こういうこというと日本医師会に怒られると思いますが)「ドル箱の患者を何人確保するのか」みたいな世界が無いとはいえず、
場合によっては治療回復より収益性の高い患者化が優先されとんじゃないのかの疑念。
医師会がどうこう以前に、
保険制度がそれを誘因している側面あることは否定できない。

凄く難しい論議になるのですよ、
本当に慢性疾患であるとか難病患者の方に不都合無く、病気からの離脱可能性を促進する制度改革があり得るのか(保険制度からの離脱可能性と置き換えてもいい)。

■非医療機関・準医療機関の創設と保険適応が鍵じゃないかと
経営って事で言えば、人件費が担保されていれば文句ない筈で(製薬メーカーはあれでしょうけれど)、同じ病院系列の子会社などで”総合リハビリ・介助派遣サービス”みたいなんが保険制度の適応で安定的に経営できるなら(ひょっとしたらですけど)医師会も論議に協力してくるのじゃないだろうか?
(今後そこにAIによる健康状態監視サービス導入可能性もある←実現すれば高齢者の自立独り暮らしをサポートできる。)

この法人に(状況によって医師の派遣や)タクシー会社との連携などを行政指導しておけば、救急車の過剰出動などの問題も解決できる(希望があれば宅配給食サービスも可能)。

「病院経営の多角化を促進する保険制度改革」って奴です。

そもそもが病気疾病状態をデフォルトとするのが間違いで、
(保険制度の”保険”の意味的にも”もしもがレアケースでなくちゃおかしい”)
回復復帰することがデフォルトでなくちゃ。


●この点夕張市で前衛的取り組みに成功した鈴木直道氏(38)が北海道新知事に就任
地方自治体における行政改革で実績ある橋下氏が推した候補でもあり、
北海道における維新的新勢力とも目される人物です
(彼の改革に担いだ自民がどこまでついてくるのか未知数ですが)
彼は地方の医療制度にも大きな改革を行った人物であり、
何を始めるのか興味深いです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする