ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

トランプ大統領は余裕で2期続くだろう

2019年04月30日

そりゃ勘もありますが、
米国大手メディアが(ロシアゲート)フェイクニュースで自国の大統領をヘイトし続けるという異例の事態は、リベラル主義の本質的意味をはき違えた左翼インテリ主義の自爆そのもので(そもそもそインテリ階級思考がもうね何時の時代ですかって)、

性懲りも無くまだトランプ批判を継続しているようですが、
やればやるほどメディアの信用を失う。
●そりゃねトランプ大統領が聖人君子だなんて私も思ってません
「だから当選したんだから」←ここ忘れちゃいけません
トランプ大統領が何故登場したのかって「アンチ・エスタブリッシュメントだから」です。

彼の政治遍歴は日和見っていうか、
元々は民主党に献金しているなどルーツはインテリ左翼階層に所属しており
後に売名目的で大統領候補に
なんだかんだやっている間に、泡まつ候補から本当に共和党候補となり、
(ここは私の読みですが「本当の話になってしまって彼は義侠心から腹を括った」と思う)
そて彼こそが「アンチ・エスタブリッシュメントだから自分が選ばれた」事をよく知っている。


故に、自作自演も込みで「アンチ・エスタブリッシュメント」のスタイルを崩さず徹底している。
昔プロレス興行に肩入れしてた時、リングサイドで大暴れする”プロレス”もやらかしていたが、彼には自慢話であってだね、
・不動産王時代なんてヤバい橋も渡っていただろうし
・平然と部下に法に抵触するような指示を出してもいただろうし(そこをうまくやれと)
・彼が共和党保守のメインストリームでは”無い”ことも明らかです

そんなやけっぱちなトランプ大統領ですが、
政治的実績は「驚くほど成果をあげてます」
なんと時々経済の知識など180度間違えていることも珍しくないのに。
(そんな事言えば日本だって財務省がいるのにどうにかこうにかやれてますから。)
運がいいのか「お前本音はどうなんだ?的理解力」が抜群なのか、

たいした人物なのは間違いない
(と米国有権者が一番思っていることでしょう)


これがまた喧伝される民主党の大統領候補者がまたいけない、
ダメが出てるってのに「俺が俺が我こそは左翼インテリ『共同幻想』体現者状態」で、逆にネジ巻いてしまっている始末です。

(この現象は左派の選挙資金システムが関係しているという論説もあるけれど、時代が求めているのはそうじゃないでしょ。現代の左翼には”だからこそ求められていること”が別にある筈で、本質に戻りなさい。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする