ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)

RDF Site Summary
RSS 2.0

パッシブソーラーハウス的工夫

2019年05月20日

北海道の実家を建てた工務店が地域では結構有名なパッシブソーラー系で(断熱材や空気循環に力を入れている)、北海道だからこその省エネ設計みたいな工夫がされてます。
季節に応じて、全館循環系や外気取りこみ循環などモードチェンジできるようになっている。

わかりやすく言えば、
夏になったら窓を開けて、冬になったら二重窓閉鎖、温度に応じてカーテンも替えるとか手動で行われる事を「設計段階で織り込んで業務用ファンで棟内循環させる」ような仕組みです。

マンション暮らしの方にはできることに限界ありますが(マンションの場合気密性を利用して温度調整はエアコンに全力出してもらうのがベースなので)、
●木造アパートで暮らしている方は「まだまだ一工夫できるところあるかも」と思います。

賃貸の場合できることに限りがあるので、どうにも付け焼刃になるところもあるのですが、
年間トータルで考えると違ってくる部分あるかもです。
<特別なところは何もありませんww>
木造アパートは構造上マンションと違い玄関側にも窓がある事多いですから、
換気の時に「どちらの窓を開けると温度管理上有利か」考えてみようって手法です。
(室内の循環は別途サーキュレーターを利用)

加えて(浴室の換気ファンは24時間回してますね)
24時間稼働の浴室のドアの開閉を調整することで微調整できるかも。

夏のマンションで忘れちゃいけないとこに
「バルコニーへの打ち水が有効(窓を開けていなくても)」ありますね
木造アパートの場合はバルコニー無いケースもあるので何ともですが、1階住民なら窓の外への打ち水有効な筈です(ケースバイケースで玄関側への打ち水もあり得るかも←間違ってクレームにならないようご注意ください)。


冬の場合、上部に集まる暖気を循環させることは勿論ですが、
(冬はサーキュレーターでは無く「吹き出し口が上の空気清浄機」を利用するって手もある)
「窓をどう処理するか」が鍵なので、
DIYになりますが、
断熱性を謳っているウッド系ブラインドがベターかな〜?と思ったりもします。
(廉価に行くなら、過去レポートで提唱した「発スチ系カラーボードで窓の下半分をカバー作戦」でしょう。)

湿度が下がり過ぎると体感温度も下がりますから、
冬には洗濯ものの室内干しを増やすのもアリかも、
(確かに気化熱でそこ寒むなる要素もありますが、湿度上昇の有利性のが勝つ筈です。←夏には”蒸し暑い”って言うじゃないですか。夏の除湿と違って冬の加湿は忘れがちですが重要です。)


<いちおう参考リンク上げてみましたが>
どうでしょう効果のほどは未知数なので選択は自己責任でお願いします

「RGB桐_シリーズ」「木製ブラインド」「サイズオーダーメイド」
現在価格:2uまで¥12,100





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする