ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< November 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

日本の寿命の延びが海外から揶揄されることもあるようですが

2019年08月20日

「冗談じゃない」ですよねww
日本人のなんとわなしの認識として、
「オマエら驚くな、日本人の寿命が120になる頃の75歳は、欧米人から見たら50代にしか見えないんだぜ」←多分多くの人はそう予測しているでしょう。
(えーサンプル的には”若大将”とか、”吉永さん”とか、”黒木なにがしさん”やら、AVの世界も何歳上等的なアレがかくかくしかじかしており)

日本は事実上「一歩一歩と(無意識に)不老不死目指している」
(なんでしょうか、欧米宗教道徳的な倫理観も刺激しないように一歩一歩ね)

高齢化社会では無いのです、
進行しているのは”高寿命で(言うほど)老けない社会”です。

実際昭和の感覚で言えば、中高年そのものであるかくいう私も、
(小学生当時の自分のイメージなら)
すっごいオッサン(カッコ良くても初老の紳士系ナイスミドル)の筈なんですが、
確かに「インチキ臭いオッサン」であることは言うまでもありませんが、年齢不詳っぽくあるのも事実(自分自身が小学生の頃思っていた50代の様子には見えない)。
 ↑↓
これ平成世代になるとまた別の現象なんだと思います。
「小学生の事思っていた70代って、あーそろそろ死んじゃう老人のイメージだったけど、自分が高齢者になった今、エッ!!ってなる」のように。

●ガンの名医座談会みたいなところの論議でも
「昭和なら医療倫理的に80歳超えた人にオペはやらなかった(成功時の5年延命の概念が寿命的に意味をもたないから)」
「でもね、最近はインフォームドの件もあるけれど、オペ希望する患者さん多いし(見た目からもにわかに寿命が5年無いでしょうとも言えず)、高齢患者のオペ増えているよね」
「だよね、そうだよね〜」
 ↑
医療系のドキュメンタリーでこんなんありましたよ。
(※同時にそれは日本の医療費がトンデもになっている背景でもあるんだが)


■厚労省が「年金受給75歳も検討」←そら検討するでしょう
100歳でも現代の70代の容姿で最長150歳まで生きる可能性あったとしたら、現行制度のままなら論議せずにおれない話です。
(この辺はむしろベーシックインカムで論議すべきで、厚生年金のような高額の老齢年金制度に限った加算部分の話に収斂していくと思う。)


結婚制度なんかもですね
「第三の適齢期」なんて造語も出てくると思いますぜ。
「第一30代、第二が50代、第三が70代」みたいな、
(現在の「家族『共同幻想』の枠組みが完全に壊れると思うけど」ww←きっと第二適齢期や第三適齢期の婚姻は”パーソナルな事実婚がベース”となるでしょうから。)

きっと日本はトンデもな方向へ世界をリードしていくと思います
「まあ見とけ」みたいな(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする