ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< November 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

不動産の将来像をオカルト交えて考えてみる

2019年10月03日

オカルトも何も”地鎮祭”とかやってるじゃないですか(笑

ええ、そうです不動産にはオカルトチックなビヘイビアがあるんです
「出世部屋」「寿部屋」「退職部屋」「クリエイターのアパート」「DQN部屋」「残念なスノビズムの不動産ナントカ」「権力の搭(tower of Power)」

■微妙に話し逸れる提案をからめてみます
「自治体は公共住宅足りないならどんぞん民間の空室を借り上げろと」
公共住宅抽選漏れなどが”無い”運営を制度化しなさい
(この借り上げ枠を前後させることで、中央銀行の金融政策のように自由に不動産相場を政策的に操作できる)

広い意味で全て流動性のある社会資本に過ぎない不動産ですから
(いやいや共産主義的なこと言っているワケでは無いので勘違いしないようにww)
行政がきちっと政策的に運営行えば、
賃貸住宅なんかのコストも公共住宅との差を埋める流れで廉価になるでしょう
供給過剰傾向も拭い去れない少子高齢化時代において、逆に言えば(空室の備蓄的管理を行うことで)不動産暴落による過剰なデフレを防ぐ効果もある(自動的に世帯あたりの平米数がコスト無しに増加するソフトランディング)。

「そんなことすれば民業圧迫となる」ご意見あるかも知れませんが
投資家サイドから見ても、表面利回りが仮に後退しても、資産価値全体の乱高下を防ぎ安定資産化が進むことは(リスク評価は下がる)決して悪い話では無い筈です。
※1、賃貸住宅と公営住宅の賃料差額を、公的家賃補助で縮小する方法もある。
※2、小難しいこと言えば「土地付き戸建て時代から分譲マンションへの推移」って「それは不動産なの?耐久消費税なの?」なる要素あったワケでね。個人的には”共同住宅は全て賃貸でもいいのではないか”と思ったりもします(仮に内部造作の減価償却を超える長期賃貸契約が可能になれば事実上改装だって自由になるんですから)。
※3、加えて分譲マンションにおける微妙な問題として「リノベーションしたはいいけど、いきなり建て替え決議が」なんて兼ね合いもあるのであって分譲マンションならではの難しさは根本的に解決されないままです。


そのように公的住宅拡大などで引越し自由度が高まれば、
●”運試し”的な引越し動機があってもいいのでありまして
(引越しの頻度を高めようって話では無く、そんな選択肢を誰もが思いつけるといいだろうという意味。←6年未満の短期解約は弊害はあっても得することなどほとんどありません。)

昭和のドラマにあったじゃないですか?
失恋を契機にヘアースタイル変えちゃったり
勿論その世界には、何かをきっかけに状況をリセットするための「引越し」って古くからあった手法のひとつです。
それが気ままにできるようになることは社会の利益でしょ
(マイナンバー制だって広い意味では似たような意味あるのだろうし)
実際の話、場所を変えれば運気も変わる可能性”存在します”
(オカルトと揶揄したい人はどうぞ批判したまへ、オカルト上等)
水が合うとか合わないとか言うじゃないですか

個性化の時代ですよ?
この辺の選択性って現代生活の豊かさに直結する事項だと思うんです。


前回香港デモの背景に不動産価格がって記事をあげましたが、
基本的人権として
「居住地選択の自由」だとか「住宅の保証」みたいな論議があってもいいのかなと。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする