ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

”省電力”であればほとんど丸く収まる

2019年10月16日

武田教授あたりが「必要の無い環境対策に述べ80兆も使ったから経済成長が止まった」みたいに(いやぁお気持ちはわかりますが経済学的にはちょっとな)意見もある中、
環境保護をお題目にした謎の恐喝団体なども各所で跋扈しておりますが、

補助金で近い道の無いハコもの作って維持費に困るなんて公共投資に比べればですね、環境対策予算に何か使っちゃいましたって話があっても、
「まー仕方がないんでしょうな」ぐらいの感想です

●あえて敵方みたいな位置づけしちゃいますが
敵の狙いは恐喝で得た活動費と、
環境保護の規制をかけて経済活動の足を引っ張ろうって思惑になります。

しかし、日本があれこれするなかで思いついた”省電力”
これは先方にも「ほらね」と言えるし、
同時に「生産性向上」にも繋がるので
「またきた環境保護団体キー!!」みたいになる心配もございません。

■以前から現代経済の技術的キモは「バッテリーに尽きる」と話してきましたが、
奇しくもノーベル賞がリチュウムイオン電池だったんですね
勿論最大の目標は「超伝導電池」となりますが、
トヨタと松下が完成間近と言われる「個体電池開発」も気になるところです

<バッテリー重要性何故大事なのかちょっとおさらいかつ追記してみましょう>
「以下は、それに加えて省電力化が更に促進したらって話しです」
 ↓
・「原発24時間フル稼働200%で100年分の蓄電即廃炉」みたいな芸当が可能になる
(事故リスクの最小化)
・100年分は大袈裟でも10年分蓄電可能なら(原子力艦で無くても)レーザー兵器が実現する
・そうりゅう型潜水艦も潜りっぱし可能となる
・「2年縛りの契約期間中は一度も再充電の必要ないスマホ」などが登場する
・10年は充電の必要が無い、アンプラグドIHクッキングヒーターなどが可能になる
・電気代がタダ同然になるだけでなく「配線網」なるものの存在意義も無くなる(配送電の自由化もクソも電線が不要になる)←イエの電力が枯渇した場合「追加充電ギミック」を宅配すればよい
・身体に障害ある方や高齢者のパワードスーツの管理が容易になる
(そのまま入浴できるスーツが開発される可能性も否定できない)
・トンデモスパコン大量動員で何かできる(量子コンピューターAI登場も早まるかも)
・ヒト型ロボットの一般化
 ↑
この仮想エネルギーフリー経済を回す事ができれば、
余裕でベーシックインカム社会が実現する


●そう簡単に実現しませんわね(笑
しかし、技術的にほんの一歩でも省電力に前進することは、上記可能性に少し近づいたって事なのですから、長い目でみりゃ”いつか確実に実現可能”って話でもある。
(既に政府の後押しある筈の)「高性能バッテリー開発」に更に毎年追加で1兆円ほど投資するだけで結構違うと思うんですよ、
武田教授は「成功する研究なんて最初からわかる筈ない(投資先を官僚が決めるとか不可能なので意味が無い)」←それは事実でしょう

しかし「お題として超高性能バッテリー研究なら金に糸目点けずに援助しますよ」ってやり方はアリだと思います(マンハッタン計画だとか戦艦大和計画みたいに)。


敵が仕掛けてくる「環境なんたら」
逆手に取って逆転仕掛ける鍵が「バッテリーと省電力」ではなかろうかって
「陰謀だー」と叫べば、勝手に折れてくれるような相手でもないでしょうし、
ここは戦術的に(裏でベロ出すようなやり方で)対抗したいものです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする