ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< November 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

RCと木造の音響特性

2019年11月04日


どえらく違うんです

※こちらも随分昔に一度書いたテーマですが、もういつの記事やらアーカイブに埋もれてますので
再び論じてみましょう。

内見時に会話するだけで「はっきりわかります」
RC造マンションの居室は音が凄く響くんです。
オーディオの世界なんかですと、
「木造はバスレフOK」
「非木造は密閉がベター」
そんな色分けがあるほどの違い

※「バスレフ」ってのは共振ポートで低音を稼ぐ設計、「密閉」ってのはダンピングの効いた低域が減衰しながら下まで伸びるスピーカー、単体での比較だと「バスレフが能率高くフラットに聞こえる」。
どうしてこの色分けがあるのかって言えば、
「バスレフ」は単体で音域バランス取ってますが、共振を使ってますから(エネルギー的には過剰)反響の多い部屋だと低域が過剰にボンついてブーミーになってしまうため(概してJBL的に能率が高いスピーカーが多く=アンプは廉価なものや高級低出力なもので十分)。←低域過剰とならないようにスピーカーは壁から一定距離話しましょうねとか、
 ↓
これに対して(クラシック向きとも呼ばれる)「密閉スピーカー」は、低域は(振動板が低域再生には小さ過ぎるため)空振りするため低域になるほど減衰し、一聴大人しい音に聞こえますが(概して密閉の方がスピーカーの能率が低いのも特徴=アンプも高出力が必要)、部屋の反響でバランスが取れますよって話なんです。←バッフル効果による低域増強を狙い壁際に設置しましょうねとか、


■勿論全部が全部じゃないのですが
あ く ま で も 一般論
構造上文句なくRCマンションの方が遮音性高いのですが、
 ↓
その理由のひとつにRCマンションは音が響くので(自分でもウルサイ)TV含めて音量が非木造より控えめになる可能性があります。
オン○ロ木造APなどの場合、遮音性が期待できないだけで無く、
吸音性も高いため(響かない)高域サ行が聞き取れないためうっかり音量も上げがちなんですよ


■いずれにしても昨今のヘッドフォンリスナー増で、
両者の違いは無くなってきていますけどね(笑

ちなみに反響しない=部屋の癖がで難いことから、
オーディオ単体で言えば、RCマンションは鳴らし方が難しく(吸音材買いまくる人もいます)、
木造建築の方が鳴らしやすいのです。
個人的な理想を言えば、
「高域ホーン、低域は大口径バスレフな高能率SP」
(大口径ってポートの口径です、スピーカーユニットは6帖間なら20pでもデカいぐらい)
を、木造で小音量・近接視聴で鳴らすのがよいかなと思いますが、
昨今そんなスピーカーはほとんど販売されておりません。


※JBLが高域ウルサ目なのは米国の住居のほとんどが木造だからと思われる
※欧州のスピーカーに密閉コンパクトが多いのは欧州は非木造が多いため
※なのにドイツの密閉スピーカーが高域ウルサ目なのはデカいスケールのクラシックや、ヘビーメタルが好きなため(ヨーロッパ密閉コンパクトと言えば英国製ってイメージです)
※往年の日本のSPは「営業判断からSPユニットがデカ過ぎ・目立ち過ぎ」=SPユニットに対してエンクロージュア(箱)が小さすぎるため=f0が上昇して低音がさっぱり出ないモデルが多かった

※昭和のオーディオマニア憧れのアルテックA7ってシアタースピーカーだからww
「どこで鳴らすの」って話です

※逆に言えばロックやポップスのコンサートで使用されているPAスピーカーは大音量で破壊しないように大口径フィックスドエッジだったりするため(f0周波数も高い)、ホールの箱鳴りで低域出ているように感じられるが、再生されている音は”むしろ低域カットされており”、
バチーンと鳴る高能率な音色のがその特徴だったりします。
(生音でも到達するバスドラは例外←これ再生するには30p以上のユニット必要になるけど、6帖間で30p以上のユニットを本領発揮して鳴らすことはほとんど不可能なので《車で言えば300回転以下でターボは効かないからみたいな》、そこまで原音再生拘ると地獄を見ますww)
 ↑
ヘッドフォンで「イコライザーマニア」の方は参考にしていただければ、
(ライブ音源などの再生なら50ヘルツにピーク、20ヘルツなぞはサブソニックフィルターばりにカットオフした方がそれっぽくなる場合ありますね)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする