ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< February 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

幼児教育に英語は必要なのか?

2020年01月15日

そもそもが現代の子供達が大人になる頃には翻訳アプリ・ソフト系の能力が相当高いレベルにあるでしょうし、現在の日本の教育における語学って「試験が簡単なのでご都合主義で入れてみた感」が満載でどこに意味があるのかさっぱりわからない。

これがまたトンチンカンな勘違いした親御さんがやたらと幼児教育で英会話学校通わせたり、悪循環になっている側面がある(文科省と同じで親御さんにも”英語が大事です”みたいな投げかけがわかりやすいからって部分が大きい=しかもそのほとんどのケースが親御さん自身英語が得意とは言えない場合だってのがお約束だったりする→特異なら家庭教育でできちゃうからです)。

何かおかしい、
英語の重要性(これ本当に必要になるのは学術論文云々の場面なので)それほど大事なら、上記の話じゃないけれど親御さんが既に英語ペラペラの筈なんですよ。
こういう不毛な話は民意でなんとかしたいところなんですが、
相手がアホの文科省ですからね、、、
(しかも文教行政なんて票にもならないので選挙の争点にもなりゃしない)

●「文科省そのもの不要なのではないか」←ここに一票ですね

TV報道では、英語関係の試験がどうやらこうやらあったようですが、
全く興味が無いのでそこはノーコメントです

子供にしたって、youtubeやたら観るって話をよく聞きますから、
自分が興味あるコンテンツが英語ならそのまま放置すれば勝手にある程度は理解するようになるでしょう。(元からが欧米の中で簡単な言語とも言われている上に、日常会話は中学の文法レベルで十分って話もあります)
そのテンションのまま中学で学べば十分でしょう。
(大学は大学で論文のための英語みたいなカリキュラム構成にすれば問題無いでしょ←入試の科目に英語なぞが必要とかおおよそ思えません)


■どこぞの政党が「文科省廃止論」ぶち上げてくれませんかね
(本気で必要無いと思います)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする