ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

驚きました「今どきの子供は留守番もできないんですか」(あえて問題提起してみる)

2020年03月01日

政府の休校措置依頼で
「子供を預けることができないので仕事を休むしかない」ですって、、、

   はっ?、、どういうことですか

「今どきの子供は留守番もできないんですか?」
わかりますよ、確かに米国の法律だと子供をひとりで留守番させると虐待扱いなのは
(ドイツでは犬もこの場合虐待扱いですし)
保健所の引き取り条件に家で見る人がいる(これで事実上単身者が保護する音できない)などがあることも、

しかしね、
(保育園も幼稚園も”自らの選択”で行かず学童って何?な帰宅部の私がきましたが)
「犬は勿論(番犬って何なのって話になりますから)イエネコですら留守番ぐらいできますよ?」
(前からそうなのかなって思ってましたが)「人間の子供ってイエネコ以下だったんですか?」

驚きました、
そりゃ「やれ育児ノイローゼだ、子育ての負担が大変だ、待機児童がどうやら」って被害者意識になるワケだわ、、
現代家族世帯では何を教育してんですか?
子供の自立活動性って言えば、
●「留守番、下の子の面倒、近所限定のお菓子購入やお使い、家事手伝い」
 ↑
ですよね、
事実、東京あたりじゃ小さなお子さんが単独行動で地下鉄乗り継いで(どこに行くのか知らないけど)ッ社会的単独行動可能です。
あれれ?
「都市の地下鉄乗り継いで通学はできるけど、留守番ができないってこと?」
そんな馬鹿な、、

ちょっと何言ってるのかわからない
(メディアもどうしてこの辺突っ込まないの?最近の世田谷自然左翼はこういうの肯定してるワケ?←ワイルドに行こうな60年代ヒッピー世代の左翼ですら見解違っていたと思うぞ。)

■極論ですが、
現代では「英会話やダンス教室に通っているが、留守番もできない子供」を量産してんですか?
(私は育児経験無く、あくまでも”ネコ飼い”ベテランとしての意見になりますが)
それってさ、
「トレーナーに預けてコンクールのウオーキング練習しているが、家ではケージから外にださない(出せないので)」みたいな飼い方しているようなものですよね。
”ネコ飼い”(羊飼いと同じイントネーションで)としては考えられない。

それは「違う意味で虐待なのではなかろうか」
”左翼の偏向報道であって欲しい”と願うばかりです、、

(問題提起の意味であえて暴論覚悟で書きましたが外野席から失礼しました)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 03:06 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする