ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

北海道であの感染が多いのは(気温もあるでしょうが)「換気でしょうね」、、

2020年03月03日

こればっかりは”二重窓的”何らかの対策している北海道の場合最大の弱点です。
この時期に窓開けて換気しろって「流石に無理」、
 ↑
同時に暖房もFFストーブが主力なんですよ。
いちおう風は出ますがそういう種類ではありません。
本州の方からは「エアコンは?」なご意見あるかと思いますが、

エアコンの暖房は外気温との差が消費電力に大きく影響するだけでなく、
室外機が雪に埋まってしまうのですよ。
●室外機の屋内設置が無いワケではありません
たとえば、retourブログで有名な『秀和赤坂レジデンシャルホテル』の場合、一見セントラルかと思いきや、エアコンは各室個別となっており(それが全室なのかはわかりません)、
「どこに配置しているの?」って、棟内排気ダクト内に設置しています。

こういうの参考にするといいと思うんですよ、
北海道は冬の日差しも凄く強いのでソーラー発電への期待もあるのですが、雪が積もりますから屋外配置の耐久性は同様に問題になる。
(私は前から北海道のソーラーや室外機は何らかの方法で屋内配置すべき論者で)
たとえばですが、
ソーラー発電循環型設備式に「融雪機能付きのポリカーボネイト強化室外機置場」のようなものを設計し、熱交換フィルター付きの換気ファンもソーラー発電によるバッテリーで動かす。
(排気口を塞がないなんらかの工夫は必要だと思いますが)
ポリカーボネイトなら(よくある玄関フードの最高もそれ系素材じゃないかしら)、日中はパッシブソーラーでもある程度”置場温度”も上昇するでしょう。

※てか「室外機の置ける自律型ソーラー発電玄関フード」を設計すればいんじゃね?


●確かに郊外分散型開発により、
「土地がタダみたいな地域もあり、どこの家も無断に広いのが北海道です」
エアコンの優位性を出し難いのも事実、
しかし、前述のようなパッケージで「冬の光熱費1万台の平屋2LDK戸建」とかの謳い文句があれば、効率性重視のコンパクト(2L基準ピッタリの60平米など)受け入れられるのではないかと思います。

何の話って、
ウイルス対策的に「換気の理由のひとつに”風”も意味を持っているんです」、
エアコンの風を不快に感じる方少なくないと思いますが(ド乾燥もしますし)、
”ギリギリ緩めの温度設定とサーキュレーターの併用”により、
本気の換気は無理でも、風の通る部屋にはなります。
前述のような室外機置場を作れれば効率も悪くない。

こういう企画に意欲的な(北電が北海道オール電化住宅のパイオニアですから)北電あたりがパッケージで開発してくれると当たると思うんですけどね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 12:44 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする