ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

新型コロナ感染症の論議に欠落している【ポイント】

2020年05月09日

日本のDATAだけから言えば
「これまで知る感染パターンと違う点がやっかいな、インフルエンザ同等の脅威」で間違いないんです。
死者の数から言えば、例年のインフルエンザ以下であり、
今回新型コロナ対策もあって、インフルエンザの流行が例年の4分の1であることから、(まだ最終結果は出ていませんが)トータルの死者数で言えば昨年度より減少したぐらいなのです。

かといって専門家会議が「ハイ大丈夫」とは言えませんよね、
欧米の被害状況見れば、その可能性があると考えざるを得ないからです。
 ↑
●重大な見落としってどこでしょうか?

先日の会見で専門家会議の尾身さんが
(日本にPCR検査の整備が進んでいなかった理由で)
「サーズもマーズも被害がほとんど無かったものだから」と触れてましたが、
実はそれだけでは無いんです、
毎年流行のインフルエンザに関しても、日本は欧米に比べ桁違いに被害が少ない。
 ↑
これまでその理由を(言えばなんとなく医師会自慢的に)
「日本は医療がダントツに進んでいるから」と、噂程度に業界で語られていて、、
(業界では【超有名な自慢話】なんです)
(政府が感染初期の頃に楽観視していた理由でもある)
 ↑↑↑
そう、ここ、
「何故日本がこれほど感染症に強いのか?」この理由を真剣に討議したことが無いんですよ、きっと。
なんとなく通俗的な自慢話のレベルに落とし込まれていて、
●これが原因だと明示的な答申に至る研究がされていない。

「欧米のようにはならないだろうと、勘というかなんとなくそう思っているけれど、それを証明できるエビデンスが無い」ものだから、
堂々と「日本は欧米のようにはならないので、この対応でいんです」と言えないワケで、、

そこが話をややこやしくしてしまった。
(確かに今回欧米はPCRやり過ぎのド下手を踏んだのも事実ですが、それだけで全てを証明することはできないでしょう。←二桁違いのうちの一桁分程度でしょうか。他俗説にBCG論もありますが、こちらも確定的とはまだ言えず、、)


論議されていないものを、きっとこうだろうと私が言える筈も無く、
さてどうしてなのでしょうね(笑、の域を出ない話なのですが、
●俗に言う右派系歴史学者さんなどの論旨によれば
(以下はトンデモに属するそれ系学派の仮説ですからね)
聖徳太子ペルシャ人論や、日本の神社建築とユダヤ人の関係(秦氏は外国人説)などなど、
平安時代、都では人口の3分の1前後が(マルコポーロ的な)外国人だったという説があります。
当時から海洋国家であった日本は(ここはDNA的にも)外国からの出入りの多い国際国家でした。
(第二次元寇の主力は南宋からきていたぐらいですから驚くような話でもありません)
 ↓
で彼らの説によれば、当時の天皇の「ナントカの勅令何か条」みたいなのあるじゃないですか、
そこに
「距離をあけてお辞儀(握手はしない)」などの作法が書かれているんだという話で、
「きっとそれは、外来の感染症経験の多さからきた(公衆衛生)予防策だったのではないか」という説←あくまでここは根拠不明ながらの一例
(説明するまでも無く、古代宗教儀礼も少なからずそうですよね、礼拝の前に清めるだとか、不浄の手とかね。)

私は、何か免疫系に及ぶ特性まで存在するのでは無いか?とすら思っているのですが、
(日本は世界の人口半分になった的ペストの被害も少なかったという話もあります)


■この話をは少々不謹慎だと思いますが、
あくまでもひとつの参考例
クラスター追跡班の西浦教授が(緊急事態宣言前後の記者会見で規制業種に含まれていなかった質問の答え)「事実として言っておきますが、理由は不明ながら《大阪では一部あったかもしれませんが》パチンコと性風俗での感染事例は報告されていない」と断言してました。
(パチンコはユーザーの喫煙率の高さかなって気もしますが→フランスの調査で喫煙者は感染しにくいってDATAと研究出てますから:仏の喫煙率は平均25%なのに感染者の喫煙率は5%に過ぎなかった。)
性風俗で言えば「感染症?ウチらは感染症対策なら悪いけどプロ級」だからでしょう。


「インフルエンザの被害が毎年欧米に比較して桁違いに少ない日本」
 ↑
きっと、まだ研究されていない何かの理由があるんですよ。
(それがわかっていたら、緊急事態宣言はそもそも必要無かったんですけどね)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 11:35 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする