ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

たとえば「将来のメディア像」

2020年06月09日

個人的に一次情報は「広報や通信社だけでいい」と思ってます。
記者個人に依存する情報というのは(人間関係というか)、一面の内幕を暴くことはあったとしてもそれは関係性に依存するワケですし、インテリジェンスにおける個別情報の評価が難しいのと同じですし、
内部告発はブログでも一部SNSでも、評論家系サイトでも可能です。

(※それが昨今「共同通信がフェイク連発」してますから、、これも困ったものです、、)

少なくとも専門性のある報道は、個人に依存する一面の内部情報より、学問系専門家などのマクロ的な分析や背景説明のが有用で、
「公開情報だけでも追及できる情報分析」ってありますからね。
(出所の怪しい情報よりそちらのが確度も高い)

●現在ポータルのニュースサイトは通信社や新聞社のweb記事をまとめることで成立してますが、
正直なところ、速報性は通信社に比重が大きくなっている側面あると思います。
(その通信社にしても、政府や団体などの広報を事実上聞き取っているワケで)
情報元が都度ポータルに広報を流せば、十分と言えば十分、
(今後情報発信における政府の動画制作アウトソーシングなども盛んになると思います。)

昨今の記者会見などは、新聞社の質問よりフラーランスの質問の方が有意義であることも少なくありません。

よく”まとめサイト”などに意味は無い(記事をパクっているだけ)論議もありますが、
新聞紙面で考えてみてください、
(個別の記事は各記者の発信であって)
新聞社の偉いさんがやっている仕事だって「まとめ編集」でしょw
■「TV地上波も新聞も必要が無い」
そう遠く無い将来”そうなっちゃう”んじゃないの?


昨今、TV地上波や新聞報道の問題が大きく表面化してます
(考えられない誤報や、エビデンスの無い煽りが多すぎる)
 ↑
現象としては”最近酷く劣化したように見える”のですが、
どうでしょう、その実像は「実は昔からそうだった」のでしょう。
思い出してくださいよ「田中金脈、ロッキード事件」
(当時の報道に何ら反省無く、後からしれっと田中角栄氏を偉大な政治家と持ち上げるメディアも少なくありませんが、どの口が言うって話でしょ。)
 ↑
現代はネット世論の検証が効くようになり、
「嘘やデマの報道が1日ももたない体たらくになっている」←これが実情かと、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 20:57 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする