ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

”隣室の音問題”の鍵がひとつわかったかも

2020年10月08日

本来この記事は心理学ブログに書くべきことなのかも知れないのですが、
現代賃貸物件事情におけるメジャーな問題でもあるため、こちらに記すことにしました。
現代社会は様々な局面でメンタル関連の課題が浮上する時代でもあります。
その理由は封建時代や近代から連なる社会的概念がことごとく解体・再構成されているからで、その速度は高度経済成長以降加速しています。
情報化社会なら尚更で、

社会的変遷と個人の自我構造を考える場合、
少なくとも数世代に渡って共通の認識があることが前提となります(経験則的に安定する)、しかし高度経済成長時代以降世代間ギャップといわれるように、世代が変わる毎に共有認識も変わるようになり、ついには同じ世代間に社会的概念が変化してしまうようになっています。
(※典型例は昭和世代にとってその現役中に過去には存在しなかったセクシャルハラスメント問題が台頭し、過去経験則がまったく通用しない新たな概念の導入を求められる←などなど、)

厳密に言えば違うんですが、
わかりやすく言い換えると「現役世代中に社会的常識が変わり、その変化への対応を現在進行形で求められ続ける時代へ突入した(勿論この社会的変革について、旧世代などに相談できる筈も無く社会と個人の関係において”定期的孤立”に近い状況が発生している)」

●心理学ブログではこの状況を別の角度から説明していますが、流石に話の方角が離れすぎてしまうので、ここでは省略します。

<いずれにしても、上記説明にあるように構造論として個人の自我が不安定化する時代>
 ↑
これが現代社会です(OSのように数ヵ月で論理構造のアップデートが必要になる)
そら、どうしたってメンタルに関わる諸般の課題が浮上します(時にそれは不安定化である)、

そんな社会的事情を背景に浮上したのが「隣室の音問題」です
このブログでも過去にその心理学的背景なども説明してきましたが、
昨今ふと気が付いた事がありまして(今頃かよって話でもありますがww)、
「これは記事にするべき」と思ったところです。

■過去記事にあるように、人間の脳内にはインコライザーが入っておりまして(会話中は人の音声帯域を増幅してよく聞こえるようにするなど)、雑音や環境音や暗騒音は”ノイズ”として自動でデシベルダウンする仕組みがあるんです。
たとえばこのような機能
 ↓
自宅で独り作業中に玄関にきた郵便配達さんの足音はよく聞こえるが、
喫茶店で仕事の打ち合わせ中、真後ろ歩いているウエイトレスさんの足音は聞こえていない。
(体感としては”音が気になる””聞こえていても気にならない”のような振り分け)

見方を変えると(ここは育児ノイローゼにも関係していると思われ)
近親者だとか身近な音(前述の玄関前の音のように自分に強く関わる音)、これは重要な情報になりますからデシベルアップして(高感度モード)実音量より大きく聞こえる、”気になるようになっている”んです。
●本来ご近所の音や、集合住宅隣人関連の音は「個人にとって重要事項ではありません」
通常の聴感イコライザー性能的には、デシベルダウンして聞こえ難い・気にならない処理が行われる筈なんですが、


はい、現代社会は?
「プライバシーの価値が大幅にクローズアップされた時代」でもあります。
勿論、プライバシーの概念は新たに自我にビルドインされ(思うに30代以降の方なら現役世代現在進行形で新たにプライバシー保護条例などを経験している筈)、これが経験則無く運用されている。
「経験則が無い=こなれていない=器用に使いこなせない」

つまり「すわ、プライバシー侵害かっ」←と驚きやすい傾向にあるワケですよ、ええ現代人は
(ひょっとすると、生まれる前からプライバシー保護条例のある世代は違う可能性あります)
勿論そこには大きな個人差が生まれることになりますが、、、
 ↓
「もうひとつ不動産関連で思いつきました」
お隣との土地所有権をめぐる境界線争いってあるじゃないですか?
所有権をめぐるテーマが何も無い時には、自転車をどこに置いたとかでキーっとならないでしょ。
しかし、何かのきっかけで”経験則の無い新たなテーマとして境界線争い”が認識された瞬間から、過剰反応にも似た”意識”が台頭します(デシベルダウンするべきところが、むしろワーニングのデシベルアップに切り替わる)。

●えー残念なことに、今回の話は「隣室の音が気になる現象の背景、新たな視点」という話で、
 ↑
全くその解決策は”わかりません”(笑
まだそこまで考えてませんでした、スイマセン。

重要なポイントは「実音量より大きく聞こえてしまう」って部分です。
所謂騒音条例で明示されるような「一般的にウルサク感じる平均デシベル」が通用しないのです。
(※そういう調査は行われていないと思いますが、オートロックやTVモニター付きインターフォンなどプライバシー保全設備があると、幾分《実音量に変化は無いのに》隣室の音の気になるレベルが下がる可能性はあると思います。)

シンプルに言えば「デシベル感度イコライザーの誤作動」なワケで、
「あー、この音は関係無い、関係無い、”聞こえても問題無い”(聞こえなくするべきだと意地になるのは逆効果)」←これなんですが、
上記の一般的解決策では追っつかない可能性もあるって事です。
(そら一部の安眠グッズに耳栓があるワケだと、、)


■現代社会におけるプライバシーとは何か?そしてその領域とは?
この辺の概念そのものの詰めって言いますかね、
(場合によっては、こういう音はむしろ聞こえた方がいんだとか)
建築構造として防音性が高まることで困る人もいないでしょうから、それはそれで進めていただくとして(ただし音響メーカーの無響室のような空間は逆に無音ストレスで強度の不安を発生させるため好ましく無い)、実音量はともかく、
「外乱騒音が気にならない”寝室の在り方”だとか、独り暮らしの生活空間設計」など別角度の着想も必要だろうと思うのでした。

※もう1点補足すると「最近はTVつけっぱなし世帯減りましたよね」←これも大きいと思う
(ワザワザ不快なTVをながらで付けるのもアレなので)
環境音を鳴らすみたいな?
(ほら、お部屋に素敵ななんとかの香りと同じ趣旨)
そういう方向もあるかもしれません。
 ↓
何故なら、若い人だけに聞こえる超高周波でしたっけ?
これを”不良避け”として英国だったかしら、公園に超高域拡声器付けてみたって話があった筈で、
室内にはエアコンや換気扇、特に冷蔵庫など特定周波数が鳴る音源があります。
(人によっては劣化した蛍光灯の振動音が聞こえるって人もいるでしょう)
ながらTVの雑音が消えると?→「途端にそういう振動音が耳につきますよね?」

てな、意味でも”環境音を鳴らす”ってアプローチはやはり選択肢として残ると思います。
(窓を開けっぱなしが好きな人ほど”室内微細音量ストレスに強い”可能性もアリ)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:16 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする