ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

『九段会館』

2013年03月18日

ちょうどretourの取材で九段下駅にいったものですから、前々からもう一度撮影しておこうと思っていた九段会館をじっくり撮ってきたという経緯です。
(それとは又別途に撮影した時もあるのですがこれは公開時期を逃してしまいまして、)
以前の取材はこちら、
九段下ビルから靖国神社へ(3)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286590.html

(上記レポート中に登場しています。)

現在の九段会館は先日の震災時の不幸な事故により営業停止中であり、今後の予定も定かではありません。権利関係がどうなっているのか私も詳しくは無いのですが(九段会館は靖国などと切り離して考えられない部分もあり)戦後その運営は財団法人日本遺族会が行っているのですが、所有権まで移転してないのか、今回の事故から建造物は強固でも大規模な内部造作の見直しが仮に必要なのだとしたら(勿論当時の意匠を温存してとなるでしょうから)『東京駅再開発』規模の話になってしまいます。
この辺は政府なりが間にたって修繕のための融資なり調整するべき建築物だと思うのですが、
まさか所有権が全くの民間に渡り取り壊し再建になってしまうような結論にはならないよう祈ります。(考えてみればこの辺の保守管理というか戦後からの経緯そのものがどこかその手法に考えるべき点があったのかもしれないですね。)

撮影時も(勿論私がカメラポーチからカメラを取り出す時に自分で触ったのでしょうけれど)カメラを取り出すと勝手にスイッチが入り「しっかり撮るように」と言われたような気もしました。
iidatiy17t.jpg
言うまでも無いことですが見事な建築です。
iidatiy18t.jpg

iidatiy19t.jpg

iidatiy20t.jpg
何せ九段会館などの中に入るような機会の無い人間なものですから(営業当時は外部からの来客的に利用できる施設あったのかもしれないですね)、内部の様子を私は知らないのですが外から見ただけでもその威風というか建築当時の物量投入の規模の凄さを感じます。
iidatiy21t.jpg

iidatiy22t.jpg

iidatiy23t.jpg
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | Comment(4) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千駄ヶ谷トンネルが真っ白に

2011年03月04日

今回もショートショート的レポートです。
東京建築日和”Teorema”的にもいい絵撮れていると思っていたんっですけれどね〜現地を訪れてみてビックリ、
あのアートな壁画が真っ白になっていたのでした。
一瞬「あれれ、別のトンネルですか?」と思ったほど、

以前のレポートはこちら
『千駄ヶ谷トンネル』(1)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286447.html
『千駄ヶ谷トンネル』(2)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286448.html

確かにオリジナル壁画の保存状態的には劣化しているものや、落書きによる汚れもあったのですが、あれはあれで千駄ヶ谷らしいと考えていただけに(あの壁画を修復するのも難しいでしょうけれど)残念な思いもあります。

現在の様子です。
sendagayagasiro.jpg
(思い切り「原宿警察の落書き禁止張り紙」もありました)

壁画や落書きというのも社会資本の管理としてその時の行政が指針を示すものに思いますから、経緯はわかりませんが原宿警察の判断は判断として尊重すべきでしょうし、その上で(改めて地域のアートデザイン系の学校に依頼するなど)様々な論議があるかも知れないですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『静岡新聞東京支社ビル』他ショートショート

2011年02月06日

東京建築日和”Teorema”既報レポートの、
 ↓
丹下健三作:静岡新聞東京支社ビル前編http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286353.html
別角度からの画像ショートショートです。

昨年末に新橋方面から日比谷公園方面の所用があって偶然反対側の確度から『静岡新聞東京支社ビル』見る機会があったもので、
sinnbashisizu01.jpg
意外な事にJRの線路を挟んだ反対側からの絵の方がいんですよね。
何度見ても個性的建築、

日比谷公園方向に歩くと、
『日比谷シティ』があります(三菱地所(株)昭和56年竣工)
複数のビルによる都市計画的な一帯が日比谷シティなワケですが、その中でも日本プレスセンタービルが凄いんですよね。
sinnbashicity02.jpg
専門知識とか経験とかレベル抜きに「おおよそ誰でも」なんか凄い建築物だと圧倒されるスケールがあります。

sinnbashicity03.jpg
非木造建築のひとつとして住居用のマンションだけ狭い範囲で見ていくと、木を見て森を見ずみたいになってしまうもので、「上物価値はどんなものかしら」とか考える時にはこれぐらいのスケールの建築を見ておけば「比較すると随分軽量級かも」や「パッと見のデザインはアレだけれども本質的にはどうかしら」なところが判断できてくるのじゃなかろうかと思ったりするのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座その後レポート

2009年12月11日

いやーみなさんついに
瀧山町ビルヂング解体されておりました。
http://kagewari.cside.com/blog/2007/01/post-b1d3.html
http://kagewari.cside.com/blog/2007/11/post-fb2f.html

現在コインパーキング状態です。

さらに華僑ビルも解体のようですね
http://kagewari.cside.com/blog/2008/06/post-9f36.html
入り口他警備会社により封鎖されていました。
最後の雄姿として、
Kakyoubill


こちらはまだまだ健在の奥野ビル
http://kagewari.cside.com/blog/2007/05/post-a0a9.html
隣のビルが工事中で(笑
非常に珍しく
普段見ることのできない奥野ビルの横顔が見えたのです
Okunokouji



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧乃木邸ショートショートです

2009年07月07日

乃木坂方面に行く度に「ちょっと見てみたいんだけれど」と思いつつ何故かその時には見学時間やら時間の都合やらでなかなか見ることができなかった『旧乃木邸』なんですが、
ちょうど某内見の後に空き時間があったので早速拝見してきました。


旧乃木邸は乃木神社に並んでいますから乃木神社の絵を撮りましょうかと入口覗いてみますと、
ちょうど”御めでたい式典”直後ということで、

迷惑になってもいけませんから、入口で一礼して目当ての旧乃木邸へ向かいます。
(最初の画像ごらんいただけるとおもわかりかと思いますが「お隣は乃木会館」なんですよね)


まー見事な木造建築なのです。

(ぐるりと回っている渡り廊下のような構造物は後付けの見学用の桟橋のような足場となってます)
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九段下ビルから靖国神社へ(3)

2008年11月25日

『九段会館』

現在は宴会場・ホテルといっていい存在ですが、元は「軍人会館」と呼ばれた設計(同潤会の)川元良一氏の軍の宿泊施設で、wikiによると「2.26事件では、ここに戒厳司令部が置かれた」とあります、築1934(昭和9)
運営は財団法人日本遺族会


現場を歩いていただくのが一番早いんですが、上記の知識が無くても軍人さんが歩いていそうなそんな”何か”を感じます(これは思想的宗教的意味全く無くです)。
とても表現が難しいんですが、重厚というかクラッシックというか(隣武道館だし)実際にも投入されている資材の総質量も半端なものじゃ無いでしょう。

そして靖国神社への道は歩道の幅員からして”違っていて”
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする