ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

東京サブカル都市を考える

2020年06月24日

retourの本サイトブログにちょっと書きましたが、
テレワーク自宅SOHOが想像以上に拡大する可能性と、
その時の東京がどうなるのか?
同記事では「東京サブカル都市」的な話を持ち出しているのですが、

それこそ「NYやLAは米国ではない」論なんてのがアメリカにあるように、
将来の東京が、主として外国からの文化的親和性移民などにより人口が維持される世界なんてのを考えてみました。
■この話って随分昔の過去記事でも触れていると思うんですが、
日本のみなさんは実感ないかもですが、特に東京の文化的自由さってのは世界的レベルにあり(意外と欧州などはファッションすら自由ではなかったりします)、文化的親和性からの移民希望者って世界的に存在していると思います。

仮にその時、日本がベーシックインカムで経済が回る超自動化産業国となっている場合、
生活の豊かさなる文化面の生産は「大きくフリーエコノミーに左右される世界」になっていると思います。
(近未来の話になっちゃいますが)
無料で無数に生産されるコンテンツやフリーソフトにより、通常のGDPに計上されない文化的資産がそれを担っていく。
ITの時代ですから(それこそ自宅SOHO社会なのだから)何も日本に移住しなくてもって話あるかもですが、、

あくまで私見ですよ、個人的意見です、
「『共同幻想』崩壊がスムースに進捗しない先進国は没落するのではないか?」と思っているんです。
(※『共同幻想』とは集合的概念というか、その代表が宗教的慣習や民族主義、地域ローカル地元意識やイデオロギーなど)

日本特有の嫡男総取”家幻想”の関係で、得意に発展した江戸文化は巨大なサブカル文明となり、ある意味江戸時代から「アンチ『共同幻想』社会」でした。
昭和なんて時代においても、地方で「東京に染まってはダメ」的に警戒された話には、それなりに根拠があったワケでして(笑
欧米においても昔っから「ウィーン→パリ→NY」と緩い都市を目指してクリエイターなどが移動を続けてきたのであり、現代社会で最強なのはそれは東京でしょう。
●それが急速に進まなかったのは、日本への移民がとても難しかったからだと思います。

保守系の方は警戒するかもですが、
私が考えている近未来の話って〜のは、ベーシックインカムとフリーエコノミー社会なんで「取り立てて日本にいけば金銭的に豊かなになるってことでは”無く”。且つ日本語が話せること(後、日本に親和性のある論文が書けるとかかしら)」←とくれば、移民を希望する階層は限らるだろうって思うのです。
きっとそんな時代には、米国なぞがすっごいインセンティブで一攫千金的な高技能者の移民を受け入れていると思うので(一般的労働でも稼ぐならアメリカ的に)、
棲み分け的に、日本の特徴が打ち出せれば「文化が破壊される」的心配は無いだろうと。

一説には、平安時代は外国人顔だらけだったなんて話もありますので、
東京サブカル都市化も日本らしいんじゃないかと、思うんですけどね(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:59 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者の間で広がる(隣室)騒音問題

2020年06月03日

この話はラジオ報道で耳にしたものなので、ソースが何だったのか定かではないのですが、
(※心理学ブログには欧米民度の問題として、欧米で外出自粛によりDVが社会問題化するほど乱発している件を紹介しましたが)
自粛生活の中、日本で「隣室の音問題」は多発しているとのことです、
報道によると、クレーム事例のかなりの数が”高齢者によるもの”とのこと。

■隣室の音問題とメンタル問題の関係性は過去に記事しておりますが
今回は、高齢者問題として考えてみます。
(※コロナ感染で判明した新たな高齢者の収容型施設問題は回を改めて書きます)

●経済成長先進国化の流れの中(社会学における社会進化論的に)社会の構造は大きく変化していきます。→目に見えて観測できる典型事例は「『高度経済成長』と核家族化」や「不動産でいうところの、一戸建て志向から区分所有分譲購入(マンション購入)へのシフト」など、

●人口動態で言えば「ベビーブーム→高学歴化→高寿命化→少子高齢化社会への変遷」

●経済で言えば「重農主義→重商主義→重厚長大・開発独裁→経済のソフト化(第三次産業が成長セクターへ)」

■心理学的に言えば、
近代から現代への変遷の中でも、「王権や宗教権威などの封建制から民主制」などなど、変わるべくして社会は変化していきます。
先進各国においても、近現代の『共同幻想』社会から、(実存主義哲学の概念になりますが)自主独立個性派となる『単独者』社会へのシフトです。
 ↑
一見小難しい話に見えますが、
転換点を「プライバシー保護法の制定」で考えるとわかりいいかと、
働き方の転換点を「男女雇用機会均等法」の前後で考えるのと同じです)
 ↑
さらにここ誤解招くといけないのでアレなんですが、
「現代はプライバシー重視社会であり居室の防音性能が求められている」と一律に考えてしまったら、それは【間違い】です。
(※『単独者』人格モデルのひとつは、バックパッカー無銭旅行など行けちゃう無頼な個性派のことなので、外乱騒音への耐性はむしろ高くないと矛盾してしまう。→うーんその”ド・極端、最強事例”が「戦場カメラマン人格」でしょうか)


●前述報道に見られる高齢者メンタルの問題は、
昭和の『共同幻想』崩壊における過渡期の不安定な状況と見ることができます。
(ある意味世代リスク)
・変だと思いませんか?
「昭和と言えば、高齢者が何より喜んだのは子供達の声などで賑やかなこと」でしたよね?
ところが、
昨今の隣室の音や近隣の音クレームのかなりの数が、
「高齢者が子供のいる家族や公園などの騒音にクレームを発する事例」だからです。
(コロナ自粛警察的にも同様事例が起きているとも耳にします)


実際無理な話なんです、
昭和と言えば、寿命が70台であったり、定年も55で年金も60歳からもらえました。
気楽な無職の高齢者としての人生もぜいぜいが(10年前後の)終末期イメージでした。
それが、何の予告も無しに100歳時代に突入し、
唐突に、40年以上「高齢者としての人生を考えてください」となり、
(そんな話聞いてないよって)
10年やそこらなら問題の深刻さも露呈しなかった”収容型高齢者施設”の問題なども洒落にならなくなっている昨今、
多くの高齢者は「どう生きるべきか」素朴で哲学的テーマの不安にさらされます。
(高齢者人生における快・不快原則的なライフスタイルも社会的に定着しているとは言えません)
 ↑
一種のアイデンティティー不安です
(※それは「不安定な思春期の神経質さ状況」にも似ている)


●確かに不動産として”遮音性能のニーズが高まる”のは別個の課題となりますが
単純に外乱騒音をレベルダウンすれば解決するテーマではありません
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 12:13 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上念司氏も時々いいこと言いますよ「自民党へのご意見フォーム」送信先紹介

2020年03月30日


私もさすがに「電凸はな〜」と思っていたところ、上念司氏が紹介しておりましたよ。
自民党にも直接メッセージ送れるご意見フォームがあるそうじゃないですか、
『自民党へのご意見フォーム』
https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.17057017.1786181389.1585208509-1154381149.1585208509


(政治家個人宛にも送れます)


これジャンジャンやるべし、
自民は選挙前世論調査能力の点で凄いという噂もありますし、市場調査的にこの政策提言などのDATAを有効利用した”なんらかのまとめ報告書”を作成すると思います。
(数が多ければ多いほど重視してくるでしょう)
これが政調あたりに上がればバカにならんですよ。

地方自治体などの陳情では共産党議員さんが凄く頑張るのは有名ですが(この点自民党さんも認めている)、国会議員にも有権者が直接意見を送る習慣はあってしかるべしだと思います。
(議員さんだって何を言えば当選できるのか真っ先に知りたいことなのだから)
私は直接民主制なんてものには大反対ですから、
こういう草の根の意見を(それこそビックDATA的に)集約し、このDATAが事実上集合知のようにシンクタンクの提言のような機能を果たすなら、実に日本らしい。

右派の方から中道のみなさん、そして左派のみなさんもどしどし思うところを伝えるべきです。
決して無駄にならないと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:39 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーパネル玄関扉が欲しい

2020年03月16日


自分とこが西日が凄いってだからなんですが(笑
「こりゃ将来的には設置もアリだな」と思ったりします。
配線通すのも楽そうだし、
室内側にバッテリーでも張り付けとけば「なんかカッコいい」じゃないですか。
それで何するって、これといって思いつきませんが、

不動産において西日は倦厭されるものですから、西側に玄関があるケースも少なくないのではなかろうかと思います。生かせると思うとちょっとやる気出ますよね。

そうですね〜、モバイルルーターの充電に使うとか?
アイコスも充電できそうですね。
amazonあたりで人気のAnkerってのだとか最近は大容量でも廉価ですし、
ちょちょっと工夫すればできそうです。

我ながらなかなかの思い付きなような、、


いつもの実験レポート候補ネタにしておきましょう

(※休校でお子さんの暇つぶしにお困りの方、そういう自主研究の課題ネタを提供してみるってのもアリかもしれませんよ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 19:44 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKのネット同時配信は脅威にならないのではなかろうか

2020年03月10日

N国党もあまり問題視していないようですが、
私もNHKのネット同時配信は脅威にならないと思うんですよ。
(総務省もネット接続=課金なんて認めませんよww←●ドイツを例に全世帯負担も検討しているようですが無理だと思います。NHK批判の火に油を注ぐ事になるだけでしょう)

実際に今回始まるネット配信はログインやらパスワードやらって管理になるようで、地上波におけるスクランブルも何も、事前にアプリやらアカウントやら無いと利用できないようです。
 ↑
実際に試す気は無いので、どういう視聴感になるのかわかりませんが
「そもそも普及しないだろう」

そもそも
地上波TVのコンテンツ観ようって人は、TVで見る方が断然簡単ですし、
TV楽しんでいる人は何らかの録画機種持っているでしょうから、ネットだと後から見るのも簡単とかそれほどの利便性でも無いでしょう。
(その点から言えばyoutube他既存動画サイトのが十分利便性で上回ってます)

やるにしてもそのコンテンツの質がもうね、、BSならまだしも地上波コンテンツが既存ネットコンテンツを超えるとかあり得ないでしょう。
(昨今地上波出られなくなった芸能人の方がyoutuberなったりも話題になってますが、、、私はさほど関心ありませんが、、それも地上波では自主規制していたとこも突破できる部分あっての話かと、)

●ひそかに(Netflixでしょうか)深夜アニメという存在が、有力なコンテンツとして大幅に増益に転じているという話もあって、
ネットの存在は地上波やとりわけ広告代理店が守旧派として”おおよそ需要からかけ離れた番組で公的電波を独占する”間違いを「いやいやこうでしょ」と覆すことにあるのであって、
「地上波そのままネットに流してどうするの?」って部分にNHKが気が付ていないとこが致命的。


NHKネット同時配信をやるとするなら、
「コンテンツはBS、TV視聴契約よりはるかに安い金額で」←このパターンですよね?
(ネットは《配信サーバはともかく》放送インフラISPタダ乗りなんだから、放送法的解釈としてもネット限定視聴契約は千円以下で考えるのが大人の常識でしょ《720pまではタダ同然とかね》)

はてさて、実際に放送開始となってどうなることやら
てかもう放送開始しているのでしょうか?それすらわからないんですけど。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:41 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局の一部やamazonが進めている置き配、どんどん拡大するべし

2020年02月26日

自分が宅配ロッカーのある建物に住んだことが無いので、確かな情報では無いのですが、一部の宅配業者の間ではトラブルもあるので「宅配ロッカーはな〜」なドライバーさんもいるとのこと。
(共有ロッカーだと物理的に一杯になってしまう可能性もありますよね)

私自身購入時にコンビニ受け取り指定するとか、ヤマトのカレンダーに登録してみるなど、
限りなく再配達を避ける方向であれこれできることはやっていますが、
映画なんかでお馴染みのように、米国は主に玄関置き配ですよね。
日本でも置き配できるところは進めようと、最近amazonには(amazon提携郵送業者のケースかな?)置き配が選択できるものが増えてきました。

配達業者さんが二度手間になってしまうのも心苦しいですし、
なんと言っても「自分が関わって誰が見ても無駄な業務が発生している」みたいな様子が嫌なので、自分の部屋にも宅配ロッカーや専用バッグのようなものを設置できないか随分検討したこともありました。
●実際アレですよね、玄関前に置けないとかなると自転車だって停められないじゃないですか。
(高価な自転車お持ちの方は例外ですが)
しかも中身に何が入っているかもわからない品物がそう簡単に盗まれることもないでしょう。
 ↑
何故なら「TVモニター付きインターフォン」が激増しているからです。
(確か中には監視カメラ機能付きのものがあった筈←泥棒にもにわかに区別つかないでしょう)

思うんですが、各流通業者さんで連携して
「安価な玄関先モニターカメラ」の普及を図ったらいんじゃないかと思います。
(プライバシー保護のため、通信機能は無くスタンドアローン内部メモリ録画方式で)
 ↑
機能はチープなものでいんですよ(外からスイッチ入れると中からしか切れないとかね)
「ぶっちゃけ壊れてても抑止効果ありますから」
仮にこれをamazon単独でとなれば、「GAFAに警戒心ある方など知らない間に情報が送られているのでは?」な心配される場合もあると思うので、そこは業界団体で統一するのがよろしかろうと。
(全社にメリットのあることですからね)

●しかもこのカメラは今後「自動宅配ロボの誘導も可能とするかも知れません」
ついでにドアノブにロック機能のある汎用チェーンをつけるなども可能となるかも

置き配の研究は是非意欲的に進めていただきたいものです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 08:00 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする