ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
SONUS FABER TOY
B003VQJCM2

SONUS FABER MONITOR WD WST
B003U5QWRC

LUXMAN ラックスマン CD専用プレーヤー D-38U
B002SSOXV4

LUXMAN SQ-38u VACUUM TUBE INTEGRATED
B001I3SMSU

KEF LS50(50th Anniversary Model・ペア)
B008NZETS8

FOSTEX 10cmコーン型・バスレフ専用設計のフルレンジユニット(1本) FF105WK
B00F2ZHCSQ

TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム チェリー S-300NEO-CH
B005YVQ1X0

marantz CD6004-N
B005MM4HPU

YAMAHA A-S300(S)
B004BF7OJK

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
B005SCYZGA

みさおとふくまる
伊原 美代子
4898153194

人イヌにあう
コンラート・ローレンツ
4795302081

集合住宅でペットと暮らしたい
井本 史夫
4087812294

Cats In The Sun
Hans Silvester
0811847667

ゴー!ゴー!フィンランド
pieni kauppa
4860201531
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

取壊し更新もほどほどに

2017年06月24日

建築物には耐用年数ってのがあります。
耐震性能などの問題もあり、何から何まで温存するべきという論旨には無理があるし、
西新宿のように大成功した再開発もあります。
それでも、思うんですよね。
ヴィンテージマンションや昔からある商店街の景色などいに代表されるように、長くそこに実存した事そのものの価値ってあるじゃないですか。

山も海も経年変化するのが自然ですから、建築も倒木更新されてしかるべきなのだと思いますが、
「まず残すべき」という抵抗が原則なのではなかろうかと思うのです。
ひょっとすると、これは医療の外科手術などの選択をめぐる思考にも似ているのかも知れません。
何が正しいとか勿論そういう意図は無くですね、
着想として「まず残すべき」という考え方も忘れちゃいかんと、このような話です。

■日本特有の木造建築などは、江戸時代などの伝統に由来するのかもしれませんが(火事となれば容赦なく全部壊し予め用意されてるキット化された資材で速攻再建)、
どんな建物にも”生存権”のような自然権あると思うのです。
人格として認めようって大げさな話では無いのですが、
「まず残すべき」って着想を忘れてしまうと、あっちの方向に行くリスクも高いよみたいな。
(人為的に壊す場合)何を倒木更新するのか、その意味を認識していないと「まず更地にしたかった」みたいな事にもなり兼ねません。
それじゃ再開発の”再”が何の”再”なのかわからなくなりますよね(笑

「ここには商業地の歴史が連綿と」みたいな文化的フラグは、
なにがしか土地に刻まれており、
(風水しゃありませんが、歴史的に”そこだった”条件は立地環境評価だけに留まりませんから)
誰もがその歴史的経緯を全て認識する事ありませんので、
うっかり見落とす事もあるだろうから「まず残すべき」から考えておくのが筋論かなと。

なんとはなしにですが、
リノベーションや、建物自体を再生するリファイニングなんてのは日本人の文化的背景に沿うものなのだと思います。その全てを肯定的に評価するワケではありませんが、住居や店舗もにも(生存権的な)魂アリみたいな(オカルトちっくで恐縮ですが)、見方も大事ではないかと思うところです。

●その反対に
個人的ジンクスなんですが「モノが壊れるといいことがある」ってのがありますが
捉えようによっては「モノが壊れるのは何かの兆し」なのかしらと、
それもまた自然の流れなのでしょうね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の夏は暑い報道がチラホラ

2017年06月01日

5月にも夏かってぐらいの暑さが何日かありましたね。
嫌な予感というか、、これは夏どうなるんだろうと思っていたところ、やはり夏は例年より暑いとする報道がチラホラ出ています。
一概にCO2の温暖化論を正しいとは思っていないので、長期的な変動の枠内かなと考えますが、またぞろエアコン頼みになるのも(更にヒートアイランドなんとかになりますから)困ったものです。

真面目に都市温暖化対策をインフラレベルで研究すべきでしょう。
江戸時代などと比べて都市の温度はトンでもレベルで上昇していると言われています。
などと言いつつ調べてみると?
平安時代は今より暑かった説もあるらしく(笑
(故に当時の建築は壁が無いなんて説も)

いずれにしても都市生活の温度管理が”そのまま放置”でいいって事では無いでしょう。
仮にも先進国なのですから、
イベントなどがある時には(オリンピックでも導入予定でしたっけ)ミストを散布する植樹施設みたいな試みもあったかに記憶していますが、大規模にドーンと先に進める方策が欲しいところです。

熱はエネルギーですから、
吸収して貯めるって事は不可能なのでしょうか。
(巨大な貯水槽と熱による対流を利用した”緩い発電”だとか)
夏の暑さをなんらかの形でエネルギー変換しつつ、発熱ロスの無い利用が可能となれば言う事無しなんですが、科学者の方お願いしますよ。
成功すれば、兆単位の予算つくかもしれません。
PCのヒートシンク設置などの時に、熱伝導グリスなんてのもありますわね。その熱を誘導して持ってくることは不可能では無いと思うのですが、どうなんでしょうね。
 ↓
流石に夏は冷たい水の需要も高いので、地上の熱を水道管に誘導してなんとやらってのに都民の全員が賛成するとは思えませんが、マンションなどの貯水槽などでは更なる工夫が可能ではないか、
(※既に太陽光を温水に変える建築部材はみなさんにもお馴染みですが、専用設備では”無く”建築構造そのものが自然に熱を貯水槽にフィードバックできる仕組みみたいな?)

■理想を言えば、インフラスケールでこれができないものかと。
魔法瓶の原理で言えば、ある程度の水準で吸収した熱は貯めることができるワケですし。
現状を大転換するような方法がどこかにあるのでは?
最近支持率怪しくなりつつある(都民ファーストの)小池知事ですが、
クールビズの発案者でもあることですし、得意の「有識者によるなんと委員会」で真面目に研究してみる価値あると思いますよ。
(成功したら世界的に画期的な都市インフラとして歴史に名前残りますぜ)
是非やるべしと提案いたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気のせいでしょうかISPメールのSPAMが減っている件

2017年05月24日

最近PCのウイルス感染が(なにやらほとんどwin7の64らしいですが)大きく報道されました。
以来、スケジュールの仕様変更もあったようですが、SPAMメールが減少きた気がします。
web担当的には、運営上代表メールアドレスなどを公開せざるを得ない状況からそれはそれはSPAM対策なども大変なのでありまして、過去猛烈な件数処理してきましたが、
米ロ関係悪化時に「妙に増えたり」(笑
SPAMメールは現況を一部反映していると感じてきました。

今回のウイルス感染は大規模であったためか(感染経路的に今回のはメール以外が多いようですが)、ISP各社相当サーバレベルでのセキュリティーに力入れたと思われるのです。
何をどうしたと大々的に告知は行われていませんが、
体感上相当大幅に梃入れされたのだと思います(激減に近い減り方)。

「やればできるのなら、最初からやってくださいよ」
しみじみ思うのでした。

住居においても、オートロック単体だけなら必ずしもセキュリティー設備とは言えず(主眼はモニター付きインターフォン同様のプライバシー管理設備です)、防犯はPCのセキュリティー同様に当事者の自己責任で行われるものですが(ちなみに防犯設備的にはダブルロックが有効)、
●最も重要なのが地域であり国単位の治安です
こちらも「やればできるのなら、最初からやっていただきたい」
(PC同様に物件単位でできることには限界があります)
マンションなどでも防犯カメラなどを謳った物件増えていますが、昨今の犯罪検挙かなりの数が防犯カメラによるものが目立ちます。

街の防犯カメラはプライバシーとの兼ね合い論議もあります。
プライバシー保護などから一定期間を超えたものを消去するとか、警察とのネットワーク化など(勿論警察には捜査以外での利用を禁止であるとか防犯カメラだけの立件を禁止する前提で)、改善の余地がまだまだあるでしょう。
確か警備会社には「怪しい動きにだけ反応するソフトウェア」みたいな開発も行っている報道を耳にしたことありますし、解像度に関しては補助金付けてもいいぐらいでしょう。

分譲、賃貸問わず、共同住宅においては外部からの防犯に備えるのも重要ですが、棟内における防犯も重要になります(賃貸の場合入居審査が重要)。
かといって、プライバシー保護の観点から逐次ゴミ出しまで監視されているのもアレですし、その閲覧を管理組合主体でいいのかって問題もあります。

■逆に高級賃貸で管理会社が防犯カメラの運営を行っているケースで、
設備の自転車置場に停めていた高級自転車が盗難された時、警察を呼んだだけでは防犯カメラ映像を(プライバシー保護で)提出できない事例を聞いたことがあります(令状が無いと出せないとかで)。こうなると一体なんのための防犯カメラなのかって話にもなりますが、
(ここの論議がかなり重要な気がします)

神社仏閣などに対する「油をまき事件」も、
防犯カメラで速攻検挙とかできないものかと思っちゃうの私だけではないと思います。
プライバシー保護のためどこまで制限をかけるべきか含め、法整備と必要に応じた補助金の検討もあるべしだと思います。
既に防犯カメラ設置で合意のある個所なのに「解像度不足で犯人の特定ができなかった」みたいな中途半端さだけは早急になんとかすべきだと思います。


※ちなみにですが、法整備の論議などで「プライバシー保護」は現代社会でかなり重要事項になってきていますから、憲法改正論議にも含めるべき事項に思いますね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AI化による労働フリー社会があるとするなら

2017年05月18日

ベーシックインカム含めて、30年50年ってスパンで言えば明らかにAI時代には供給や流通セクターの自動化論議が始まっているでしょう。
この場合、すごくアバウトに言えば国民全てが自宅SOHO的実存を求められるみたいな流れも考えられます。同時にVR社会の促進でより生活の場としての住居の価値は高いものになってくるでしょう。
勿論、そこにも供給の自動化が関係してくるので、相当に大きな幅で設計や内装の選択制は高くなっていると思うのですよ。

しかし、業者ならいざしらず「かなりの幅注文できます」となったとしても、一般的な生活している方に設計図が書ける筈も無く、何らかのパッケージとしてこれらが提案されていくのかなと思います。
某マンションシリーズを指すのでは無く、建築用語的なモジュール化ですね(3点ユニットのもっと凄い奴みたいな)。
この場合、医療サービスや介護機能をビルドインもされるでしょうから、高齢であるとか障害などの要素も設備によってかなりの部分がカバーされる社会になるでしょう。

更にVR化の先には「実体化の必然性論議」も出てくる。
(奢ったVR空間の方がはるかに実態を建造するより低コストですから)
そこでメンタル的にやっかいなのが
「無限と自由は違う」って事です。
ガーデニングなんかもそうですが、なかなか理想通りにうまくいかない抵抗に対して対峙していくのが”自由の拡大感”に繋がり、幸福度にも関係します。ポンと出来合いの理想のメンテナンスフリーの庭をプレゼントされれば更に自由の体感が高まる事には”ならない”のです。

幸福度は難易度に比例するワケではありませんが(笑
「なになにできるようになる」って言葉があるように、登山じゃありませんがハードルを越えるから感じる達成感があるのは事実。
「主人公ツエー無双」シナリオにもそれは一定のニーズはありますが、シナリオの展開は「それを知らないトンチンカンが誤解からあれこれ絡むが」なんて展開を必然とします。
(無双主人公の平和で何事も起きない日常を描いてもドラマ性がどこにもありませんから)
●ゲームの世界において「難易度の高さが重要な評価ポイントになる」事を忘れちゃいけません。

白物家電や三種の神器なる昭和のドラマも、
主婦の生活が楽々になって昼寝の時間が一般化したみたいな話にはなっていません。
「新たに獲得したアイテムは更なる高みを目指す武器となる」的展開だったのです。

さて、この場合、
将来起きるであろう「汎用生活モジュール設備導入時代」に、人は暮らしに何を求めていくのでしょうね。
新たな装備を武器に更なるハイレベルな生活習慣を模索していくのでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高等教育の無償化が事実上既成事実として論議されていくでしょう

2017年05月11日

安倍政権の改憲論議には様々なご意見あるかと思いますが、
与党が将来改憲で高等教育無償化を憲法に書き込む案を提示して、
以前から高等教育の無償化を求めている野党がいるわけですから、
この話は、改憲が成立するかなど”全く関係無く”事実上既成事実路線として論議が進んでいるものに思います。
(まさか憲法改正と同時によーいどんで翌日から無償化されるって流れは現実的ではありませんから)

更にその期間も2020年前後を視野にとなりますので、
ギャンブルになりますが、大学受験浪人中の方は1年待った方が得なんて話も出てくるかも。
リフレ派経済学者や評論家筋の間では、「堅調な経済成長と呼応するインフレ率、いつでも供給過剰に達する生産力がある場合、ナンボでも国債を刷れる」という筋立てになっており、
昨今各所でもAI関連の論議に見られる「50年後とかには働く無くてもいい時代が本当にきているのでは」を踏まえるなら、大学教授すらAI化する可能性もあるので(現状でも少子化なんですし)、大学の授業料そのものの構成も変わってくる可能性あります。
(医療現場でも同様現象起きそうです←特に財務省が強い関心持つでしょう)

以前大学関係者の方から「人文系シニアコース」系の授業がどのようなものか尋ねた事があるのですが、「しょうじきしんどいです(笑、僕ら講師より実体験で課題を詳しくご存じの生徒さんとかが多数いるのでやり難いとことありますよ」なんて話を聞いたことがあります。
ひょっとするとですが、
AI教授などをコアにして、(シニア含む)生徒自らがさらに突っ込んだ部分を探求していくみたいな運営があってもいいのであり、何も偉い先生が教えるみたいなスタイルにこだわることもありません。
(この方式であれば、ネット授業みたいなのより登校する事に意味が深まるので経済効果的にもベターでしょう。)

結果として街に喫茶やcafeや趣味性重視の”なんとやら”が自由に展開してくればこの上ない話です。

改憲論議で言えば、政権が協力求めている維新系や民主内の保守系などに「ベーシックインカム」政策も共通しているので、交換条件としてこれもアリでしょう。
高等教育の無償化と連動すると非常に高いレベルの内需拡大効果が期待できます。
不動産の世界においても、(シニア含む)学生さんの引越しが増えてくれるのであれば願ったり叶ったりです。2020とか言わず早速来年度から論議が活性化することを願います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借地権の勉強で大騒ぎに

2017年04月20日

いえいえ、仕事関係では無くて個人的事情で借地権の法的権利など調べる必然性が唐突に発生しまして、猛烈に詰め込んでいるところです。

私は売買担当では無いので、本業では無い部分もあるのですが、
難しいというか大変ですね。
各所の解説にあるように「行政も随分苦心して借地の普及拡大に努めた」足取りはよくわかりました。
そして「その努力もむなしくなかなか借地は拡大せず期待した結果とならなかかった」のもわかります。

実際売買物件の調査している時「旧法借地権」の物件流通は目にしますが、「新法借地権」の物件は、そうですね〜、、一度もお目にかかった事が無いというのが事実なのです。
逆に借地権の勉強しておくって何の事って聞かれれば「旧法借地権」だよねって感じなのです。

こうなってくると新法の存在意義って言いますか、、旧法借地権関連の説明付ける時に「新法で何条、旧法の何条」なんて書き方しますが、
新法って(文字テキスト的に)旧法を読み解くために存在しているかのような、、、
時代は少子高齢化を迎え、不動産は全国的に供給過剰、空き家問題も定期的にニュースになっています。

借地権を知るには旧法であり、
旧法借地権を知る者は「廉価な戸建てをゲットできる確率が大幅に上昇します」。
ある意味、その存在は「新築分譲マンション」の対極でもあり、法律に詳しいものしか手を出せない禁断のなんとかみたいな存在なのかも知れません。

やっかいなのは、法的根拠を明解に示せても違反したら逮捕されるワケでも無いところで、、
「法律ではこうなってますよ」と説明しても通じる相手と通じない相手もいる場合、頼みの綱は裁判所となりますが、不動産の業界において「訴訟・紛争=負け(経費の問題から)」みたいたところもあるので、一概に「玄人なら旧法借地権」とも言い切れないのであります。

なかなか悩ましいものです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする