ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

空気清浄機の憂鬱

2015年11月12日

ふと思ったのですが(というか懸案の喫煙者用簡易吸煙機のアイデアをあれこれ考えていたワケなのですが)市販の空気清浄機って微妙に矛盾した部分あるのではないかと思ったのですよ。
喫煙者だからよくわかるんですが、
だいたいが室内の空気の流れって「下から上」であって、熱源のあるキッチンほどでは無いにしろ「なんだかんだで空気清浄機は天高付近にあるのが効率よさげ」に思いますよね。
エアコンにそういう機能がビルドインされている機種もあるようですが、室内機のサイズ的に限界のある話です(吸気性能自体は十分なので定期的なフィルター掃除が必要なぐらいですが、高性能フィルターを実装する容積が無い)。

さて、そうなると何故に市販の空気清浄機はそのほとんどが「床置き」なのでしょう。
思うに、フィルター交換や重量サイズ的に天井に設置するとか流石に汎用性を欠くからでしょうね。これって商品のとしての事情であって、機能としての合理性では無い話です。
※果たして市販空気清浄機のサイズのものを高い位置に安全に配置する方法からして滅多に無いようにも思いますが。
ましてや業務用みたいに天井埋め込み式ともなれば半端な金額では販売できないし、家電の域を超えるだけでなく「天井埋め込みなんかしたらフィルターの交換どうするよ」って大問題もあります。
折角のその性能も配置の関係で勿体無い事になっているやも知れません。
いえいえ、そこは危ないですからやおら高い棚の上とかに無理に置いたりしないでくださいね。

何を言っているのかというと、性能的に中途半端になってしまう自作空気清浄機を考える時に参考になるかも知れないと思ったんです。←設置により効率を上げる狙いで。
そりゃDIYによる簡易軽量級ならフォルターも簡易でよしってパターン少なく無いでしょう。
(フィルターに何を選択するのか自分向け専用で考える事もできます。)
そこで思い出したのが「オーディオファンだった時代のSP配置です」、
当時のオーディオファンはギリギリの資金で「ワンランクでも高級な機種を」って消費行動でしたから、オプションのSPスタンドを購入している人が案外少なかったものです(笑
(欧米機種では下手なSP本体より高価なスタンドもありましたから。)
お安くあげようと、当時のオーディオファンは建材のコンクリブロックに砂詰めてなんてやったものでして、中型以上のフロアやブックシェルフならそれでも良かったのですが、バブル崩壊直後あたりから台頭したコンパクト2Wayにはこの手法は使えず、代用案としてガッチリしたオーディオラックに置いちゃうって方法が主流だったように思います。

同様に空気清浄機のレイアウトが高い方がよさそうとばかりにスタンドに頑張りすぎると本体価格に近づいてしまいます(小型の空気清浄機メーカーなら実験用のスタンドとか設計してそうですけど)。
どこのメーカー機種でも『専用置き台』オプションは流石に見た事がありません。
でも、小型で性能がちょびちょびな機種ほど効率良く配置する事で補えるものもあると思うのですよ。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「吸気排気切り替え・室内用換気扇」ってのがあるんですね。

2015年10月02日

不勉強でまったくその存在を知りませんでした。
以前「いかにエアコンレスで夏を過ごすか」レポートで紹介した(メーカーは高木って言いましたかね)『ダブルファン・吸排換気扇』が最強かと思い紹介しましたが、いかんせん高価なんですよね。
流石に価格がウインドウファン(窓取り付けのクーラー)とあまり違わないとなれば導入は簡単ではありません。

ふと『室内換気扇』をひととおり調べていたところ、
「え、なんですかこれ」な換気扇を発見。

吸気排気反転モード搭載換気扇です
■現在価格:6,650円
東芝 窓用換気扇 【VRW-20X2】
B0012X6HCY

(やはり排気専用よりちょいと高いのです)

シングル向け住居であれば、上記換気扇を反転モード吸気として、台所の換気扇と同時に回せば”ダブルファンモード”でいけるじゃないですか「これは使える」。
今後の実験候補としてリストアップしております。

同様の効果までは期待できないかもですが、ファミリータイプマンションの悩みのひとつである「玄関寄りでエアコンの付けられない部屋」対策としても(築浅物件であれば24時間換気機能なども建築基準的に実装されてますから)有効かもです。
ドアは開けっ放しでの運用になりますが。


そんな記事を書いていたら「もう秋なんですね」、
東京も夜は寒いぐらいになってきました。
冬の暖房は毎年「輻射効率の改善」をテーマにあれこれ実験もしてきておりますが、
今年もちょっとした新しい実験やる予定です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流石に防災考えますね

2015年09月13日

異常気象が通年でおきるような状態になってきましたね。
(昨今は北海道でも夏暑いの驚かない状態ですし、)
地球の変動からすると微々たる差異のようですが、人間の暮らしがどれだけ脆いものかと思い知らされます。特に今回の水害は不動産への被害も大きく戸建て建築を考えてらっしゃる方など考えるところ多かったのでは無いかと思います。
さて、水害関係に関しては地方自治体がハザードマップなどを公開しておりますので、心配な方は「まずお住まいの自治体情報の確認から」だと思います。
(自治体のHPを見た事無いって人も案外多いのではなかろうかと、)

「想定外の雨」が何時どこで起きてもおかしくないとなりますと、
極端な防災準備はなかなか踏み切れないものだったりしますので(始めるとキリが無くなってしまいますから)「合理性の高い準備」で考えてみましょう。
■調べてみますと、所謂ライフジャケットも決して高価では無いのですが、汎用性と申しましょうか既に防災バッグのような形で別途準備されている世帯もあるだろうと考え、
こういうオプションもあるのではないかと考えました。

以下は釣り師グッズです
現在価格:3,800円 「枕付 フローティングベスト HI-DX ラムセス LJ-1037」


各ポケットの収納が大きいですから、既に防災バッグを準備されている方、ほとんどをこのベストに収納できるのではないかと思います。
フローティング機能も「もしもの時」の機能と考えれば安心ではなかろうかと。
(商品リンクが並びすぎるのもアレなので割愛しましたが、大容量バッテリーなども昨今必須の防災アイテムだと思います。)


専用のライフジャケットを考える場合ですと、
現在価格:2,125円 「CAPTAIN STAG シーサイドフローティングベスト2」

こちらがありまして、安価なのですが、
たとえばの話「防災バッグは持ったが”大丈夫かなと”ジャケットを忘れる」という状況も考えられますから、個人的意見ですが前者のベストの方が(心理的側面を考えますと)ベターなのではなかろうかと思います。

※今回グッズを調べている時に「防災 ベスト」の検索で「サバゲーのベスト」が出てきちゃったりしてました。それは無いだろうというか、、自衛隊員と間違われる可能性もありますので絶対NGとは言いませんけれど、、ご注意ください。


災害時報道で実際目にしましたが、救助を求める時に(あらゆる状況で使用可能かわからないのですが)参考として以下も有効な気がしました。
交通整理や警備などで使用する誘導灯です。
現在価格:1,180円 「Eco Ride World LED 誘導灯 点滅 2パターン」



話は建築に戻りますが、
不動産の評価をする上で、ハザードマップは大変重要です。
今回某社の建築が注目浴びておりますが、建築に絶対はありません。その土地固有のリスクを念頭に置いたチョイスであるべきです。
といっても、地方都市はいざしらず東京では「更地」を購入して注文建築でというのが難しくなってます(建売業者が買い占めてしまうからです)。選びようが無いケースの方が多いぐらいかもしれません。分譲マンションの場合も昨今別の問題が表面化しており(購入者の国際化など)、都心での暮らしはなんだかんだいって賃貸がリスクが低く、(心理的に)災害時も避難を最優先できます。
「新築建売分譲・新築分譲マンション」いずれも弱点あります。
(東京都心で購入するなら修繕状況なども調査可能な中古マンションのが安心です。)
情報やDATAの世界ではクラウドにバックアップをなどという時代でもありますから、「大事なものは貸金庫に」という需要も高まるかも知れませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格安LED化実験

2015年09月03日

「今頃かよ」って声もきこえてきそうですが、
まーそこは抑えてくださいまし。
照明の消費電力といってもバカになりませんから、数10Wの節約となる照明LED化は「昼の長い夏はちょっと体感されないかもですが」これからの秋冬、特に暖房で考えるとわかりやすい数字です。
「電気ヒーター400Wのところが450Wにできる」って事ですからね。

世の中にはいろんなモノがありまして、
不動産業界が内見用簡易照明に使用している商品もあります。
たとえばこれ、
■現在価格:468円 ヤザワ 角型引っ掛けランプソケット SF-3410

(今はretourに管理部はありませんが、過去に管理担当者がいたことはあるんです。当時の担当者は内見時照明が無い場合に備えて常に持ち歩いていると話していましたが、、どうやって天井付近に手が届くと考えていたのかは不明です(笑)
管理担当的に照明機器持ち歩くのであればこっちだと思うのですが、、。

E26が持ち歩きにデカ過ぎるならE17のこっち



そ、そんな事はともかく。
流石に最初のSF-3410は簡易過ぎて使い勝手が制限されるので実用性から考えると以下からかなと
 ↓
■現在価格:637円 ヤザワ コード付きソケットプルスイッチ付 ブラック SCSS2605BK

(定格容量:125V60Wまでなのでご注意ください)

常夜灯付きとなれば以下(ちょっとCP下がりますが)
■現在価格:1,780円 1灯ペンダントライト・ナツメソケット付【ケーブル20cm】

(ヤザワの他製品組み合わせでも安価に可能ですが一般的にはこちらでしょう)

使い勝手最優先で最もシンプルに行くなら
最初の468円のSF-3410と以下を組み合わせるって手もありますね。
■現在価格:1,445円 天井照明器具専用 リモコンスイッチOCR-04


簡易過ぎる照明ですが(笑
デザイナーズ系なんかじゃスケルトンっぽいお部屋もあるぐらいですから、案外こういう照明をそのまんまメインに使うのもアリかも知れませんよ。

そして肝心のLED電球はこの辺から
■現在価格:718円 Panasonic LED電球 一般電球タイプ 広配光タイプ 6.6W

(明るい部屋がすきな方は白系のものや60型以上がお勧めです。)

ザックリ2000円ちょいあれば導入可能です。
探せばランプシェードの安いのもあるので組み合わせは様々あると思いますが、純正品じゃないときちっといかないですから、あまり冒険しない方が安全ですよ。
(それなら予めランプシェード付きのを購入する事をお勧めします。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後「高性能ホームバッテリー」がキーアイテムになるでしょう

2015年07月30日

以前から注目しているキーアイテムが「ホームバッテリー」です。
今ハイブリッドや電気自動車のバッテリーがどんぐらいの水準なのか(容量が何年もつのか)、なんとも未確定な部分もありますが、相当にノウハウ蓄積されているものに思います。
ホームバッテリーで心配なのは「空き巣盗難」ですが、サイズというか容量的に容易に外に出せない組み立て構成を発見できればその心配も無いでしょう(巨大な仏壇を容易に盗難できない法則)。
このホームバッテリーが「空家問題」にも効いてくるんです。
ダブルハウスですとかダブルルーム、過去の別荘と違い様々な事情から『拠点を複数構える』ことはあり得るのだとうと思うのです。
特に高齢化社会だからその可能性あるだろうと、
「夏に北海道・冬に関西以西」ピークの2ヶ月だけでも違ってくるでしょう。
果たして地方自治体のインフラ整備コストがどんな感じになるのか(どれぐらい拡大するのかも不明なので)わかりませんが、あり得る選択肢だと思います。
趣旨が「光熱費のかからない地域を移動」なのですから、移転先の生活企画もエコがテーマになるでしょう。
この場合、移転先にソーラー発電施設があり未利用時に数か月分の電力などを蓄積可能であれば、大変効率的です。
勿論メインの住宅のみの一般生活でも、この場合は勤労世帯が多くなりますから「自宅の日中は誰もいない」場合も想定され(動いているのは冷蔵庫ぐらいでしょう)、この時間にソーラーで蓄電できるメリットは大きい。
浮いた光熱費と交通費が等価ぐらいなるとベスト。

ソーラー発電がはなはだ高性能とは言えないことは承知してますが、
技術進歩で(効率は改善しなくても)製品コストさえ下がれば十分活用可能に思います。
大問題なのは蓄電性能なんです。
電気を溜めるのは容易な事では無く(自然放電もしちゃいますし)、ここが効率性に論議もあるソーラー発電有効利用の鍵であるのは間違い無い話です。
前述の話じゃありませんが、屋外設置のソーラー発電は流石に滅多に盗難はされていませんが保守管理上コストがかかり、減価償却の問題も多数と思います。
本格的に運用するなら「やはり屋内設置」だと考えます。
果たしてどのような方法でソーラー発電の屋内設置を実現するか。
(外形そのものが建材外装同様の強度のある部材であってもOKと思いますが、)
同時に、ユニット化・モジュール化し接続方式なども家電同様の製品化が進めば、オーディオのバラコンのように自己管理でグレードアップも可能になります。

のようにですね、
ソーラーの効率性に問題あるからこそ「バッテリー」が重要なんです。
(ソーラー発電の効率問題に関しては、発電するより屋根で温水化タンク設置するだけのほうが熱効率上じゃないかって話があるぐらいでして。これも日照をお湯の形で熱量を溜められるから比較対象になるのです。)
電力各社も政府も研究者の方も全員わかっている事なんですが、
これがなかなか、、
ハイブリッド自動車が延びて、ようやく将来性が見えてきたところで(流石大手メーカー)、後一押しなんとなならないでしょうか。
地方の空家問題が「ダブルハウス」などで延びてくれば(たとえば数か月分だけの賃料で年間貸しなどの賃貸も登場するかも知れない)、地元不動産業者の新しい管理業務になる可能性もあります。
案外有用な方法では無いかと思うんですよ。
(数年後には北海道まで新幹線も延びますし、本州にはリニアも開通しますから。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯機の今後

2015年07月26日

賃貸住宅設備条件におけるキーアイテム、それは「洗濯機置場」だったりします。
キッチン設備に次ぐ優先事項では無いでしょうか。
(ランドリー派の私には全く関係無いのですがww)
男性の方は本音「外でも置けるところあればいいよ」なのかも知れませんが、設計その他女性のニーズを最優先とするこの業界の場合、とても重要な要素です。

洗濯機の歴史としては、二層式に始まり全自動からドラム式洗濯乾燥機ときているところとなりますが、洗濯機の設置場所も「ヨーロッパ式デザイナーズはキッチン横に」「米国式ならランドリールームっぽく洗面室に」「日本式に洗濯物を外干しするから全自動ならベランダバルコニーでもいいよ」ですとか「昔は(配管事情から)浴室内に洗濯機置場もあったっけ」などなど様々であります。
■洗濯乾燥機があるのなら「いっそのことクローゼットに洗濯機がビルドインされてもいいのでは無いか」などと考えられるのでは?
配管的に無理っていうか、この場合「洗面室を拡大してウォークイン的存在として”洗面・洗濯・衣類収納”を兼ねる」としてみたらどうでしょう。
微妙に何を言っているのかわからない方多数だと思いますから(笑
具体的なイメージを書いてみますと、
・乾燥室が=ウォークインでもいいのじゃないか
・普段着る衣類は洗濯から収納まで全自動。普段着ない衣類だけが居室にあるってコンセプト。
(高齢者の一人暮らしなどに貢献大だと思いますよ。)
・洗面が実質ランドリールーム兼乾燥室になるのであれば洗濯機はドラム式である必要が無い
・収納兼乾燥室だと、温風吹き出し口開口制御でアイロンいらない機能も実装可能では?
・100%この部屋は「布団乾燥室」にも使えます
・全自動洗濯機から→自動でハンガーへとかの可能性は?
(ハンガー無理ならワイヤーラックみたいなところに伸ばして置いて進む機能ぐらいは可能じゃないか。)
・勿論乾燥機能は「夏は気化熱で冷房に、冬は暖房へ循環させる」
(この機能は「単独使用で浴室冷房や浴室暖房にも転用可」)

■洗濯機を白物家電と見るから開発に限界とかが見えちゃっているような気もします。
これを住宅設備として考えれば、まだまだ先進化の方向性出てくるのではないかしら。

そうそうあのドラム式もですね、
回転利用してハイブリッド自動車でお馴染みの回生ブレーキ式の発電機能つけるべきでしょう。
(乾燥電力は電気代無料)
これ通常の全自動でもできますわね(脱水電力は無料な製品ペットネームが「脱水し放題」)、
どうしてこういう製品ないのかな〜

洗濯の周辺にはまだまだ発展性があると、思うのであります。
(更に「そんな洗濯機に適した”新・スーパー楽なお洒落部屋着”」なる新しいデザインで新素材な室内用衣類が登場してもいいですよね。←夏冬とおしてエアコンの設定一度下がると更にエコですね。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:51 | Comment(4) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする