ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

(重要と判断しこちらでもアップします)スクリーニング検査がどれだけ馬鹿らしいかよくわかる数学の動画

2020年03月26日

※心理学ブログ掲載と同記事になります


すっごくわかりやすいので是非ご覧ください

むやみな検査を行ってはいけない理由、数学的に説明します【条件付き確率】


簡単に言えば(現在行われているPCR検査より精度の高い検査であっても)
蔓延度がまだまだ低いレベルで全数検査すると「間違った陽性が200倍出る」
 ↓
そして以前紹介した動画の「現場医師の証言」
「ごく普通の風邪の患者も陽性判定で隔離されているとしか思えない」
 ↓
更に、ここに軽症者として相部屋で隔離が行われた場合
(症状がある絞り込みでいくらか判定確率が増して20人に1人は本物だとしましょうか)
20人の相部屋で院内感染→本物が20倍

検査母数の絞り込みがいかに重要かわかります。



●更に重要なことが、数学愛好動画主の方が説明しているように
個別の計算は「小学生でもできるレベル」だってことです
東大や京大出の「検査検査と発狂した地上波コメンテーター」の知能レベルがわかりますよね?


※加えて一部推測になりますが(私が感染症専門家のワケが無いので)
現場医師の「遺伝子とか見ても普通の風邪(コロナ)と、今回の新型コロナの区別がほとんどつかない」って状況こそが、8割無症状の中に紛れ込んでいるとした場合。
日本が行っている絞り込み陽性判定の中に存在する2割の”本物”をいかに発見するのか?が重要になります(そしてこの対象者を”個室隔離”する)。

下手すると今回の世界的騒動の本質が、
1)数学に無知である文系インテリと(高学歴バカ)、
2)文系出身者多数のメディアの煽りと、
3)勘違いから本物に感染させられてしまう”実は普通の風邪の患者”、

である可能性が否定できないって事です。

と に か く

高学歴バカの数学に無知なインテリの罪は重い
今でもCNNは検査検査言いまくっているようです(兄貴のNY知事も自画自賛している有り様)
(イタリア、スペイン、フランス、NYのかなりの患者がド勘違いから亡くなっている推定になります)

今日本でも検査の保険適応により、検査母数が増える傾向にあります(時々さじ加減で多めに検査しDATAを拾っているって噂もあり)、100前後の新規陽性患者数の発表に一喜一憂しないように、
●重視すべきは新規重症患者数(確実に新型コロナ)の推移です
東洋経済オンライン 新型コロナウイルス国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期的に不動産利回りは低下するだろう

2020年03月24日


自宅SOHOの拡大は、短期的には事務所需要などの低下となるだけでなく、
この景気後退です、
法人の拡張予定などの計画もほぼほぼ延期でしょう
賃貸市場における需要後退は免れません。

長期的に見れば自宅SOHOの拡大は、自宅に求める機能拡大となり(法人的にも交通費削減分を住宅手当に振り替えられる可能性がある)、より広めの部屋への引っ越し需要となり、
前述の短期的な事務所需要を吸収することになりますが、

と、なりますがそこは不動産です、
 ↓
簡単に事務所物件を住宅向けに転用もできないですし、
広めの部屋の需要高まると言っても、既存の母数が容易に切り替わるなんてこともできません。
「なんとなくワンランク上の需要が高まる」程度の推移に留まるでしょう。


どうしたって不動産は実需に追いつくまでタイムラグがありますから、
(しかも中国部材の調達の目途が立たず、リフォーム業界は動きが取れない状況です)
更に分譲など売買の動きも大きく後退するのではないか?
ひょっとすると、今回の景気後退は「大きな経済構造変動のきっかけ」となるかも知れないので、将来像が見えてくるまで多額のローンを抱えることは大きなリスクになりますから、買い控え増加を織り込むのが常識的判断となるでしょう。


「少なくとも1年前後は不動産市場の低迷がみられるだろう」と思いますね



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急投稿「コロナ別の意味で偽陽性可能性の件」

2020年03月17日


3/15投稿の以下記事
トンデモない情報が(ウイルス関連)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/474048108.html



ちょっと馴染みの医療関係者(一族が医師の歯科医で関係者に指定病院医師がいる)に、
このネタをあててみました。
「ひょっとして単なる地元の風邪の陽性判定者も一緒に相部屋の軽症者隔離された場合、院内感染で全員武漢ウイルス感染者になる可能性」
 ↑
あり得るとのこと、
イタリアのような医療崩壊起こすと十分にその可能性はある


●大変な事ですよ、、
ひょっとしてイタリアで起きていることは、単なる風邪で擬陽性判定受けている軽症患者が、隔離病棟内の院内感染で本当に武漢コロナに感染し重症化している可能性があるって事です。

ですから、武漢ウイルス(肺炎重症化ウイルス)の可能性判定は慎重に行わなければならず、
PCRやる前に「これは通常の風邪では無いな」のほぼ確実な根拠を必要とする。
(単に熱があるとか程度の根拠だと、通常の地元の風邪に感染しているだけでもPCRで陽性判定される可能性が十分にある。それこそ別の意味の偽陽性。)
つまり、
「検査、検査」と基準を下げて早期発見とか騒いでいる評論家や(WHOの誰かさんも)コメンテーターは一歩間違えれば”人殺し”です。

※あくまでこの記事は民間で得られる情報のひとつなので【断定】できるものではありません。判断はみなさんの自己責任でお願いします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トンデモない情報が(ウイルス関連)※3/17追記編集

2020年03月15日

(3/15追記編集)


心理学ブログにも書いたのですが(詳細はこちらで)、
あまりにも衝撃的な情報なので、問題提起として紹介しておきます
判断はみなさんご自身で

号外【ニュースを斬る!】世界で何が起こっているのか!? 〜現時点での総括 後半〜



ひょっとしてだけど(この仮説が有力なもので)
重症化しない8割ってのが「単なる地元の風邪」だった場合、
隔離病棟でモノホンの「武漢ウイルス」に院内感染し、
それが被害を拡大させている可能性も否定できないって事では、、、
(高齢者や持病ある人の重症化可能性は通常の風邪でもそうだからね)
仮に現在の統計DATAが「地元の風邪」と「武漢ウイルス」の混成なのだとしたら余計面倒な事になる。

●果たして(PCRじゃなくて)抗体検査が確立するとこの問題は解決するのだろうか
いずれにしても、現状は日本方式とも呼ばれる
「肺炎重症化の端緒あるまで検査しない手法」でしかこの問題を抑制できない
 ↑
●3/17追記
知り合いの歯科医(一族医師で関係者に指定病院の医師もいる)にこの話をぶつけてみた
「ひょっとして単なる地元の風邪の陽性判定者も一緒に相部屋の軽症者隔離された場合、院内感染で全員武漢ウイルス感染者になる可能性」
 ↑
あり得るとのこと、
イタリアのような医療崩壊起こすと十分にその可能性はある
(これは洒落にならんですよマジ)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地上波ウイルス報道が(無自覚であっても)犯罪である件の補足

2020年03月11日

人の命がかかっていることなので、
このブログで発信したところでたかが知れている事はわかるけれども、何もしなくてもいいという話ではありません。最近地上波報道などにおいて左翼系コメンテーターが言説を微妙に変え、話をすり替える形で結果言わんとしている事は同じである点補足します(場合によっては人が亡くなる方向)。

自分達がこれまで言ってきた以下の誘導を微妙に変え始めた
【彼らが当初言ってきたこと】
・PCR検査(精度5割〜9割)をどんどんやって感染者を隔離しろ
・肺炎の疑いがあれば全員検査し早期発見早期治療をしろ(治療法は無い)
・水際作戦で中国からの流入を止めろ(既に昨年度から流入済み)
 ↑
●これをやったのが”イタリア”です
(イタリアは医療資源が脆弱だったため今大変な死者が出ている)


1)検査をどんどんやれば隔離病棟が擬陽性(検査の誤差による陽性で実は健康体)患者でいっぱいになってしまう
 ↑
現在ここを、彼らは「疑いのある人を検査するのであって誰でも彼でも検査しろと言っていない」と主張するのだが、政府が行ったようなガイドラインを明示していない(発熱何日など)。
ましてや、一般の医療知識の無い(医師のように判断できない)庶民にとって、どういう状態が疑わしいなど判断できる筈も無く、
●「多くの検査を行うことが公共性として正しい」的な発言は大きな誤解を招くことになる。


2)早期発見早期治療はできないのに、あたかもそれができるという主張は「軽微な症状の陽性患者を病院で隔離することになり」自動的に医療資源はパンクする。
彼らは医師の判断で、軽微な症状の人には自宅隔離をお願いすると主張しているが、
病院におけるトリアージのような判断は、ベッドが溢れることが予測される総患者数が予めわかっている場合に有効なもので、
「ベッドの空きが十分なのにあなたは軽微だから自宅隔離しなさい」などの選別は行えない。
(その人物が数日後悪化する早期症状なのか占い師じゃないのでわからない)
つまり、トリアージは軽微な症状の入院患者で医療資源がパンクして以降(ベッドの不足が明確化)でなければ、行えない。
●=彼らの言うとおりにすれば確実に医療崩壊が起きる。
※韓国の識者から「検査優先の結果正確な感染状況のDATAすら掌握できない状態にある」という発言も出てきている


3)この水際作戦を何故左派系が主張したのかと言えば、中国共産党の都市封鎖を正当化するためだと推定できるが、そもそも昨年度12月から中国からの感染者は各国に流入しており、水際作戦は機能しない(既に武漢から多数の市民が流出後であった件と同じ)。
日本政府は、実質的に国内検査と同様(発熱や濃厚接触の確認)の検疫に始まり、(事実上=濃厚接触となる武漢方面からの入国を止めた)一部地域からの入国を止めた(この段階で中国渡航者の7割)、
政府の対応は、既に国内に存在すると推定される感染者に対する選別(感染有力な発症者だけをPCR検査し重傷者を発見すること)と同じであり、有効性も同じとなる。
 ↑
●ここに右派の反中で興奮状態の評論家が相乗りし、右派からの安倍批判大合唱となったのだが
イタリアのように速攻中国からの入国を止めたとしても(直行便の停止)、国民に誤ったメッセージを伝えるだけで(もう大丈夫と)、さらに言えばその中国人観光客が入国拒否でどこぞの国へ行先を変えた場合、その行先も入国禁止にしなければ意味が無い。

※重要なのは、国内で行っている「重傷者の発見」であり、
外国からの流入についても、ガイドラインは同じになる。
(政権は事前に重傷者の存在が疑われるホットゾーンからの入国は諸外国と同水準で止めている)
 ↑
それでも中国からの渡航者全面禁止が無効なワケでは無く(現在は全面禁止になっている)、早期に行うべきだの意見が出てくるのは理解できるが(政府の意図は人種が誰とかでは無く日本の医療資源が重傷者のために余裕持ってキープできるかにあり)、
イタリアのように誤ったメッセージとなるだけで無く(もう安心的に)、同様の疑いのある感染者は既に国内に存在していたのだから、公衆衛生含めて庶民の行う予防策は同じで(対処に変化が無い)、
謝ったメッセージが(イタリアのように)庶民の予防策を疎かにしてしまうだけ。

安倍政権は合理的根拠をベースに段階的に中国からの入国をストップさせたが、
その判断で正しい。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルス検査の件が簡潔にまとめられている動画です

2020年03月02日


地上波報道が現在犯罪レベルにあります
地上波のウイルス報道が”なんでもアリ”になっている件(住まいの心理学記事)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/473787183.html
また、SNSを中心に悪質なデマも拡大しており、
可能な方は以下動画の拡散宜しくお願いします

人の命がかかっています

(※拡散のため、管理している全てのブログに同記事をアップしています)


右派系メディア動画のため倦厭される方いるかもしれませんが、
確かなエビデンスある解説です

こういう時に右派も左派も無いと思います、動画をご覧になっていただき、
ご自身で判断ください


■また、国立感染症研究所が正式にマスコミ報道に抗議しています
(普通無い事です、よっぽどなんだと思います)

新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査に関する報道の事実誤認について
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9441-covid14-15.html

(是非こちらも併読ください)



posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする