ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。

最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

三ノ輪の狼その全貌

2006年10月28日

実は某映画系の話があって、『三ノ輪の狼(本当は南千住なんだけれども、三ノ輪取材の時の後半レポートだったので、何故か三ノ輪の狼と呼ばれている)』内部画像と、元ゴルフ練習場だった「非専用屋上」の画像を撮る機会に恵まれました。
(映画関係の話はまだ企画段階なので話が進んだら別の機会にでも告知する予定です)

本編はこちら
http://retour.seesaa.net/article/17197208.html
(何故かまだ空室なのでした)

取材の時から長尾レポートで「屋上の裏がゴルフの練習場跡があってここが又いい」と聞いていたので、今回は是非その練習場の画像をと、

こいつはファイトクラブ以上のアレですな〜
ブラピとエドワードノートンのシーンでは街中で打ちっ放し状態ですが、
ここなら曲がりなりにもゴルフ練習場を偲ばせる何が残っていますっ続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分譲か賃貸か「俯瞰で見る」

2006年10月24日

以前retour&Retourで取り上げた耐震偽装関連の続編となるのだけれど、経済学的なファンダメンタルから「分譲か賃貸か」を考えてみたい。
件の耐震偽装事件(特にその後判明した多数の偽装事例)からハッキリしたのは新築分譲マンションとはその時の国家経済を反映するももので「限りなく耐久消費財に近いものだ」という部分になる。
そもそも区分所有である分譲マンションは所有権といっても現実的な敷地は僅かであって”不動産と呼ばれるリスクヘッジ率は元々低い商品”で、その内容評価は上物の製品としてのクオリティーであるべきで、土地付き一戸建てと同等の認識をもってはいけない。

有数の耐久消費財の代表と言えば”車”になる。価格的バランスから見ると分譲マンションの10分の1とか15分の1とかのスケールになるけれど「新築分譲マンションって何?」を考える上でもっともわかりやすいモデルである。
確かに車を買い慣れてる(新車に乗り換える)人にとって、中古車市場(下取り価格)は大事は大事だろうけれども、資産価値として極端に神経質になることは無い。現実資産価値に敏感だと車の内容維持に相当気を使わないといけないし、頻繁に乗り換えする人ほど「相場が不安定になる前に買い換えてしまう」のであって、一生ものの車なんて事になれば反対に資産価値より「心底気に入った車か?」という部分が大事になる、
同時に一生ものの車となれば、メンテナンス含めて随分と研究もするし当然試乗もする。車関係雑誌の『試乗レポート』もそりゃかなり読む事になる、
まさか「メーカー作成のモックアップと開発スペック仕様書だけ」でそれを購入する人はいないだろう(それがあるのは「フェラーリ」とかのブランドだけ)。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(2) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初台特集番外編(2)

2006年09月22日

retourのブログ取材でコムハウジングに向かった時なんですが、代々木から初台への道はもうすっかり秋めいていて



西新宿から初台への景色なんか見ていると、やはり得がたい環境だと思います。
こういった都会の特徴として「人が暮らしていないと街が荒れる」という傾向があって、この大都会の一本裏に有数の住宅街が広がっているからこそこの環境が守られていると言えるのです。
その住宅街も閑静なところですし、一時より随分と賃料安くなっています。
実際に部屋を探している現場サイドとしては「初台←→笹塚↑西新宿」だったら烏山や祖師谷と比べてもそう大きく変わらない相場で探せるのじゃないかと、
「本音です」
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「初台特集番外編と予告編」

2006年09月15日

前編はこちら
http://retour.seesaa.net/article/23735981.html
http://retour.seesaa.net/article/23775275.html


2×4アパートでカーペットのお部屋ならではの内容ですね。
この組み合わせは本当にレアで、なかなか探してもみつかるものじゃありません。
RCで床カーペットで1Rだとホテルのような雰囲気になりますが、2×4アパートだと自分の部屋っぽい感じとなります。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中央公園一望3LDK」そして『西新宿番外編』縲

2006年09月12日

前編はこちら
http://retour.seesaa.net/article/23620053.html

{c2lubmp5dWt1RjI1oeQ.jpg

新宿至近西で、これだけの内容の部屋を見つける事自体希少なのですが(実際分譲ですし)、ここにいると西新宿再開発そのものを意識してしまいます。
元から高層ビル群で知られる地域でしたが、都庁の登場でそのキャラクターはより鮮明になりました。
住宅街の中に忽然と高層マンションが建造される事は街全体の雰囲気すら変えてしまうので(なので低層住宅の多い地域で「マンション建造反対運動」があるのはもっともです。全体としては東京の不動産は供給過剰なんですからね)、「この開発はどうだろう?」と思う事もありますが、西新宿のそれは成功でしょう。
まるで高層ビル群が「樹齢とんでも無い巨木であったりモニュメントに見える」のです、
なんて言えばいいか、圧倒的なんだけれどそれが自然に見える。
そう大自然みたいな在り様なんですよね、
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成約事例『事務所改装』番外編

2006年08月22日

前編はこちら
http://retour.seesaa.net/article/22675989.html
http://retour.seesaa.net/article/22705929.html
http://retour.seesaa.net/article/22764679.html

昨今の改装傾向のひとつに天井抜きがありますが、そもそも天井って何故あるんでしょう?RC構造になると天井もフラットですし「そのままでもいいじゃない」とも思いますが配管や配線が剥き出しになってしまうとか、場合によっては断熱材が入っている等の理由で天井構造があることになります。しかし最近は「スケルトン風でカッコいい」ですとか、ザクットしたコンクリートの質感がデザインとしても面白い等の理由からデザイナーズなんかでは最初から天井が抜かれている事も多くなり、RCリノベでも「開放感」という意味でも専ら天井抜きが率先して行われます。
天井高を優先し、床も抜いてしまい「床材はベタ貼り系の部材で」が選択される事もあり、昨今には高い天井のニーズが広がっていると言えるでしょう。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする