ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)

RDF Site Summary
RSS 2.0

米中経済摩擦をどう読むか(ネタ的にちょっと大きく出てみました)

2019年05月13日


トランプ大統領は想像以上の凄腕ですよ、
(胆力が半端無い)
勝ち身に入った時の押しがトンデモレベル。

昨年のペンス副大統領演説以降、識者の判断は「米国は中国を潰す事に腹を決めた」となっておりますが、それも悠長な話ではないようです。
トランプ大統領の思惑は「俺の任期中にケリつける」ぐらいの勢いかなと。
(中国に入れ込んでる落ち目の欧州も真っ青でしょう)
既に勝敗は決したも同然だけれど、
現状の読みとしてフェーズは本来「中国国内の権力闘争」に移行していて自然。

習近平首席は事実上、中国国内において「大失敗やらかした指導者」としての認定が確定しており、通常なら失脚騒ぎが起きてもおかしくないのだけれど、現状「お前が最後までケジメつけろ、俺?冗談じゃないどうぞどうぞ」的に引き受け手がいない(逃げているとも言うけれど)妙な事になっている。
しかも彼は任期の限定解除永久皇帝みたいな法改正までやっちゃって、よっぽどの大義名分でも無ければ辞めるに辞められない(マジに健康問題などの話を持ち出して逃げる可能性もある)。

「どうするんだろ」

経済状況としては、中国及び依存度の高い国の通貨が暴落、
ハイパーインフレの可能性もある。

●何故こんな事になってしまったのかって
実に各国指導者の個人的心理が原因であって、
中国が世界の覇権を狙わなければならない事情はどこにも無かったし(ロシアのように安全保障においてNATOに追い込まれたとかでも無い)、泥棒が日常だとは言え事実上の国営企業が産業スパイやっていたらこういう事になるのは誰でもわかることでしょうに。
結果的には、全く統制取れていなかったというガバナンスの問題だったんでしょう。
(金、金、金のインセンティブが国家の統合の柱って無理あり過ぎた)

習近平首席的にはそれをさらに権威上位から集約するには、世界征服みたいな大風呂敷でも広げないことには辻褄が合わなくなってしまい、
(仮に尖閣諸島程度の紛争で日本と局地紛争なんて事になって得する事が微塵も無いのですから)
スローガンだけがひとりあるきしてしまったというか、
手段が目的化してしまい、今やなんのためのAIIBなのかシルクロード一路なのか中国20ナントカなのかわからなくなっている。
(面子を守るために他国に協力求めているとか意味わからない話に)


●そんな「金、金、金のインセンティブ」を米国に叩き潰されたら国の体制がもたない
どこから考えても「対米交渉で妥協せざるを得ない」
結果として(投資の自由化など米国が求めている要求に応じれば)共産党そのものの統治能力を失う可能性すらあります。
つまり、
共産党幹部としても「(対米交渉はお前がヤレ)俺?冗談じゃないどうぞどうぞ」なんて言ってると、自分の党がガタガタになり兼ねない。
 ↑
ここの意味わからない人へ補足「徴税や予算編成権を失ったら財務省の権力は崩壊する」←こういう意味で→「米国の要求する経済の自由化交渉をそのまま受諾したら共産党は崩壊し兼ねない」という構造になってます。


ますます「どうするんだろ」、

(あまり報道されていませんが、F35戦闘機の設計図パクったといわれる某ナンチャッテ・ステルス戦闘機は解放軍の採用や販売の目途も立っておらず、そのままお蔵入りとなりそうだったりする。)

造ると決めた空母機動艦隊も、マジに艦隊ラインナップができちゃうと「維持費にスッゴイ金がかかる」ため、国防費を圧迫するだけの役に立たない贅沢品になってしまう可能性もあります。

現状の中国は「その空母機動艦隊は、何のため、どこに行くの?」そままかな。
(台湾の動向もアレだけれど、米国を敵に回すなどあり得ない事ですから来年政権交代があったとしても心配するような大事にはならないと思います。→中国に加担するなら台湾も米国の制裁対象になるのですから。)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和となって流れは大きく変わるかもしれません

2019年05月11日

天皇陛下のお言葉聞いた方、思ったことあるのではないかと、
うっかり失礼にあたる表現使うと右寄りの方から非難囂々と思うので、慎重に言葉を選んでとも思いましたが、どうにもそういうのは得意では無いので失礼にあたる表現があったらお許しください。

何を思ったかといえば(印象ですが)
「力強い」或は決意のようなものを感じた方多数ではないかと、
心理学的にも”お上”の印象が(憲法にも明記される法的権威ですから”現代における法による支配下においても”だからこそ)広範に何らかの影響を与えるだろうと思う訳です。

社会的心理とその影響といえば経済が代表選手ですが、
日本を象徴される方の力強さってものは有形無形な結果ととして(海外などが想像するより)大きな心理的影響を与えるだろうと思います。
私は(あくまで個人的意見ですが)消費税10%への増税も言うほどの影響は無いと思っておりまして(インフレターゲットの目標からして2%なんですし)、なんだかんだと強大な権力を持つ財務省とどこかで折り合いつけないといけない政治判断もありますよそりゃ。

そこに天皇陛下の印象です、
経済に限らず日本の今後の流れってものが大きく変わるような気がします。
■特に50代から60代という同世代には「ここから働きどころ」みたいな勢いもつくでしょうし
憲法改正も控える状況の中、某国の不敬な失言に対する日本の対応がこれまでと違った形になることが予想される中、その政治判断にも支持が得られるでしょう。

今度は左方向から批判がきそうですが、
考えてくださいよ、
私も戦後生まれです、この間日本は平和国家でありそれは事実でひとつの歴史です。
むしろその歴史を持つ日本が国際社会においてその影響力を強める事で(意味のわからない某国はともかく)、それを歓迎することはあっても憂慮する国など無いでしょう。


抽象的表現になってしまいますが、
この流れの変化は(そんな意味で)日本に限らず影響するのではないか、
AIだけでなく経済政策や行政、高齢化社会など10年後の変化が予測のつかない時代に突入しています。そんな時代の印象が”力強い”って、
それこそ「心強い」話です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽スキルある方増加で今後防音室のニーズが高まるのではないか

2019年05月09日


昔と違ってホームシアター願望は需要低下したかなと思いますし(大画面TVも随分一般化してきましたから)、映像系ならむしろ現代はVRって方向でしょうからこの場合はヘッドフォン利用になります。
防音室のニーズが減っているかと言えば、
むしろ増えているのじゃないかと思うんです。

youtubeの歌ってみたや弾いてみたなどの動画視聴していると、
現代日本がどれだけ豊かで、プロ級の音楽スキルある方が膨大に存在することがわかります。
そして、この文化系の広がりは(偏差値による選別失望の裏返しに)教育の現場や入社人事評価などへも増幅していくのではないかと思うのです。
「創造性評価」みたいな?

となれば、「数は限られているなれど頑張って探せばみつかる」母数レベルぐらいの希望で、
防音室のニーズも高まると思うのです。

■かといって防音性能は容易な事ではありません
(特に低域のエネルギーは数センチのコンクリなど容易に突破しますので)
確かホテル建築などでは複合素材的に鉛板もサンドイッチするなど特殊な建材用いるのも珍しくないようで、一般的な住居用建材にそれを求めるのは事実上不可能です。


反面、特に都心では自家用車のニーズが低下しています。
「どうなんでしょう」
マンションなどの1Fや地下の元駐車スペースが(昨今ではここに倉庫設置改装される事例ならあるようですが)「同棟住民へのレンタルスタジオ」であるとか希望があれば専用契約できるような方向性もアリでは無いかと思います。
ドーンと天井が高ければ、撮影やアトリエなんかにも使えますし、ダンスの練習などにも利用できるでしょう。

こういう論議が「分譲マンションなどにおいていきなり自主管理の管理組合主導で可能とはおおよそ思えない」のですよ(需要の予測もなかなかできないですし)。
新築分譲時の企画であるとか、サブリース系アパートメントなどにおいて試行的に取り組んでみると面白いんじゃないでしょうか。
賃貸なら、結果として文化芸術系の入居者が集まる事にもなりますし、
”想定外の展開”への可能性もあるでしょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKなんとか党の躍進は大事な有権者意識の変化だと思う

2019年05月03日


NHKから国民を守る党でしたっけ、
個人的に「こいつは面白い」と党首立花孝志氏の動画はよく見てましたが、
いよいよ党政拡大といったところです。

その主張の是非には様々な意見があると思いますが、
この動きはまさに「草の根の民意」に他ならず(それを支持する何らの団体も組織も存在していませんから)、時に政治意識が低いとも言われる日本の民主主義において、シングルイッシューだからなのかも知れませんが、馬鹿にならない勢力となったことはとても大きいと思います。
(ひょっとするとやれ野党が何議席、自民が何議席って話より大きいかも知れない)

選挙の度に浮動票が多くなっている傾向もほぼ確定かなと思う中で、
既存の団体や組織と関係の無いところで自由な民意の表明があり得るんだという証明ですし、なんとなく一票入れてみようと思っていた人も(まさか議席は無理だろう的判断もありつつの)、

「おっ結構当選してんじゃん」
思いますよね。

同時に大阪維新の動きを見れば、地方議会の勢力が国政に影響与える可能性を示し、
何気に控えている参議院選挙にも一定の影響を与えるんのじゃないでしょうか。
「政治的意思表明は可能で、議席の形で国政に対してメッセージとなる」
それが実際に投票率の上昇みたいなわかりやすい結果に結びつくかわかりませんが、
死に票になるのも損なので、勝ち馬に乗る型投票してきた有権者の意思決定に与える影響は大きいと思いますね。

勝てないだろうと思っていたような候補でもひょっとしたらひょっとするよと、
微妙に投票行動の変化に繋がるかも知れません。

■となると

マスコミがまた意味の分からないミスリードすると「これはいけない」とばかりに”その逆”に勢いつく可能性もありまっせ。
令和元年ってこともあって(日本の国民性でこれ何かと影響あると読んでます)、
選挙のプロ達想定と違う方向に振れる可能性もあると見た。
(※とはいえ一人区で自民大勝しても現有勢力維持は難しいのだが、、)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ大統領は余裕で2期続くだろう

2019年04月30日

そりゃ勘もありますが、
米国大手メディアが(ロシアゲート)フェイクニュースで自国の大統領をヘイトし続けるという異例の事態は、リベラル主義の本質的意味をはき違えた左翼インテリ主義の自爆そのもので(そもそもそインテリ階級思考がもうね何時の時代ですかって)、

性懲りも無くまだトランプ批判を継続しているようですが、
やればやるほどメディアの信用を失う。
●そりゃねトランプ大統領が聖人君子だなんて私も思ってません
「だから当選したんだから」←ここ忘れちゃいけません
トランプ大統領が何故登場したのかって「アンチ・エスタブリッシュメントだから」です。

彼の政治遍歴は日和見っていうか、
元々は民主党に献金しているなどルーツはインテリ左翼階層に所属しており
後に売名目的で大統領候補に
なんだかんだやっている間に、泡まつ候補から本当に共和党候補となり、
(ここは私の読みですが「本当の話になってしまって彼は義侠心から腹を括った」と思う)
そて彼こそが「アンチ・エスタブリッシュメントだから自分が選ばれた」事をよく知っている。


故に、自作自演も込みで「アンチ・エスタブリッシュメント」のスタイルを崩さず徹底している。
昔プロレス興行に肩入れしてた時、リングサイドで大暴れする”プロレス”もやらかしていたが、彼には自慢話であってだね、
・不動産王時代なんてヤバい橋も渡っていただろうし
・平然と部下に法に抵触するような指示を出してもいただろうし(そこをうまくやれと)
・彼が共和党保守のメインストリームでは”無い”ことも明らかです

そんなやけっぱちなトランプ大統領ですが、
政治的実績は「驚くほど成果をあげてます」
なんと時々経済の知識など180度間違えていることも珍しくないのに。
(そんな事言えば日本だって財務省がいるのにどうにかこうにかやれてますから。)
運がいいのか「お前本音はどうなんだ?的理解力」が抜群なのか、

たいした人物なのは間違いない
(と米国有権者が一番思っていることでしょう)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療制度改革には病院経営に積極的にコミットする政策が必要かも

2019年04月25日


「現在の保険制度が病院経営のビジネスモデルを規定してしまっているのではないか?」
※財務省の方さんざっぱら考えてきた事だと思いますが

ひょっとするとカルテに記載される症例や病名すら保険制度との関係で偏向している可能性すらある(こういうこというと日本医師会に怒られると思いますが)「ドル箱の患者を何人確保するのか」みたいな世界が無いとはいえず、
場合によっては治療回復より収益性の高い患者化が優先されとんじゃないのかの疑念。
医師会がどうこう以前に、
保険制度がそれを誘因している側面あることは否定できない。

凄く難しい論議になるのですよ、
本当に慢性疾患であるとか難病患者の方に不都合無く、病気からの離脱可能性を促進する制度改革があり得るのか(保険制度からの離脱可能性と置き換えてもいい)。

■非医療機関・準医療機関の創設と保険適応が鍵じゃないかと
経営って事で言えば、人件費が担保されていれば文句ない筈で(製薬メーカーはあれでしょうけれど)、同じ病院系列の子会社などで”総合リハビリ・介助派遣サービス”みたいなんが保険制度の適応で安定的に経営できるなら(ひょっとしたらですけど)医師会も論議に協力してくるのじゃないだろうか?
(今後そこにAIによる健康状態監視サービス導入可能性もある←実現すれば高齢者の自立独り暮らしをサポートできる。)

この法人に(状況によって医師の派遣や)タクシー会社との連携などを行政指導しておけば、救急車の過剰出動などの問題も解決できる(希望があれば宅配給食サービスも可能)。

「病院経営の多角化を促進する保険制度改革」って奴です。

そもそもが病気疾病状態をデフォルトとするのが間違いで、
(保険制度の”保険”の意味的にも”もしもがレアケースでなくちゃおかしい”)
回復復帰することがデフォルトでなくちゃ。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする