ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

”戦え”NHKから国民を守る党

2019年09月14日

今(各方面から叩かれ出して)おおわらわになってますww
まー予想してましたけどね
党首の立花氏は各種裁判も(経験豊富なので)たかくくってますが、日本のエスタブリッシュメントなめたら危ないですよ(小沢やホリエモン思い出せ)。
私は彼が謀略的に辞職に追い込まれても驚きません。

ひょっとするとタフな彼のことですから、
「ま、その場合は次の衆議院」と考えているのかもしれませんが
徹底抗戦モードになればなるほど「内なる敵が暴き出されていく」という”本質的好循環”となっているのではないでしょうかww
(ぶっちゃけ彼は辞職してダミーに議員させて党首とyoutuberに専念してもいいワケなんだが、叩きにかかっているサイドもそこわかっとんのかな?)

この辺も是非拡散希望






そして
『東京新聞はN国党の記者会見の出入りを禁止します。』

(その後記者会見によると”売られた喧嘩を買ったまで”で、記者会見で取材先のチェックなどはしていないとのこと。)


■更に、ついに国民民主の50億取りにいってますよ



こんなんやらかしてしまって、玉木党首はまた支持者から叱られるのとちゃう?、、、
(大丈夫なのかしらww、なんだか”連合の方”からもう叱られてるっぽいぞ)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだか前回記事を裏付けるようなアレがww

2019年09月13日


面白おかしく解説されているのでこちら観るのが早いかな
(リンクはそう設定してますが念のため、動画1:05分30秒ぐらいから)




(是非みなさん拡散してくださいね)


ダメ杉だろこれは






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひょっとすると”プチブル的文明”の崩壊が始まっているのかも

2019年09月10日

ミニマルライフにしてもそうだけど、昭和であれば”インテリ中産階級”と知られていた(所謂左派リベラル系な)階層がごそっと”意識高い系ニューファミリー”だとか”リア充”みたいに(所詮スノビズムでしょ的に)揶揄されている状況。
※そもそも論としてこのインチキ貴族主義みたいなものをニーチェあたりが大批判していたと思うんだけれど。

この現代の状況ってものは、
失われたデフレ時代という経済状況も相まって「中産階級とかって暮らしに何か意味あるだろうか」という疑問に繋がっているような気がする。
※言うまでも無く現代社会は『共同幻想』崩壊時代なので、特定概念の階層のような分類が可能な状況そのものが早晩消えるだろうと思われるんだけどね。

いやなにも清貧なデフレ志向が台頭するって意味じゃあありません。
■所得に余裕があれば(ライフスタイルは各人個性でバラバラとした上で)”家賃が幾らとか関係が無い”(分譲なら価格の問題では無い)、「かくかくしかじかの目的に一致しているのか?」みたいな住居としての個性が求められていくのではないかと。
逆説的に言えば、結果として「必ずしも所得額は副次的な差異で決定的要因では無い」が同時並行するような感覚でね。

典型事例で言えば、
昭和的感覚っていうのかしら「戸建てに4枚ドアの自家用車、子供にはピアノや英会話」的な世界観の崩壊。
特に住居の場合、寿命120歳に向けて考える場合「ファミリー世帯的に考えても、同居が継続する期間はせいぜいが20年」なので(住宅の取得が40歳だとしても25%に過ぎない)、
●「そもそも住居に求める暮らしの形」そのものが変化していくのではないだろうか


経済学サイドは未だに「中産階級云々」の論議や分析があるけれど、
どうにも的外れな気がするんですよね。
「そういう時代だろうか」的に

こんな事いうと怒られるかもしれないけども、
「玄関ドアに宅配BOXがビルドイン!遮音性能当社比較3倍、高齢引きこもりライフに最適な1Rですよ」みたいなキャッチコピーが明るく語られる時代が来ても驚きません
(てかそういうニーズあるだろうし生活上の個性として堂々と主張されるべきことだと思う)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間仕切り家具の提案(成功すれば防災家具となる可能性も)

2019年09月06日

以前から推奨していた間仕切り家具、
事の始まりってワケでもありませんが、
その典型例は過去retourで取材した麻布十番の元国会議員宿舎などガチ西欧タイプと思われる設計に観られる「ドーンとワンルームストゥディオをベースに間仕切り家具で」なスタイルです。

これね一見すると
「12帖以上の居室だから必要性があるのでしょ」
などと思われるかも知れませんが、
いえいえ、6帖をコンパクトに二分割することだって場合によっては面白い使い方の提案できる筈なのです(何をどう使い分けるのかってそれは”あなた”が決めることですがww)。

間仕切り家具の定番は「表裏結合した書棚」「裏板無しで前後面同時仕様のディスプレイ棚」この二者でしょう(喫茶店的ローボード仕切りならマガジンラックやフラワーボックスもアリ)。
●そこで考えたのですが、
地震列島のこの日本の場合、間仕切り家具それ自体の倒壊防止機能が重要となるのは言うまでもありませんが、
そこに”強度も加味されたら?”
地震の際にテーブルの下へ隠れる的意味合い同様に、強固な間仕切り家具の影にというだけで「仮に天井が落ちるような被害があっても生存率が高まる」可能性ありますよね。

裏板の無いシースルーなディスプレイ棚ともなれば、強度の確保は更に難しいのですが、
だからこそ、家具デザイナーの腕の見せ所ですよね。
収納家具のスペックとして定番の”耐荷重”、
この耐荷重性能が1トンなどの「防災間仕切り家具」が開発できれば、
間仕切りする用途が無くても、安全のため置きたくなりませんか?
(理想は、しかもその間仕切り家具自体は軽量である)


なんせ前から高い有用性があると考えているもので、
このネタに関しては拘りあるんですよ(笑
インテリアメーカーさんだけでなく、建築系の会社からも提案期待しているのですが。
いっこうに開発されている雰囲気を感じないもので、
折を見ては「間仕切り家具ネタ」書こうと思っていたりします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後あり得るかもしれないトンデモ論

2019年09月04日

中国の尖閣侵攻をシミュレーションすると、
昔は「何やら地下資源」って話だったのがー
今や「第一列島線を突破して台湾攻略するための沖縄の自衛隊米軍を牽制するため」に変化してきました。←ぶっちゃけ尖閣に中距離ミサイルを配備してしまおうみたいな。
(※米軍は意外と逃げると申しましょうか、不測の事態に備える敏感さは相当のものですから)

軍事侵攻の可能性にしても、ヘゲモニーがどうこうってよりか、
戦略兵器搭載の潜水艦にしても、空母機動部隊にしても、造ったはいいが内海から外にまったく出られないのだとしたら何のための予算なのかって責任問題になるワケですよ、、。
兵器ってのはどこに配置して機能させるってパーケージでやるものですし、
それ系の兵器体系を構築した時点で「どこで何に使う目的?」と備えなければいけない。
(やるやらないに関わらず思惑はバレバレになるからです)
※いずもの軽空母化はそのためなんだという噂もあります


朝鮮半島に関してもいろいろ論議がありまして、
北が核放棄とバーターで米軍基地の設置(事実上の核の傘orミサイル防衛配備)を期待しているって話もあります(デマ臭い噂らしいんですけれど)。
例の中国北部戦区(旧瀋陽軍区)問題に関しても、
仮に米中対立激化で儲けが減れば(時に総合商社でもある)各方面の人民解放軍公司は洒落にならないワケですよ。
でね?仮に北が米国と手打ちして且つ米軍基地も招聘する可能性あるのだとしたら、渡りに船です。
中国から独立しちゃえば、北と連邦制にして親米国家樹立ですよ。
(この時期ともなれば韓米同盟解消後となっていて、南はの中国の支配下に入っている可能性があるので、妙〜な感じの対立構図になるのかも)


このような対立関係がある場合、中国は核攻撃も辞さないという党の方針らしいんですが、
(まさか米国との核戦争は望んでいないので)北としては米軍基地を持つメリットが大アリで、
地理的に←是非是非ともロシアはこっちに乗りたいですよね(笑
更にこのエリアは(韓米同盟破棄前のK国の成長みればわかるように)”親日してこそ儲かる”ことが誰よりもわかっています。
●誰かが入れ知恵するなら「共産党カルトみたいなドグマに抵抗ある国もあるだろうから(ベトナム化が無理なら)、いっそ王家を名乗っちゃって名目立憲君主社会制にすれば?」というウルトラCもあり得なくも無い。
(左翼活動家のみなさん、後に米国側に寝返った北から日本工作員のリストがしれ〜っとCIAに手渡される可能性ありますからねww)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震性よりハザードマップ(リスク評価は地盤の揺れやすさの方が大きい)

2019年08月31日

単純比較すると耐震強度は
「築浅木造AP=鉄骨造MS>RC造マンション」となります。
(※耐用年数的に古築木造APは母数も少なく趣味人向け別カテゴリーの理解になります。)

皆さんご存知のとおりで、日本の耐震建築性能は年を追うごとに高性能化しており、震度5でも家屋倒壊被害はほとんど無くなりました。
(また大きな被害は付帯する火災や津波のが大きいというコンセンサスもできてきたかと思います)
むしろ昨今注目されているのは、建築物単体の性能より土地そのものに関わるハザードマップだったりするワケです。

東京の地盤の揺れやすさに関しては過去記事以下にあるとおりで、
東京直下型地震報道の「報道内容」について
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/265927876.html

地盤が強い奥多摩の耐震性能と
埋め立ても多い都心東側の建築における耐震性能は求められる基礎が全く違うのです。

■昨今は少なくなりましたが、数年前ですと耐震基準を気にして建築基準法の適応築年数を重視されるケースも無くは無かったのですが、それ以上に重要な要件である前述の地盤DATAを判断基準にする問い合わせは過去一例も存在していないのです。
(※前述引用記事にも書きましたが、マスメディアも地震リスクを一律に報道することが多く、地盤DATAを元に「もし揺れたらここは大きい」みたいな話をまったくしていないので、一般的な認識もこの点について深まっていない。←【重要】なポイントとして分譲購入の時にも重視されていなかったりするなど、メディアの報道には問題多いと思います。)

ちなみに、前述引用記事中のURLは古いためリンク切れしており、
現在最新のDATAはこのページみたいです
地震に関する地域危険度測定調査(東京都)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm

→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 間違いだらけの部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする