ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)

RDF Site Summary
RSS 2.0

何時の日かフリーエコノミーはGDPとして数値化される”筈”

2019年04月23日


「それをビット数で評価するだとか」
(ビット総数は情報平均単価みたいな?奴を掛け合わせて円なりドルで表示可能とする)

マネーを媒介として流通する経済は容易に総量を計上できますが、
2chやSNSやブログや検索機能を介し飛び交う情報やその取得←仮に、この同じ情報量を新聞単価で計算したら何紙分?仮に書籍やDVDの出版基礎単価で計算したら幾らになるのか?
更に、
DIY情報などから派生する、自給自足的経済活動を量的に計測したら?
(昔からある自宅で行われる古着の再生だって立派な生産です)

先進国以前の発展途上国経済の観測には頻繁に「地下経済がどれくらい」みたいな話出てきますよね。専らそれは公的金融機関では無い民間資金による闇経済みたいなことを指しているんだけれど、

■先進国で無限に拡大している「フリーエコノミー」が一体どれほどの価値をもつのか?
仮にyoutube他動画サイトの閲覧数や視聴時間から、仮にそれが民法TV何局分のコンテンツに相当するのか?みたいやればその経済規模をなんとなく掲載することも可能じゃないのだろうか。

●平成デフレ時代に発生した日本の「失われた30年」は完全に喪失ばかりだったのか?
この時代マネー経済の停滞により、その反動ってワケでは無いのだけれどフリーエコノミーが爆発的に拡大していたのじゃないか?←勘なんですけど、そんな風に思う事あるんですよ。

ソースは忘れましたけど、
どっかで読んだんですよ。
世界のインターネットサーバで飛び交うテキスト文字総量のうち、日本語が想像以上の順位にあること(2バイト文字云々はあるけどさ)。


事実、動画メディアにおける「世界の翻訳職人さん」
(google翻訳のレベル向上までの間は)
生産活動として、その貢献度トンデモレベルですよ。
普通に翻訳家の基準単価で計算すればいったい総額幾らになるのか想像もつきません。


音楽に関しても、昭和の路上演奏と比較してどれだけ流通性が拡大したか、
(音楽でで言えば動画サイト出身者が紅白目玉のアートストになり、漫画アニメ・ラノベの世界において無料web媒体出身であることはちっとも珍しくない。)
うっかりすると、経産省あたりはそのプラットホーム法人の収益なんかを計測しようとするんでしょうけれど、重要なのはそこじゃありません。
「実際、明確にフリーエコノミー財の消費者は存在する」のですから。


そして思うですが、
日本はこのフリーエコノミーが尋常じゃないレベルで凄いのじゃないだろうか?
(日本語は言語の形態が、話し言葉系では無く、表記文字言語系ですから。)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

割とどうでもいい話(”ヘッドフォン”ネタの続き)

2019年04月20日

(4/22末尾参考推機種に補足追記)

賃貸物件における近隣問題と言えば「隣室の音」ですね
この問題において誰もが得する話として先日「高性能ヘッドフォン」紹介しましたが、
通販などでハイCP機種狙うほどに、ちょっとオーディオファンの知識が必要になります。
バブル崩壊以降このオーディオファンが絶滅危惧種と化しているいるため(笑
老婆心ながらちょっと解説を

特にスピーカーにおいては「エイジング(老化)」って概念がありまして
そのままの意味の老化ってよりウォーミングアップストレッチ的意味合いで使用されます。
有名な話に「30p級ウーファー搭載スピーカーは家斉騒動起こすほどの大音量でなければスピーカーのエイジングすらままならない(日本の6帖間では無理)」っつーのがあります。

昭和特有のネタのひとつで
(新車スペック競争の中で流行りのターボ車を買ったが街乗りで一度も回転数的にターボが回ってないんだがwwみたいな奴。)
当時の3ウェイスピーカーは日本特有の(そのまんま)ステレオタイプ競争で各社似たような顔の3ウエイスピーカーを競ったものですが、その音の本領発揮することなく低域が足りないなどの評価になったものでした。

日本の高級機種を例外に、ヘッドフォンでもエイジングが必要になります【特に低域】。
どういうことかって、少しダンパーなど動かしてトレーニングしておかないと振動板規定のf0(低域の固有振動数)に到達しないとかです。
開発陣がテスト視聴していた音にならないって事です。

本格3ウエィと違い、ヘッドフォンのエージングは簡単です(音も小さいですから)
トレーニングに使えそうなソースを流しっぱなしにして、一昼夜放置すればOK
お勧めってワケじゃありませんが、いくつか紹介してみようと思います。

【注】低域要の音源は大音量で再生するとスピーカーを破損する可能性があります。必ずご自身でボリューム調整してエイジングに利用してください。



高音の歪が気になる時にはこういうのがアリかも

(高音デモは大音量で再生してもSP壊れる心配はまずありませんが、エイジングの狙いとして《低域と違い》通常の音域は必ずしも大音量でやるべきでは無い。)


※ちなみにですが、そんな(エイジングで音の変わるスピーカーの)特性からオーディオってよく聞くジャンルの音に特化していくとも言われますね。

言わずもがなですが、同じような質の音をバラコンで整備するなると予算的に10倍はおろか100倍かかるんじゃないかな(どころかリスニングルームも必要になります)。
不動産に限らずトータルな意味でもウルトラハイCPです。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何度でも言います”電池技術を制するものが世界を制す”

2019年04月18日


それも”メガ電池”

この技術さえあれば「原発数年だけ全力稼働で速攻廃炉(核物理学は全員核融合の研究へシフト)」作戦もできますし、
発電能力が不安定な再生エネルギーも”メガ電池”をバッファーに使えば問題解決。
(月面でメガソーラーも夢じゃない)
資源安全保障考える上でも、燃料の備蓄は必要なくなりエネルギーそのものを備蓄できる。
(軍事的にはレーザー兵器やレールガン運用に目途が立つし、そうりゅう型潜水艦が数年潜りっぱなしでOKになる。)
ホーム電池も家電利用のピークを抑えることができるので、電気契約容量をダウンできる。
一度満充電したら一生充電の必要が無い携帯端末も登場するかも知れない。
 ↑
これ最強でしょ

原発賛成派も反対派も温暖化無関係派も温暖化抑制環境派も、
利害の違い全員の利害がこの点で一致します。

■噂によると、ハイブリッドの特許を開放したトヨタ自動車が「いよいよ超高性能個体電池商品化に目途が立ったのか」なんて話もあります。

昔はこの話”超電導技術”の線上で語られていましたが、
普通に高性能バッテリー追及していけばどんどんそれに近づくじゃないですけれど、
自動車のEV化やソーラー発電の普及や、速攻電池が切れる迷惑なスマホの普及などから「あちこちで開発が進んでいます」。


どんどんいくべきでしょう、
日本なんてこれ国策にして(10兆円ほどぶち込んで)もいんじゃないかと思うんですが。

何分、私科学的なことはさっぱりでして(笑
具体的なことは何も言えないんですが、
瓢箪から駒でそれが実現するアイデア出てこないものですかね。
「電気そのものを備蓄するのでは無く、容積少なくても高エネルギーを含む”何か”に一度変換して貯蔵するとか?」(原発の夜間揚水発電の事じゃないですぜ)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の内需拡大には限界があるような気がする

2019年04月12日

すわ破綻かと喧伝されながら意外と踏ん張る中国経済ですが、
(政策的には相当真剣に対策取り組んでおり、微妙な権力構造の変化があったようで、習主席の発言は後退し、以前は閑職扱いだった李克強首相の発言権が増しているという噂も。)
現在狙っている内需拡大政策がどこまで可能なのか、
実のところ私は懐疑的なのです、

なんだかんだ自由な国内消費を喚起するには、民主化と福祉政策の両輪が欠かせない。
●逆に言えば民主化があるから政府は福祉政策を重視するワケで、

現在進んでいる対策は「ダンピングでも何でも工場を稼働させろ」的なサプライサイドの政策が主となっているようで、肝心な国内需要の拡大政策は減税以外これといった目玉は無いように思います。
(その減税政策も企業向けの側面が大きい)

実感としてと言っては何ですが、
いつだったでしょうね、10年前後前ぐらいに、
中国の人口から考えて、
●経済成長が本物なら「生産可能な耕作面積が限られる珈琲の値段」が、いつか庶民の手の届かない金額になるのではないだろうか?←こんな風に思っていた時がありました。

それは何時だろう?
待てども待てどもその雰囲気を感じる事は無く、

やはりね、構造的に非民主的な独裁政権には政策的限界があるんですよ。
(基本的に発展途上国的な集中的投資政策しかできない。)

「民主化の必要性」←その背景は人権問題だけでは無いのです。
経済政策的にも(先進国へのテイクオフには)民主化は欠かせない。
勿論報道の自由も含めてね。
日本の報道機関に反中的記事を書くなと協定結ばせるみたいな事をしていちゃいかんのです。
(これじゃ政権批判できないメディアと同じですから=福祉の必要性などのアイデアが政権の批判として為政者の耳に入らない。)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欺瞞的ゴミの分別もいい加減にするべき

2019年04月10日


武田教授じゃありませんが、
いい加減ってか大概にすべきでしょう。

ゴミ焼却炉が水準以上の性能の場合、実は全部同じところで燃やしちゃってたりします。
ええ「分別関係無しに」です。
全部が全部じゃありませんが、事実上ゴミの分別は”意識高い気分を味わうため”と”収集業者の利権に限りなく近い何か”となっており、
私の暮らす三鷹市でも知らない間に「ちょっとした何のアレは燃えるゴミに入れてちょ」みたいな事になっています。←これに気が付いたの数年後だったり、、

有料ゴミか無料ゴミかの関係もあるため、コスト削減重視の方には現在の分別も悪く無い話ですが、過剰なゴミの分別は高齢者イジメみたいな側面もあってですね、

■だったら指定ゴミ袋半額にして、全量有料、分別のよりシンプル化あるべしでしょう。

不動産管理会社的にもこの分別、頭の痛い問題で、
分別出し苦手な入居者には”何をどのように注意しても解決の見込みが薄い”側面あるのは事実。
最後に「ゴミの不法投棄は犯罪です」の看板が設置されて(この段階で万策尽きた表明)、やっぱりゴミ置き場が荒れたままなんて風景も時々見かけます。

簡素化できるものなら是非にと思うところです。
ゴミに関しては分別だけでなく(というかそれ以上に)容積が問題なのではないかと思うのです。
事実収集車は都度プレスしてゴミを圧縮しています。
家庭ごみ段階でも容積圧縮が容易なら様々な点からベターなのではなかろうかと。

『汚れなどが拡大しない圧縮機能付きゴミ箱』
こんな商品が開発されれば売れると思うのですがww
各自自治体で分別方法がこれだけばらつていると開発メーカーとしても二の足踏むと思うんですよ。

どこかで抜本的見直しが必要な案件だと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり宅配BOXはコンビニ設備が好ましいのでは?

2019年04月08日

今現在もコンビニレジで受け取り可能なサービスがありますが、
公共宅配ボックス的取り組みはゆうちょもやっていますが(まだまだとても数が少ない)、企画位置がダブっちゃっているというか、レジ受け取りには微妙に時間もかかって人件費負担もバカにならないと思います。

そもそも場所がね、コンビニレジ裏の棚に押し込まれている状態で最初から限界がある。
※レジでの受け取りは設備としての宅配ロッカーなどが飽和した時の緊急避難的に考える方がベターじゃなかろうか

マンションなどでも最近宅配BOXは常備設備となってますが、
どうなんでしょう。
過去には伝票に宅配BOX可の記載が無ければ宅配BOXがあっても持ち帰る例も多かったと聞きますし、再配達は減りますが大きな流通コストの削減にはつながらない。


■勿論、この公共宅配BOXは宅配業者全社相乗りで出資しコンビニ(及び主要駅など)には無償で設置して、加えて公共BOX受け取り時に送料割引適応すれば完璧でしょう。
※現在宅配業者各社は地域の流通センターまでの輸送相乗りなども検討しており無い話では無い。
※働き方改革と人材不足対策として政府が補助金出してもいいと思いますよ。
 ↑
こういった方式のがいんじゃないのかしら
時代は無人コンビニの導入も検討される中、日本の代表的文化である”自動販売機”じゃないけども、それに近い導入あってしかるべきかと。


長らく自宅玄関への宅配BOX設置も検討しているのですが
(動機は”無精だから”)
なかなか決定打は無いですよね。
ゆうちょは米国などで一般的な置き配も進めるようですが(戸建てならアリでも共同住宅ではなかなか難しい→北海道みたく玄関フードある住宅なら全然OKですけどね)、
防犯上から選択する人がどれだけ増えるだろうか疑問です。
特にヤフオクや通販の売主が「トラブル防止から置き配NG」としてくる可能性も大きい。

●公共宅配BOX是非検討するべきかと。
一定以上の規模とすれば、災害発生時に補給物資の倉庫としても使えますぜ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする