ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

これは凄い情報ですよ(武田教授だけだのNGな方へも理解が深まるかと)

2020年07月05日


動画見た方が話が早いのでまずどうぞ

マスコミ ボー然!日本を騒がす科学者 頂上対談 第1弾!(ウイルス・科研費・東大・NHK・温暖化・リサイクルのホントの話)


(拡散希望)

ある意味今回の感染症”騒ぎ”そのものが陰謀というより”異常”なのではないか?という着想、
そして背後で動く”金の話”、そして科研費に代表される大学の研究課題の怪しさ(ファッション業界張りに”今年の流行”が事前に案内されるトンデモ話)、両者を合わせて考えれば某ノーベル賞教授のアノ動きや、「今回のコロナ感染症騒ぎが”極めて政治的で情報戦に近い現象”」であったことがよくわかります。

■判断する上で最も重要な公開情報
7/5段階、東京の重傷者は9人
7/5段階、全国統計重傷者は33人

 ↑
この感染症で再び経済止めるとかメディアで論議されていること自体が

ほとんと”オカルト”です

(何かほかの目的でもあるのだろうかってぐらいの話)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直なところ中国共産党が何をしたいのかがわからない

2020年07月04日

文化大革命に代表されるように「歴史を大事しない(その都度焼いてしまう)」にも関わらず、過去の歴史で一番支配地域がデカかった時代を固有の領土だと言ってみたり(いやいやその王朝も拡大しすぎて滅びたんじゃ、、)、経済重視(=非軍国主義)なのかと思ったら軍備拡張に躍起で(主として拡大する支配地域を抑えるためなんですが、、拡大するほど無限に軍隊が必要になるワケで)、領土的野心が大きすぎて周辺国と経済関係が悪化し、成長が止まると、、。
 ↑
個人としてはちゃんと判断能力があるのに、組織になると不思議がられる財務省のような、、
(勿論それは官僚サイドの法的権限との関係からそうなっちゃうんですが、、財務省も政治と両輪で動く前提ですから)
 ↑
結局財務省と仕組みは同じで(共産党独裁はエリート官僚独裁に似てますから)
政治の欠如=民主化の欠如が、この謎現象の原因と言えるんでしょう。
●失敗して崩壊するまで止まらない

周囲もいい迷惑というか、、
(仮に香港と台湾両方編入に成功しても、民主化デモ弾圧用の戦力が30万から必要って話で、双方で60万、これでインドカシミールでまた揉めればそっちも30万、南シナ海制海権なんてことなりゃそれだけで空母機動艦隊三個体制、東シナ海もってことになれば更に三個艦隊、第二列島線もとなれば更に追加で三個、→解放軍も無限じゃないでしょう。「成功したとしてもそれでオマエラ《その結果経済制裁って事になるのに》やれんのかって」→外需が期待できない場合は《日本のような内需経済持たない中国の場合》”列島改造論”みたいな無限に赤字の公共投資しか手が無くなるってのに、、「現状でもあの高速鉄道天文学的赤字らしいですよ」)

だから歴史に学べとあれほど、、、

かくかくしかじかで、
日本の政策として、軍拡競争は不毛だみたいな論議はありますが、
●全然そうではないのです(むしろ凄く有効)
北京政府としては、ただでさえそろばん勘定で「天文学的軍事予算」が想定されており、
カツカツなんですよ、
そこに余計な予算があちこちで増えるのは凄く困るんです、
(タイ、フィリピン、インドネシアがちょっと期待外れにありますが)
「日本、インド、オーストラリア、ベトナム、台湾」において、しっかり軍事予算を拡大して、
 ↓【重要なのはここ】
武器としての性能や戦略はひとまず置いておいて、
「その装備に対抗するために、人民解放軍の予算を最も圧迫するものに注力する」ことです。
(同時並行で経済的優遇を外し、投資も引き上げる)

金が無くなって膨張止まります


「頭冷やしてちょっと考えろと、」
(「米国にあれが可能だったのは地理的環境が大きいのであってさ、中国には最初から無理なことで”歴史も証明しているでしょ”」首脳会談でそのまんまベタに説明するしか手が無い。ほらダメじゃん何やってんの的に)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:48 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またもや陰謀論ですが(米国の話です)

2020年07月01日


件の『ANTIFA』云々にもちらっとですが、
BLM関連にも某有名投資家の名前が出ていますね。
(ええまた、ユダヤ人で、、、どうして彼らは何でもユダヤ陰謀論にアレするんでしょうね、、←興味ある方はググればすぐ出てきますので、)


話は逸れますが、シアトルの自治区に関しても、
左巻きのNYTまでが批判記事を出しており
(潜入ルポを挙げたんですよね、やはり犯罪多発・特にレイプがひどいという話)
どこで武器を仕入れたんだか、自動小銃ズラ〜な話にも及んでいるらしく、
完全に「文化大革命ごっこ」の様相だそうです。
(後日、それを放置した民主党系市長や知事は訴えられるのではないでしょうか?)


●あくまでも憶測ですが(というか勘です)、

左翼インテリ的世界に対する失望が背後で拡大している気がします
(ええ、世界的に→あまりにも無能過ぎる)
同時に、
「ゲームチェンジャーとなる、何かのピースが登場するのではないか」
とも、思うんですよね。

(それほどに欧米の現状はちょっと異様ですよ、、。日本の左翼メディア報道番組も、なんて言いますか《自分チにはTV無いもんで》昭和で言えば「うっかり間違えて教育TVののど自慢が映ってしまった違和感」みたいな「忌避感ほどでは無いにしろ、”場違い感”満載」になっているというか、、コメンテーターに対しても《得意の左翼キレ芸も》時代遅れの芸人さんを間違って見てしまった時の痛々しさというか、、、かなりヤバいでしょ。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:08 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか電車が混んできてますよね、、

2020年06月27日


テレワーク自宅SOHO、時差通勤はどうなってるんだー!
東京では実際感染者数も増加っぽい動きありますから、
これ何はあるかもですよ?

大手法人の一部は外圧が無いと体制変革起きないですから、
「従業員1000人以上の法人に、従業員3割の自宅SOHO勤務条例」←ないではない話かと
(※知事が選挙対策でその論議始めるだけで、動きが出てくると思われ)

●あくまで本業心理学屋の私見ですが
 ↓
「管理職は全員自宅SOHO義務付けたら?」
(パワハラも根絶して一石二鳥ですよ)


そうなるとうっかり見落としていたこともありました、
テレワーク自宅SOHO拡大は、新聞販売にも影響が出るかも。
実にいい傾向だと思います(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 02:00 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京サブカル都市を考える

2020年06月24日

retourの本サイトブログにちょっと書きましたが、
テレワーク自宅SOHOが想像以上に拡大する可能性と、
その時の東京がどうなるのか?
同記事では「東京サブカル都市」的な話を持ち出しているのですが、

それこそ「NYやLAは米国ではない」論なんてのがアメリカにあるように、
将来の東京が、主として外国からの文化的親和性移民などにより人口が維持される世界なんてのを考えてみました。
■この話って随分昔の過去記事でも触れていると思うんですが、
日本のみなさんは実感ないかもですが、特に東京の文化的自由さってのは世界的レベルにあり(意外と欧州などはファッションすら自由ではなかったりします)、文化的親和性からの移民希望者って世界的に存在していると思います。

仮にその時、日本がベーシックインカムで経済が回る超自動化産業国となっている場合、
生活の豊かさなる文化面の生産は「大きくフリーエコノミーに左右される世界」になっていると思います。
(近未来の話になっちゃいますが)
無料で無数に生産されるコンテンツやフリーソフトにより、通常のGDPに計上されない文化的資産がそれを担っていく。
ITの時代ですから(それこそ自宅SOHO社会なのだから)何も日本に移住しなくてもって話あるかもですが、、

あくまで私見ですよ、個人的意見です、
「『共同幻想』崩壊がスムースに進捗しない先進国は没落するのではないか?」と思っているんです。
(※『共同幻想』とは集合的概念というか、その代表が宗教的慣習や民族主義、地域ローカル地元意識やイデオロギーなど)

日本特有の嫡男総取”家幻想”の関係で、得意に発展した江戸文化は巨大なサブカル文明となり、ある意味江戸時代から「アンチ『共同幻想』社会」でした。
昭和なんて時代においても、地方で「東京に染まってはダメ」的に警戒された話には、それなりに根拠があったワケでして(笑
欧米においても昔っから「ウィーン→パリ→NY」と緩い都市を目指してクリエイターなどが移動を続けてきたのであり、現代社会で最強なのはそれは東京でしょう。
●それが急速に進まなかったのは、日本への移民がとても難しかったからだと思います。

保守系の方は警戒するかもですが、
私が考えている近未来の話って〜のは、ベーシックインカムとフリーエコノミー社会なんで「取り立てて日本にいけば金銭的に豊かなになるってことでは”無く”。且つ日本語が話せること(後、日本に親和性のある論文が書けるとかかしら)」←とくれば、移民を希望する階層は限らるだろうって思うのです。
きっとそんな時代には、米国なぞがすっごいインセンティブで一攫千金的な高技能者の移民を受け入れていると思うので(一般的労働でも稼ぐならアメリカ的に)、
棲み分け的に、日本の特徴が打ち出せれば「文化が破壊される」的心配は無いだろうと。

一説には、平安時代は外国人顔だらけだったなんて話もありますので、
東京サブカル都市化も日本らしいんじゃないかと、思うんですけどね(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:59 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ無人宅配システムが次々と開発されそうです

2020年06月19日

『流通の無人化』←大きなテーマだと思います。
「いくらロボットが優秀でも狭い小道の自宅前は無理では?」←と思いますよね
そこはそれでしょうよ、
導入や差別化は容易です。

●コンビニなどに設営されている拠点への配達は”送料半額”

「そんな事したら高齢者などは不利益になるのでは?」なご意見あるかもですが、
若い方はご存じないかもですが、既に電動補助付き手押しカートは存在しており、
散歩は健康のために誰にとってもベターなことです、
アクティブな高齢者の方には何も不都合ないと思います。

これは同時に、前述のコンビニへの商品搬入も自動化できることを意味しており、
(”こういう場合”は補助金でも何でも付けたらいんです)
大手運送会社は「巨大な無人流通拠点への設備投資」考えると思います。

■私の個人的意見ですが、
この無人車両を全て政府資金で調達し、流通業者へレンタルすればよいと思うんですけどね(収益はそのまま政府予算へ)。←産業ロボットもこの作戦で一気に進めるべし論者です。
(※農業でもそうです、外国人研修生という名の低賃金労働に頼るシステムはとても健全とは思えません。)

何が素晴らしいって、
一度このシステムが稼働すれば、
仮に災害があった時などにも(道路の破損で無人車両が走行できない場合)マッピングの情報を頼りにドローンでなんぼでも支援物資を送れます。←自治体の演習は必要かもですが、

国交省はそこをどう考えているんでしょう。
民間大手に先を越されて受取りロッカー規格がごちゃ混ぜになるのも困りものです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:26 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする