ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『分譲か賃貸か?』(心理学的補足)

2007年06月10日

本文は前回のメディアの話に予告したとおりretourの方に記事書いたところです。
http://retour.seesaa.net/article/44096200.html
http://retour.seesaa.net/article/44274960.html

ここスマッチでは編集後記的に『分譲か賃貸か?』その心理的側面を補完しておこうと、こういうワケです。
とかく分譲を巡る問題なんかを考える場合には、女性心理が欠かせません。
確かに現代社会の「共同幻想崩壊過程」の中において性差によらない自立ってテーマがそのまま現代民主主義の前提となりつつある中、性差による解釈がそうそう鉄板では無い論議なのは承知の上なんですが、男性における社会的階層へのコンプレックスと同様、未だに女性における『家幻想』を背景にした嗜好性はそれが残滓であってもまだ強く残っているのは事実であって、これを無視して論議する事は難しいのです。

以前にもこの点はさらっと触れた事があるんですが、幼児期の行動としても男の子はヒーロー物を中心にした遊びに傾斜する傾向がありますし、女の子は母親のマネや子供を持つ母親への同一化の延長にある人形やぬいぐるみへの傾斜傾向があります。
(リカちゃん人形にも「家」が登場します)
現実巷でも『結婚願望』と言えば、それは女性における論議であって(本来男性の結婚願望なんて話もあっていい筈なんですが)、その象徴に『家』が関わってくることは不可分の連想にもなっています。
一時流行したキャリア志向の女性がシングル向けマンションを購入するという現象にも、社会的成功と同時に”結婚”という一種の強迫的思考を代償満足的に解決する側面があったのは事実です。

実際問題高度経済成長時代のそれのように「一国一城の主(或いは一石一城の主)」的に男性が女性を妻に迎えるにあたって、それ(一戸建て)が目標として掲げられるほどの強さが無くなった事は確かですが、夫は新幹線で勤務先に通ってでも一戸建てを購入する事が一家挙げての目標だなどの時代が存在したのは事実です。
ここも一見男性がこれに執着したようにも見えるんですが、心理学的には男性には一般に社会的属性への不安が「女性に対する性的不安」と重なる部分が多いのです。
男性は一般に幼児期に感じた父親の権威性の強さを「偉い」と解釈しがちで(これは後に無意識化して「権威」のモデルとなり現実の父親像から分離する)結果的に母親を妻とする事のできる力として「偉い」からの連想「社会的成功」のような属性が必要なのではないかと無意識で感じているケースが多く、これが結果的に「出世願望」や「成功への欲求」等の反動形成に繋がりやすい一面あるんですが、その成功の形として「一戸建ての獲得」も強迫化しやすいと言えます。
これってつまり「喜ばれるから」を根拠とするので、男性の深層心理が意識しているのは女性の志向であって、当時の男性にはそれが「女性が喜ぶ事である=自分の女性に対する不安も解消する」と常識化していたことになります。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住まいのメディア論(後編)

2007年06月04日

とても意欲的だった編集者の方から丁寧なお詫びのメールとともに、この『ボツ』の報告がありましてですね(笑
この編集者の方ははとてもいい人で「原稿料の方はお支払いします」と(最終的にはポータルより「非掲載となったとの事で当初の依頼の半額」となったのはこちらも納得です)、
彼が締め切りに追われていたのも知っていたので、「なんか悪い事しちゃったかな」な思いもありつつーーの、「やっぱ最初に確認したところがポイントだったかしら」なやりとりとともにこの話は終わったのでした。
はい、確かに私の文章力の点もあったのでしょう。
そして、確かに私の表現がちょっと「遠まわし(だって一般的なんとやらとか表現のリミットつけたの向こうだし縲怐j」だった事もあったでしょう。ここがなんていいましょうか、そーんな雰囲気というか、専門にそのコーナーまかされている編集者の立場の辛さみたいなところにもポータルのスタンスを『どうなのかな縲怐H』と感じたのは事実なのです。

ここにはオチがあって、なんせ私が書いた記事は「今新築分譲買うのはやはり問題」な論調でありまして、背景として「現在の金融と、広告や不動産環境による消費者の誘導が結果として特定市場を形成している不透明感がある」のような話になっていて(中古マンションについては問題なんて言ってないスから「全てが問題なんて言ってませんよーだ」なんですが、、)、どうでんぐりがえしてもポータルに広告出している大手にとっては好ましくない記事なワケで。。
自分ながら「やっぱ無理だわなこりゃ」と思ったのです。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住まいのメディア論(前編)

2007年06月02日

話せる事と、これが又話せない事もあるんですが、又ここには話しておかなければならない事もあるうだなと(笑
何言っているのかワケがわからない方も多いかと思いますが、、、
へぇ縲怩チと、、今回はそんなメディア論のお話です。

そう極端な暴露話じゃないんですが、先日ちょっと面白い話がありました。
先日週刊誌のSPAに私のマヌケ面した写真とともに小さな記事が掲載されていたいのをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、以前のDIMEの記事もそうですが”不動産特集記事以外”の企画流れの話だと(SPAはretourのコンテンツ『間違いだらけの部屋探し』経由の取材で、DIMEは地下特集がテーマ)なんらベクトルのかかった話にはならないのですが、所謂ひとつの「なんちゃら不動産」てなポータルサイトになるとこうはいかないのです。

※はい、このブログは住まいを考えるな専門ブログポータルですが、記事の検閲や内容に関しての規制とかベクトルは一切かかっておりません。完全に自由投稿の形で運営されております縲怐Bサイト管理の関係で時々個人的には設定していないはずのコンテンツがサイドバーに突然登場しますが、これも管理上の話ですので(これは新ツールができるとサーバ運営側でまとめてサイドバーにアップされてしまうもので致し方ないところ)、意図的なものではありませんよー。

つい先日そんな「なんちゃら不動産」的ポータルサイトから原稿の依頼がありまして、ええ正直私が書いているブログは「御社のサイトのスポンサーを結果的に批判しているケース多いよ」と、ちょっとその依頼に驚いたワケです。
ところがそんな話を編集者に確認したところ(TV番組と同じでポータルサイトの各コンテンツは下請の製作会社に投げられている事が多い)「ええ、ブログを拝見してこれは面白いと、是非そのスタンスでお願いします」との話だったので(この編集者の人はとても感じのいい人で誠実な対応でした)、それでも尚依頼を受けたテーマがテーマだったので(分譲系の話)「うーん下手するとって言うか僕が現在の分譲に懐疑的なのは、ブログ読んでいる方ならご存知と思うけれど「ぶっちゃけ買うのは問題だって話になってもいいのかしら?」と更に確認したのです。
ここで製作会社はポータルサイドにこの点確認して「一般論的にこういったタイプの内容の募集は避けた方がいい的な表現なら・・」と回答もらい、説を曲げるわけでは無いのだからそこは微妙縲怩ネ表現でやってみようかと話に乗ったのです。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 22:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする