ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

日本の水回り信仰には水資源の優位性あっての話でしょう

2020年07月16日

飲める水がタダとは言いませんが(公園などの公共水道は文字通りタダ)同然で廉価に使い放題な国は世界でも非常に珍しく、その飲める水で頻繁に風呂入りって贅沢は(下手すると飲料水がガソリンより高い国もあるなかで)得難いものでしょう。
無駄に贅沢しているとも言いますが、水資源の潤沢さは工業系でも重要な要素だそうです、

日本人は住宅において台所から風呂トイレの水回りを重視しますが、
そこには「せっかく世界的な贅沢できるのだから」な側面もあったと、このような話です。
●そんな世界的事情は昭和では知られていなかったというご意見あると思いますが
「そこは生物としての無意識でしょう」
生物として気持ちのいいものは、人間と言えども気持ちがいいワケで、
欧米世界に比べ、自炊率が高いのもそこを背景としているでしょうし、

そもそも、この自然資源のファンダメンタルがあるから米作があり、
文字通りの自炊って生活もあったのだろうと思います。

■特にお風呂に関しては日本特有の心理的事情がありまして、
日本は欧米に比べて広く薄く『共同幻想(共有概念による)』社会を形成してきました。
(※日本以外の国はほとんどが宗教やイデオロギーによるハードな『共同幻想』社会)
文明化・先進国化により、この『共同幻想』社会は崩壊過程にあり”個性化社会”へシフト中ではありますが、その残滓はまだまだ効力を持っています。
さて、
昭和の日本人と言えば「お風呂でいい湯だな」ですね。
たとえ、自宅と家でも「お風呂の中には特有に強度の高いプライバシー空間が形成されます(この強度は半ば結界と呼べるほどです)」、
何か難しいことがあった時や、疲れを癒す時、人前では歌えない歌のひとつも、などなど、
高度経済成長バリバリの昭和の『共同幻想』社会においても、お風呂は”個性化”の許される空間でした。

実際retourブログでも過去から説明してきているように、
日本人の過度な「B・T別希望」や「無駄に広すぎる1DK」「どれほどコンパクトな住居にも洗濯機置場」などは(これがまた西洋建築の非木造MSにおいては)、どうしても不動産の合理性に矛盾するところがあるんですが(賃料割合で居室以上のコストがかかっている)、
戸建て志向の時代から「浴室を豪華に」って傾斜があったのも事実です。
●その関係から、水回りなどの建築コストも下がる木造建築を推奨してきたのですが(個人的にはMSより木造AP推しです)、

「世界的にもこれだけ飲める水を格安に使い倒せる国あるのか?」
 ↑
日本特有の贅沢を最大化とするならば、アリだと思うのです。
(※その場合、常に清潔にもしておきたいですよね。除菌系だとかメンテナンスフリー的に清潔が保たれる性能や、各種洗剤の日用品としての重要度など様々な備品への需要も高まるのだろうと。)
●現在世界的商品となっている「温水洗浄便座の登場」もそんな事情を背景にしたものでしょう
 ↓
そこがぐるっとまわって、非木造建築が新規建造物6割を超える昨今の「3点ユニット全然OK」な需要増の背景になっている気がします
(※3点ユニットだって日本の発明ですからね:欧米バスルームのミニマルコンパクト化ユニット)
(実際の問い合わせにおいてもB・T別マストのケースは減少している体感あります)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 19:28 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレワーク自宅SOHO拡大で室内バイクとかも売れるかも

2020年07月13日


「いや、散歩にいけよ」って話なんですが(笑

梅雨でしょ(微妙に自粛解除も完全じゃ無いし)
「傘もって散歩は著しくめんどくさいかなと」
探せばVRで屋外画像も見えるエクササイズ用バイクもありそうじゃないですか、
(何やら「サイクリング用VRというのがあるらしい」

椅子に座り続けているとエコノミー症候群の始まりじゃないですけど
足がむくむんですよね(高齢化とも呼びますが、、)
●簡単なのは「デスクの横にチューブでも置いとけ」ってことかもですが
そいいう室内バイクなら、
「ついでに発電してスマホの充電もできる」みたいなギミックも欲しいところ
既にそんな商品もありそうですね。


いずれにしても梅雨時は体が鈍るってか重い、
雨模様だと腰やら膝やらがアレなんで、
余計に出不精になるのでした。
 ↑
そういう意味で「無駄に広い部屋も悪くない」って説もあるのでしょう
(掃除が面倒って意見もありますが、必要にして十分な運動にもなるそうです)
●確かに家事労働だけで必要な運動も兼ねるのであれば(出不精向け住居性能の一部というか)合理性高いという見方もできますね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 15:56 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「破綻民泊か」って物件が散見されてる”気がします”

2020年07月10日


最近ウチがRENS調べている量なんてたかが知れてますから、
(自粛や景気動向的にこの間調査も限定的にしか行われていませんので)
あくまで”感触レベル”になりますが、
「あれ、この部屋も何故か家具付き」なんてーのを目にすることあります、
(その状態で売却されたものじゃないのだろうかと推察しているのですが)
これは破綻民泊かなと、
 ↑
このビジネスモデルはシェアハウス同様に【最初から無理のあるもの】で、
事情を理解している事業者も「短期に(この場合の短期の目安は”10年”)収益確定して売却を視野に投資」していたんです。
言うまでもなく素人が手を出すものでは無い。

現在ホテル業界の営業がどちら方向に動いているのかわかりませんが、
「宿泊業且つ収益が見込める」のですよね?
資本や営業ノウハウから考えても旅館・ホテル業の本丸そのものじゃないですか。
(シェアハウスは一般の賃貸業が主体)
「民泊やシェアハウスというのは、経済のファンダメンタルが追いつくまでのタイムラグを狙ったスキマ産業」だったことは確かです。
●私は分譲マンション管理組合情報にはうといのでそっち方面はわからないのですが、民泊等の利用は各組合ともに規制の方向に動いていると思います。

一般の方はご存じないかもですが、
昭和往年の時代からハイレベルなRC造マンションの建築は「ホテルか賃貸両睨み」であったり、
分譲の世界に目を向けても「GHQ向けなど最高級は(会員制を維持する狙いもあり)販売は”せず”、賃貸限定(当時の目から見れば分譲販売されている時点でワンランク落ちる)」でした。
※オリンピックの選手村からの分譲販売みたいな方式は案外”それらしいやり方”なのです
●賃貸住宅そのものが、相当複数の背景を持った懐の深いもので
構造的に大手が参入しなかったのは「ウィークリーマンションやシェアオフィース」ぐらいでしょうか。

こんな事言うと叱られそうですが、
人には寿命がありますので、住宅を考える場合
「自分の寿命との逆算+相続税はどうなの(そもそも相続対象者の有無)+その後の利用計画」←などがベースになるもので、基本コストはます賃貸で考えるのがクレバーです(資産リスクも皆無ですし・インフレデフレ含む景気連動型です)。
※勿論上記は東京など都心生活者の場合で、地方などで「先祖伝来の不動産がある場合」はまた別の話になります。=「都会生活は賃貸ベースで」の結論となる(逆に言えば老後を地方で考えるなら”廉価ではあっても”購入ベースで考えなければ難しい一面もある)

旅館・ホテル業や、賃貸業は「個性化の時代」に向け、
もう一歩の選択の多様化に合わせた開発が必要なんです。
(そして営利企業ですから追いつくと思います)

■当社への営業FAXでなかなか意欲的と思ったのは、
「高齢者専用保証会社」の取り組みで、
事実上24時間管理付帯サービスに近いもので、定期的な健康状態の確認なども行うというもの。
(中身的に、確実にここ将来はAI化も可能だと思いますね)
警備会社や介護サービス業などとも経営連携すれば、「高齢者一人暮らし支援の民間サービスパッケージ」となる可能性も感じました。

インバウンドに関しては今回のコロナ騒動で「完全に回復させてよいもだろうか」も論議されるでしょうから、今後どうなるを安易に予測はできませんが、
基本「長期滞在をベースにするものに変化していくだろう」と読んでます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:10 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは凄い情報ですよ(武田教授だけだのNGな方へも理解が深まるかと)

2020年07月05日


動画見た方が話が早いのでまずどうぞ

マスコミ ボー然!日本を騒がす科学者 頂上対談 第1弾!(ウイルス・科研費・東大・NHK・温暖化・リサイクルのホントの話)


(拡散希望)

ある意味今回の感染症”騒ぎ”そのものが陰謀というより”異常”なのではないか?という着想、
そして背後で動く”金の話”、そして科研費に代表される大学の研究課題の怪しさ(ファッション業界張りに”今年の流行”が事前に案内されるトンデモ話)、両者を合わせて考えれば某ノーベル賞教授のアノ動きや、「今回のコロナ感染症騒ぎが”極めて政治的で情報戦に近い現象”」であったことがよくわかります。

■判断する上で最も重要な公開情報
7/5段階、東京の重傷者は9人
7/5段階、全国統計重傷者は33人

 ↑
この感染症で再び経済止めるとかメディアで論議されていること自体が

ほとんと”オカルト”です

(何かほかの目的でもあるのだろうかってぐらいの話)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直なところ中国共産党が何をしたいのかがわからない

2020年07月04日

文化大革命に代表されるように「歴史を大事しない(その都度焼いてしまう)」にも関わらず、過去の歴史で一番支配地域がデカかった時代を固有の領土だと言ってみたり(いやいやその王朝も拡大しすぎて滅びたんじゃ、、)、経済重視(=非軍国主義)なのかと思ったら軍備拡張に躍起で(主として拡大する支配地域を抑えるためなんですが、、拡大するほど無限に軍隊が必要になるワケで)、領土的野心が大きすぎて周辺国と経済関係が悪化し、成長が止まると、、。
 ↑
個人としてはちゃんと判断能力があるのに、組織になると不思議がられる財務省のような、、
(勿論それは官僚サイドの法的権限との関係からそうなっちゃうんですが、、財務省も政治と両輪で動く前提ですから)
 ↑
結局財務省と仕組みは同じで(共産党独裁はエリート官僚独裁に似てますから)
政治の欠如=民主化の欠如が、この謎現象の原因と言えるんでしょう。
●失敗して崩壊するまで止まらない

周囲もいい迷惑というか、、
(仮に香港と台湾両方編入に成功しても、民主化デモ弾圧用の戦力が30万から必要って話で、双方で60万、これでインドカシミールでまた揉めればそっちも30万、南シナ海制海権なんてことなりゃそれだけで空母機動艦隊三個体制、東シナ海もってことになれば更に三個艦隊、第二列島線もとなれば更に追加で三個、→解放軍も無限じゃないでしょう。「成功したとしてもそれでオマエラ《その結果経済制裁って事になるのに》やれんのかって」→外需が期待できない場合は《日本のような内需経済持たない中国の場合》”列島改造論”みたいな無限に赤字の公共投資しか手が無くなるってのに、、「現状でもあの高速鉄道天文学的赤字らしいですよ」)

だから歴史に学べとあれほど、、、

かくかくしかじかで、
日本の政策として、軍拡競争は不毛だみたいな論議はありますが、
●全然そうではないのです(むしろ凄く有効)
北京政府としては、ただでさえそろばん勘定で「天文学的軍事予算」が想定されており、
カツカツなんですよ、
そこに余計な予算があちこちで増えるのは凄く困るんです、
(タイ、フィリピン、インドネシアがちょっと期待外れにありますが)
「日本、インド、オーストラリア、ベトナム、台湾」において、しっかり軍事予算を拡大して、
 ↓【重要なのはここ】
武器としての性能や戦略はひとまず置いておいて、
「その装備に対抗するために、人民解放軍の予算を最も圧迫するものに注力する」ことです。
(同時並行で経済的優遇を外し、投資も引き上げる)

金が無くなって膨張止まります


「頭冷やしてちょっと考えろと、」
(「米国にあれが可能だったのは地理的環境が大きいのであってさ、中国には最初から無理なことで”歴史も証明しているでしょ”」首脳会談でそのまんまベタに説明するしか手が無い。ほらダメじゃん何やってんの的に)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:48 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またもや陰謀論ですが(米国の話です)

2020年07月01日


件の『ANTIFA』云々にもちらっとですが、
BLM関連にも某有名投資家の名前が出ていますね。
(ええまた、ユダヤ人で、、、どうして彼らは何でもユダヤ陰謀論にアレするんでしょうね、、←興味ある方はググればすぐ出てきますので、)


話は逸れますが、シアトルの自治区に関しても、
左巻きのNYTまでが批判記事を出しており
(潜入ルポを挙げたんですよね、やはり犯罪多発・特にレイプがひどいという話)
どこで武器を仕入れたんだか、自動小銃ズラ〜な話にも及んでいるらしく、
完全に「文化大革命ごっこ」の様相だそうです。
(後日、それを放置した民主党系市長や知事は訴えられるのではないでしょうか?)


●あくまでも憶測ですが(というか勘です)、

左翼インテリ的世界に対する失望が背後で拡大している気がします
(ええ、世界的に→あまりにも無能過ぎる)
同時に、
「ゲームチェンジャーとなる、何かのピースが登場するのではないか」
とも、思うんですよね。

(それほどに欧米の現状はちょっと異様ですよ、、。日本の左翼メディア報道番組も、なんて言いますか《自分チにはTV無いもんで》昭和で言えば「うっかり間違えて教育TVののど自慢が映ってしまった違和感」みたいな「忌避感ほどでは無いにしろ、”場違い感”満載」になっているというか、、コメンテーターに対しても《得意の左翼キレ芸も》時代遅れの芸人さんを間違って見てしまった時の痛々しさというか、、、かなりヤバいでしょ。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:08 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする