ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

関西の感染拡大ってのは、本当なのだろうか(DATAで見てみる)

2021年04月06日

若干タイムラグはあるんだけど、比較しやすいって意味で以下東洋経済のDATAから分析
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
後半部分の都道府県別で東京と比較してみると

確かに関西圏の”陽性者数”は急激に増えているように見える。
重症者もグラフ的には増加傾向なのだけれど、
実数が一日あたり2人だったのが12人に増えたぐらいなので、
「陽性者600人に対する、重症率は2%(98%は軽症)」
(急激な増加が最近のことなので死亡者数の増減はこれからだと思いますが、こちらは5名以下で変動無し)

※同じように陽性者は増えている、奈良や兵庫においては重症者の変動はほとんど観測できず、死者数は(勿論タイムラグありますが)減少傾向


比較して東京は
要請400人に対して平均すると1日2名程度なので
こちらは「陽性者に対する重症率0.5%(99.5%は軽症)」
(死者数は、以前の感染者が多かったこともあり、ついこないだまで20名前後でしたが、昨今は10名以下に減少中)

一概に上記だけでは判断できませんが、
陽性者(暴露しただけで感染していない人も無症状感染者扱いを受けるため目安であって=感染者を意味しない)、確かに増えてますが、
大阪府でそれを裏付ける医療DATAは重症者が8名程度増えたって部分だけで、
この8名って数字的に優位な数字では無いですよね(8÷大阪府の人口882.3万だと、%で表示できないレベルのことなんで)。
●感染者が増えているのは本当なのだろうか?

■統計上重要な鍵はこちら
東京のPCR検査数は概ね平均1日8千件程度ですが、
大阪はここ最近急速に増えていることもあって多い日は1日1万5千超えてるんです
(人口約930万東京の2倍)大きく陽性者増が確認される前3月頭から検査数がぐいぐい増えている。この検査ct値(検査時の増殖率35倍以下の厚生省の通達徹底されてるのかしら)ちゃんと確認取れているんだろうか?
勿論、確定的なことは何も言えませんが、
現状のDATAだけでは、
「確実に感染者が増えいているとは断定できない」と思うんですが、、?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:39 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする