ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

小音量オーディオの音質はやはりスピーカー能率が大きいかと

2021年07月29日

私が北海道実家で実験的に運用しているオーディオは、それはそれは40年選手のシステムオーディオをベースに「ユニット全部入れ替えSP」+「音源は音楽再生専用ノートPC」という構成です。
帰省した折にはそのオーディオルームを自宅SOHO仕事部屋的に使用しているんですが、
遮音に関しては無問題にしても、深夜に大音量というのも非常識ですし「そういう時間帯は小音量の方が集中力も高まる」ものです。

話はスピーカーユニットの全面入れ替えに戻りますが、
そこはそれ、帰省時にしか使用しない機材なのでパーツの入手は「ヤフオク中心に気ままに集めた構成」なので、狙ってそうしたものではありません。
●で、偶然どんなユニットが集まったのかと言えば
某楽器系メーカーPAスピーカーのホーンツィーター(スペックは公表されていないと思います)
箱のベースは20pフルレンジ系ウーファーだったのですが、
なんとか入りそうってことで、
某英国スピーカー専業メーカーのベースギター用交換用25pフルレンジユニット(非売品、能率は類似するシリーズのカタログから類推すると100db越えの筈です)、
これらをコンデンサーだけの6db/octの2wayで組んだものです。

昭和の真空管アンプでも大音量が出ようかって能率ですが、
いやいや確かに小音量でもレスポンスがいいのです
(最近市販のSPと比較すると同じアンプのボリューム位置で10倍近くデカイ音する能率です=微細信号に対して追随するレスポンスの高さを意味する)
サブウーファーも接続しているので音が細くなりにくい部分もありますが、
日中大音量で鳴らすことが楽しくないとはいいませんが(笑
(腰据えて音楽だけに集中するならヘッドフォンのが上だったりしますし)
夜に高能率SPを小音量で鳴らすのは”なんともいい気分”ですよ、お薦めです。


※楽器用などの高能率SPユニットを正規ルートで狙って買うときには
サウンドハウスで廉価に入手できますよ
https://www.soundhouse.co.jp/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 13:33 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする