ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

河野太郎立氏候補しちゃいましたねw(左派なら河野氏を推します)

2021年09月11日

これで麻生さんは「お前さ誰のための大宏池会構想だよ」っことなっちゃいましたね、
(ある意味”大宏池会”って、加藤紘一と対決して派を出ることになった河野洋平の仇討みたいなもので、加藤の乱で側近だった岸田氏を配下に置くことで麻生派の勝利を意味する。)
「息子のお前が、派の意向を分裂させちゃうのか?面白いねぇ、やるなら頑張れよ」
ってことで、「派閥の力とかいりませんから」
=「あーあ、もう大宏池会構想もこれで終わりだ」麻生さんもすっきりしたのではないでしょうか。

河野太郎支持で麻生派が岸田派宏池会より少ない人数で合流しても、
古賀さんの大宏池会「ゆくゆく林芳正君が総裁候補だ」←この兵隊にされるだけです。
麻生さんとしてもそこまでやる義理も無いでしょう、
●麻生派は高市早苗氏に乗ると思います
(河野氏VS高市氏の決選投票の場合はどうなるのかわかりませんが)

河野太郎氏がどういう根拠で戦うのかまだわかりませんが、
(河野支持派は、石破派や二階派の抱き着きを迷惑がっており、本気で支持するなら派を割って出てきてくださいって話になると思います。)
世論調査を背景に、党員票による勝利を狙うなら「そう簡単では無い」でしょう。

私は「左派なら河野氏、右派なら高市氏」なので(少し前まで河野待望論者でした)、
本来は両者の決選投票になってくれたらもう十分なのですが、
●先日お伝えしたように高市氏は今回の感染症の認識について裏の陰謀論まで理解されていることから、今回はなんとしても高市氏に頑張っていただいたいと、
「ひょっとして河野氏が麻生氏の考えを汲んで立候補断念してくれたら」思っていたのですけどね、、

決選投票に誰が残るのかすらわかんなくなっちゃいましたね
(個人的には《能力はともかく》岸田氏も嫌いではありませんから、まーまー楽しい総裁選ですよ。石破氏の立候補が無いだけでどれほど気持ちが楽かってwwだって《圧倒的勝利でも無い限り》負けた側も重要閣僚登用あるでしょ、岸田さんに至っては最後の総裁選かもしれないし。)


※最後に保守派支持のみなさんへ
河野太郎氏女系容認説は青山繁晴氏の保守系議員グループ「護る会」記者会見により明快に”誤解である”と伝えられており(青山氏からも河野氏も本意では無いなら表現のやり方があった筈だと苦言も伝えたとのこと)、極端な左翼認定は間違いだと思います。
河野太郎氏は左派ですが、朝〇新聞みたいな左翼じゃないでしょう。
それで不安感が全て払しょくされることは無いですが、レッテル貼りはいかんでしょ。
(あの発言の時には私も”終わった”と思いましたが、皇位継承巡る認識としては有識者会議水準の危うさという理解が妥当かと)

また、高市氏の政策の一部が(揚げ足取る形で一部報道されてますが)正直なところまだ十分に煮詰まっておらず、(それは総裁選に出ようなんて最近のことですから)フラフラしている部分もありますが、大きく筋を外れることは無いと見て問題無いでしょう(応援してる周囲の議員もダメ出ししてる部分まだあります)。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 12:41 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする