ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

安倍首相が亡くなりました(米国式に元では無く首相とお呼びしてます)

2022年07月09日

<心理学ブログ、住まいと同時掲載>

私はメディアに殺されたと思ってます。
容疑者はどこぞの宗教団体関係者だと思ったなどワケのわからないこと言ってますが、
言えば、メディアの人格否定デマ報道の連発で、
(特に朝日系・毎日系のそれは執拗で悪質でした)
「安倍のせいだアベガー」という(これインナーサークルでやれば完全に悪質なイジメ)レッテル張りネタに妄想めいた物語を乗っけていたんでしょう。
※ジャーナリスト須田氏の伝えるところによると、この日予定変更緊急登板だった安倍首相の応援演説を知っていた人は地元でも限られており、容疑者が安倍首相を予め狙っていたのか疑問があるとのこと。しかし、容疑者はしばらく演説を聞いておりそれが安倍首相であることを確認した後に撃っている。
メディアのヘイトが全く無関係であるとは言えないだろう。

安倍首相はひょっとしたら(11月の中間選挙後に)特使としてウクライナ紛争を終わらせる役割もあったかもしれない、極めて国際的信用の高い今世紀を代表する政治家でした。
外交の世界では「トランプ大統領の筆頭補佐官」とも呼ばれており、
誰よりもプーチンと会談していた。
仲の悪いメルケルとトランプの間をとっていたのも安倍首相で、
忘れている人もいるだろうけど、それが二階さんへの忖度なのか知らないけれど、
コロナ前には習近平会談も控えていた(あれほど対立関係であっても向こうから擦り寄ってくるところに追い込んだとも見て取れる)、
●メディアは安倍首相が海外から高く評価どころか頼られていたことを
意図的に”ほとんど報道しなかった”


そもそもハト派とも左派とも言える菅氏とコンビを組んでいたことからも、
彼は人材本位政策本位で考えており、右翼だなんだの評判とは別に自分のことをリアリストと考えていただろうことがわかる(右翼が《経世会から宏池会の古賀氏(護憲派)に拾われた》ガースーと組むのかよ、、)。
トランプ政権では珍しく米国が戦争しなかったと言われてるけど、
 「トランプ・安倍体制が」だろ、

安倍ちゃんは俺が卒業した四流大学の仲間みたいなとこ出身で、
何か個別のシンパシーあったんだよね。
そして、今日
ヤクルトファンの安倍元首相を高津監督が追悼「本当にヤクルトのことが好きなんだなと感じました」
https://hochi.news/articles/20220708-OHT1T51240.html?page=1
<報知のなのはちょっとアレだけど一部引用>
試合後、取材に応じた高津監督は「ヤクルトの昔からの歴史、90年代の強かったことであったり、野村監督のことであったり、すごく詳しくて、本当にヤクルトのことが好きなんだなと感じました。すごいしゃべりやすい方で、首相ですけれど、いばったようなところもないですし、接しやすい方でした。


あーー、、安倍ちゃんも野村黄金時代に手練手管で「《戦後レジーム》ナベツネ読売巨人軍」を倒すヤクルト応援してたのかと、、
密かに「2024年のトランプ再登場に合わせて、安倍第三次政権も」なんて思っていたのだけど、
次のトランプ政権の方も心配になるわ、、、

ご冥福をお祈りいたします

→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 03:06 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球やサッカー日本代表関連に見られる世代交代感

2022年07月06日

サッカー日本代表の方はイマイチわかりずらいんですよ(ネット界隈からのポイチ批判ってのがどこまで拡散しているのかちょっとわからないので)、
しかし日本プロ野球会で起きている現象とそれは相似形です。

単純化して言えば「古い体育会的体質の否定」です、
プロ野球においては、ヤクルトスワローズや日本ハムファイターズが古い体質かって相手チームを倒す状況が(プロ野球は試合数も多いだけに)連発しています。
日本ハムは最下位独走、ヤクルトはもう優勝決まったかと両極端ですが、日本ハムも相手がエースを立ててきた試合に限って連勝するなどダメージを与えており、
勿論、その背景には大谷君の存在があります。
(ヤクルトの高津もハムの新庄もMLB経験者であり、同時に野村監督門下生でもある。楽天の石井がどうなのかわかりませんが、《野村監督門下生ではありませんが》ロッテの井口監督にもその雰囲気感じます《投手起用のベースはMLBと野村門下の吉井でした》)
「欧米ガー」って話では無くて、様々な知見をもっているということです。
彼らは素朴にリアルスポーツとして現代プロスポーツとは何かを考えている。

特にセリーグを独走するヤクルトの存在はプロ野球会そのものを変えるかもしれません。
昭和の野球会であれば、その敗戦も(松坂世代までは”リベンジ”なんて言葉で語られ)闘志に変えてなんてな景色ありましたが、
最近のそれは違います「相手が鬱になるほどダメージ受けてる(負け方が洒落にならない)」
●これまでの体育会的体質そのもの全てが間違いでは無いが、受け取り方というか理解が根本的に間違っていたのではないかという問いかけになっている。
※敗戦の罰で休日返上のチームもまだ存在している傍らで、ヤクルトは(産休や働き方改革じゃないけれども)「強制休養」を出しているという皮肉な図です。

●事実、高津と吉井が実施した「高卒投手の育成、中10日以上」
これは一気に球界に広まり、
「中継ぎ投手の三連投を避ける」傾向も定着しつつあります。

プロスポーツは社会の実像を目に見える形で観察できる面白い存在で
時代が大きく変わりつつある雰囲気を感じますね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:20 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強のSDGsがあるとするなら(ブラックジョークです)

2022年07月01日


EV車のバッテリーを(自宅ソーラー発電の)ホームバッテリー活用するスマートグリッドなる方法が論じられていたりますが、ものは考えようです。
キャンピングカーとまではいかなくても、寝られるぐらいのワンボックス車両であれば。
・帰宅したら、
・ホームバッテリーとして充電完了した車両で、
・寝泊まりする(笑
 ↑
下手すると、電気使用量0円生活も可能かもしれません。
(室内容積がコンパクトなので使用電力量も最小)


強いて言うならばこの車両に断熱性能があれば最強でしょうね。
事もあろうか、そのままコンビニに買い物とかもいけちゃいますから。

こうなってくると自宅はソーラー発電と、バスルームとランドリールームが充実していればいいことになるので、平屋が効率的(ソーラーパネル保全のためポリカーボネイトの《ビニールハウス的な》構造も欲しい《というかその空間で冬はトマトぐらい作れるかも知れませんぜ》)。
■トヨタはね、むしろ冗談半分で、
 ↓
これぐらい思い切ったSDGsコンセプト車両と(むしろオマケ的に)”住宅キット”をセットで出すとウケるかもしれませんぜ
(存外に「オンボロAPと特殊車両」なんてコンビもアリなのかもしれませんね、、)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:39 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする