ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

「ウクライナ紛争」についての情勢分析(ウクライナ攻勢の意味)

2022年09月17日

ヘルソン地区というのは、当初ロシア軍の侵攻があった折にほぼ無血で占領された地域で(どうでもよかったとは言いませんが)、その後もある程度の守備陣形はあったのですが、主戦場では無いためロシア軍も手薄だったと思われ(ウクライナの南部侵攻は米軍によるシナリオだと言われています)、想定以上の成果をあげている形になっているんですが、これが微妙なんです。

ロシア国内にも勿論民族主義者世論ありますから、
(むしろプーチンは8年間のドンバス内戦でこれを抑えていたとも言われている)
欧米主導の「ウクライナ軍ヘルソンで勝利」報道で動揺している動きがあると言うんです。
すると、どうなるのかって、
(ロシアには多数のウクライナ人がおりますので、各地に親戚関係があり、あれでもロシア軍は民間人への犠牲を最小するよう慎重に作戦を進めており《シリア内戦のような大規模空爆をしていないの意》)
「民間人の犠牲を気にして中途半端な攻撃に終始しているのをヤメロ」←俄然この世論が高まる可能性があるんです。
インフラなどに攻撃範囲を拡大し、ウクライナ軍の配備を分散させるべきだと。

■みなさん気が付ていると思いますが、
今回の「ウクライナ紛争」はこれまで経験したことのない不思議な戦争となっておりまして、
・ウクライナ軍はロシア本土に着弾しないように極力注意している
・ウクライナを支援する欧米首脳が普通に航空機でキエフに着陸できる(ロシアは飛行禁止区域の設定など大規模な制空権を設定していない)
 ↑
「戦闘行為は前線でだけやろうな」という暗黙の合意でもあるかのような戦争です

で、その主戦場の設定が「ドンバス地方」だったため、
(それもおかしなルールなんですが、ロシアとしてはキエフ包囲した時も突入せず包囲し圧力をかけるだけだった《ウクライナ軍を首都に張り付ける陽動作戦とも言われています》)
え、ルール変更で南部でも大規模戦闘やるの?
(ロシア軍の混乱は今ココ→「全面戦争になっちゃうのか?」《ウクライナ軍もバンバンロシア本土に攻撃しかけるなど》)

【この表現はどうかと思うのですが】
今回の戦争という暗黙のルールが(ドンバス攻防戦)、壊れ戦域が拡大しつつある(バイデン政権の思惑もそこにある)、それはロシアも追い込まれるでしょうけど、、、
状況は微妙に不透明になってきましたね。


posted by kagewari/iwahara at 22:45 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一部売買に値下げの動きか?

2022年09月15日

定期的に情報提供のある中堅管理会社さんの情報だけなので、
果たしてどこまで相場を反映しているのか確信は無いのですが、
(retour本ブログなどでも触れていると思いますが、コロナ以降不動産流通が停滞している感触がある状況下での話です)
価格再設定な動きがあります。
賃貸の『夏相場』と違い、売買に買いのシーズンなどありませんが、このまま流動性の回復を待っても採算に合わないボーダーラインがあるのかもしれません。

不動産市場が停滞している場合、値段を下げたからと言って反響が増える保証は無いため、コンサル的には「待つのが得策」という答申になります。それでも尚価格再設定の動きが一定の規模感であるということは、業界内で何らかの動きがあるのか、「待つにしても損益計算のボーダーラインを超えたのか(なんとしても進めたい)」いずれかだと思うんです。
※この間岸田政権において不動産流通への梃入れ政策があったとは記憶にありません

冒頭記載のとおりで、
総合的にどこまでこの相場感が有意なものかはかわからないのですが、
自宅の購入などを中古売買市場で考えている方への情報提供となります。
(前述説明と被りますが、現状投資向け購入には適さない状況です)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 19:18 | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者向け設備としては(寝たきり防止)”移動機能”が欲しいですよね

2022年09月13日

ええ、車椅子に依らない方法として。
(歩く歩道ほど大袈裟で無くてもいいですけど)
TOYOTAもHONDAもそういう室内向け移動設備のアイデアないのでしょうか。
イメージとしては「バリアフリーの延長」だと思うんですよ。

ついでに「自動分別した上で、ゴミ捨て場まで運ぶロボット」も欲しいですね。
(それ1台あるだけで介護ヘルパー一人減らせます)
まだまだできることあると思うんです、
設備やロボットでそれを補うことができれば=高齢者の自立支援の助けになります。

住宅メーカーには「コンパクトな新しいユニットの開発」があるべしで、
3点ユニットを超える、
「トイレと脱衣とシャワーと選択が一度に可能となるようなオートシステム」
ギミック的には既存の技術でも可能な気がします。
まだまだできることはある、素朴にそう思います。

何か殊更に人員やお金がかかる方向で、
そういう話を耳にする高齢者の方は憂鬱になるばかりだと思うんですよ。
何故って、TVCMにどれだけ「機能回復系薬の通販」が多い事か、
それだけ(自立支援の)ニーズは高いってことなのですから。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 16:18 | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャールズ3世王で英国は変わるのか

2022年09月09日

私、チャールズの人物像がまったくわからないのですが、
少なくとも、英国の対中国強硬姿勢が習近平英国訪問の折に、
エリザベスの「なんて失礼な男なの」発言からというが伝説となっておりますが、
(習近平はスーツの着こなしや上流階級での立ち振る舞いなどコンプレックスがあるとも言われている)
私はそこでは無いと思います、
英国におけるKK(小室圭)問題である「ヘンリー王子、メーガン事件」です
どうやらこの動き他の王室にもあるのかな?
(狭い世界なので各国王室と皇室の間には濃密なコミュニティーがあるとのこと)
所謂左翼リベラル系によるハニトラのようなことが各国王室に浸透し、
英王立海軍は、虎の子の旗艦空母クイーンエリザベスを中国海域に派遣した(海上自衛隊と今後も連携するという噂もある)

あれれ、よく考えてくださいよみなさん
やり過ぎるジャーナリスト篠原氏はすっかり今や秋篠宮批判に至ってますが(事は川島家との縁談から始まった的に、、、いや待てよ正田家からなのか、、)、
エリザメスも思ったでしょう「事はダイアン妃から始まってないか」
(ダイアンがらみで叩かれまくっていたのはチャールズです《思い出してください、そうえいばダイアン妃の事故を悼んで集まった文化人や芸能人って、、、》)


「チャールズ、誰がキングなのか教えてやりなさい」
(相当言われていたと思うんですよ)


■現代に王権なるものが形を伴って残っているとは思いませんが、
”概念”だけでも世界は変わることがあります。
伝統文化の証明としての王権は存在するでしょう(そうであったものとして)
「ウクライナ紛争」ではすっかり裏で糸を引く悪役になってる英国ですが、
(※英国のウクライナ介入は、親中依存しまくりで一帯一路の要であったウクライナを西側に引き込むのが当初の狙いだったのかもしれません《ww2から毎度のことポーランドを梃にしたドイツへのけん制もでしょうか》→それが気が付くと反ロシア戦争の先兵になってしまい、、、「今や”何やってんの”」な話なってます)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 13:43 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保守系論者のみなさんも「まあ落ち着いて」(バタバタする局面でも無いと思いますよ)

2022年09月08日

私の政治姿勢は自称保守リベラルだと思っていますから、岸田政権にも大きな期待はもっておらず(大事な事ですかそれでも安倍首相は彼と友人だったのであり)、菅政権もどっこいどっこいなところあったワケで、「そこは織り込み済みの話」でしょう。
今驚いていたらどうかしています。
安倍首相は存命中にも「宏池会を許さない」とか発言していないワケで、
まだまだマスメディア情報に右往左往する有権者も少なくない日本で政治的にできることは限られているのです(保守系論者のみなさんが烈火のごとく怒ったところで何かが変わるとかありません)。
※河野太郎氏についても安倍政権で外相に起用されていたことを忘れてはいけません

■むしろ期待すべきは、フェイクニュースなメディアの一角が倒産とまでいかなくてもかなり弱体化しており、力を失うのも時間の問題であることです。
(いくら何でもコロナ以降の報道は酷すぎました)
なので「岸田政権ガー」とか『興奮』しなくても大丈夫ですよ。
期待値としては、ここが一番大きいように思います。
(※だいたい米国で起きていることは日本でも起きますから)
仮にトランプ第二次政権が何らかの陰謀で阻止されてもフロリダのデサンテス知事が大統領になるだけなので、何の問題もありませんし(安倍首相を首席補佐官代わりに使えないトランプ大統領にも心配なところありますから)、欧州含めグローバリズム左翼的な政治運動は退潮の方向にあります。

●更に補足すると、現代では東大などでも公務員キャリア志望は減っていると聞きます「財務省による支配の構造」も時間とともに崩れていくでしょう。


「安倍首相亡き後、自民党をとにかく勝たせる必要も無くなった」のですよ。
(言い換えると「あの自民党に期待するしかなかった」時代も終わる)
みなさんご存じのように自民党は本来利権分配が得意なリベラル政党であり(地方交付金分配党)、真面目に経済学や安全保障を考える議員や、党内保守勢力は必ずしも力を持っていたのではありません(そこを安倍首相がバランスとっていた)。
これで安心して必ずしも自民党に投票しなくてもよくなったのであって、
参政党に限らず、新たな保守政党が登場する可能性もあります。
●現状の自民党の状況から離党と言わなくても、選挙に負ける形で自民から離れていく元保守系議員は少なからず出てくる筈で、受け皿と言っては何ですが将来そういう動きも出てくるでしょう
●左翼政党が支持を失っていくのも既定路線です
 ↑
(何も慌てる要素はどこにも無いですって)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 17:25 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田政権の支持率低下は「思惑通り」と申しましょうか、、

2022年09月03日

※今回は政界妄想みたいな話ですから興味無い方はスルーでお願いしますww

「内閣改造で(国葬外交の後に)秋には解散」なんて噂話が消し飛びそうです
宗教関係のメディア批判が効いてるとか言ってる人いますけど、
全然違うと思います。
その批判を受けての対応と言うか内閣としてのガバナンスが(関係を絶つ・開き直るでも何でもいいんですが)見えてこない=コロナ感染症の件もそうだが「内閣の実行力に疑問符がついてる」って話です。
※なので密かに内閣改造で菅前首相の副総理の噂が出た時に「麻生さんと調整できたのかな」含めて、期待感といえば語弊あるんですが、やる気を見せるのかと思いきや、立ち消えとなった。
(ここでアウツかな、、)

あまり目立って報道はされていないようですが、
岸田内閣のレームダック感はかなり強まっており、仮に菅氏が一定の勢力を誇示できれば(菅氏は本籍リベラル左派で河野太郎氏擁立しているぐらいですから)左派宏池会の岸田首相の党内地盤はグラつきます(経世会がそっちに乗るかもしれない)。
安倍首相という接点から、仮に党内保守系が菅氏と共闘するなら岸田政権は崩壊してしまうでしょう(河野太郎と高市早苗が共闘するのは考えにくいことですが岸田降ろしで一致するなら”そこだけ”動き出す可能性はある《二階さんならそう思う》)。
※保守派としても、岸田氏退陣の後に宏池会が林外相を会長とするなら「親中宏池会だけはNG」って流れが余計強くなる。大宏池会構想のあった麻生氏には頭の痛いところです。

●さてここで現在進行形のトピック
一部保守派論壇は「統一教会関連で岸田政権が安倍派解体を図っている」という見方がある
もう一点、篠原情報ですが、オリンピックの賄賂問題で特捜部が安倍派顧問である森喜朗氏を捜査対象としているという噂。
この点から「岸田政権が自民党保守派潰しに動きガチで親中派を名乗ろうとしているのではないか」という話もあるんですが、【ちょっと待ってください、そんなことして岸田首相に何のメリットがあるんでしょう?】
 ↓
清和会を潰すのは結構ですが、清和会は自民党最大勢力です、それを潰すってなれば政権運営すら怪しくなるだけでなく、自民党分裂なんてことが起きてもおかしくないスケールの話になってしまいます。岸田政権が立憲民主と連立して「親中第一日本を中国共産党に明け渡します」みたいな運動を画策しているならまだしも(韓国の前政権じゃあるまいし)、流石にそんなこと思っていたら「キチ〇イ」です。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 23:00 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする