ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

米選挙からわかることですが、「今に始まったことではない」と考えるべきで

2022年11月17日

米『民主党』が元は南部の奴隷制度側政党だったのは御存知のとおりで、
後にゴールドラッシュ後に移民達の票を得るためリベラル政党へ転換(なので今現在でもカリフォルニアなどがブルーステイツなのです)。
南部の保守派が支持政党を失った状態であったため、『共和党』のニクソンが南部保守派を取り込もうと支持を訴えます。
この時ニクソンが言った言葉が「サイレントマジョリティー(隠れた保守派のこと)」です。

自らの政策を選挙目当てに変えた『民主党』も民主党ですが、
サイレントマジョリティーの意思をくみ取ろうとした『共和党』も、元は保守系とは言えなかったのですから無理して政策転換したとも言えます(本来リベラル主義だったとは言いませんが、黒人のスクールバス同乗や、貧困層へのミールチケット制度など大胆な融和策を行ったのはニクソン『共和党』であり、民主党ではありません)。

日本においても自民党は(ある意味唯一の全国政党ですから)田中角栄に代表されるように地方重視派と、米占領軍GHQ依頼のジャパンハンドラーの手先というとアレですが、、、宏池会に代表されるGHQとのコネを重視するハト派(ハト派と言われる理由は米軍の占領を肯定するためです《特に米国が軍事介入する時『民主党』政権が多いのですが、これを支持》)などなど、党の方針はどこへやら(本来は憲法改正のため保守合同したもの)目先の選挙優先で呉越同舟な政党になっていく経緯があります。

トランプ大統領も実業界時代は党員では無いと思いますが『民主党』支持者でした
(『民主党』へ献金していた)
彼の現在の関りも「サイレントマジョリティーの意思をくみ取ろうとした」もので(それがアメリカファースト)、反グローバリズム(他国への軍事介入反対)、米労働者の権利を最優先とする保守派政策になりますが、これに『共和党』の主流派が反対するのは元をただせば『共和党』は保守系政党では無いからです。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 01:14 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「コロナの後にウクライナがあった」という話を裏付けるという表現はアレですが貴重な対談

2022年11月15日

シリーズ全てが面白いのですが、
この回は必見です。
(あえて余計な陰謀論の推定挟むと心理学ブログの方になっちゃうのでwwここではエビデンスとなる事実だけの言及で抑えて見ようと思いますが)

まずこの動画をご覧ください

メキシコのユダヤ人、中南米の赤化、保守の分断/宇山卓栄さんに聞く04
https://youtu.be/qNgVoi5C_JQ


私が注目していたブラジル大統領ボルソナロの話も出てきますね
さて、重要な鍵が「新型コロナの製造と感染爆発後のロックダウンまで、シームレスじゃないのか」或いは、コロナ収束したので「そろそろウクライナで」と考えるなら(ここでも全体主義左派系政権が《大活躍とは言いませんが》”待ってましたの”関りでしたね)、誰が得をしたのかという考え方で見ていくと、見えるものもあるのではなかろうかと、
そして、宇山さんの説は英国にも及ぶ話です、

前項のとおりで「左派政権が”大活躍”とは言えないが、待ってましたとばかりに嬉々として」←であったのは事実で、成功したかと尋ねられるとむしろ逆で「むしろ正体見たりで実態ともなった恐怖感となった」ように思います(勿論世論として一般的にではありませんが、”広範に”認知された)。
今回紹介の動画が(後にyoutubeにBANされる可能性もあります)堂々と公開されているのも、”もぎせか”なり宇山さんの目にも明らかな事象が堂々と目の前に展開していたからです。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 00:43 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米中間選挙の結果が見えてきました

2022年11月10日

米『共和党』前評判ほどの大勝利とはいえない結果となりそうです
カナダ人ニュースさん(ニュース翻訳チャンネル)の分析によると
https://www.youtube.com/channel/UCtMcFmuTmrXpdTAMnr25xdA
「中絶禁止のデマ(最高裁の判決は州法に任せるで連邦政府が法律で判断しないの意)」これが結構効いて(『共和党』の福音派が余計な法案を出したなど)女性票の多くが『民主党』に流れたからということのようです。
勿論、今回も選挙に不正があっただろうことは事実と思いますが「そこは既に織り込み済み」の話しなので(『共和党』サイドもまた選挙後多数訴訟起こすだろうことも織り込み済み)、これは米有権者にとっても望まざる結果ということになります。

どういうことかと言うと、メディアなどの発表していた動向は(バイデン政権批判)そのまま世論を反映してた部分もあったワケで(左派メディアですら『民主党』を批判する姿勢が見え始めていた)、ある程度前評判の『共和党』の勝利を期待していただろうということです。
有権者は、『民主党』”選挙戦術”を踏まえて行動しますから(ここは『民主党』支持でも降りた方がいいなど)、それが十分とは言えなかったということです(インフレと治安の悪化はそれほど深刻)。

●これはある意味で、『民主党』にとって生き残りのチャンスですから(政策転換すればいい)、『共和党』との対立関係を調整してくる可能性もあるのですが(選挙前にゼレンスキーにロシアとの和平工作で交渉するよう指示したのも効いたと思います)、
さて、2024年にかけてどうなることやら。

依然としてトランプ大統領の返り咲きは”既定路線”なのですが、
米『民主党』がトンチンカンなグローバリズム政策を転換してくれるのが一番いいのですから(現在『民主党』内でもバイデンに再選に参加しないよう圧力がかかっている)、『共和党』が圧勝すれば解決する話ではありません(日本の民主党の大敗が必ずしも《憲法改正など》結果に直結しないのと同じです)。

●個人的には『共和党』圧勝で、日本の自民党のようになるのかなと思っていましたが(それはそれで面白そうだったのですが)、
どうやら違うようです(前述の通りでそれは勝利に違いあありませんがなかなか望んだ結果とはなりません)。今後は『民主党』の動向が鍵かもしれませんね。
※過去に渡りこれほど『民主党』の政策姿勢に批判が集まったことが無いからです。


posted by kagewari/iwahara at 14:56 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維新と立憲の連携は「立憲の保守系回帰の模索と維新行き詰まりの結果でしょうか」

2022年11月09日

実は維新は保守系に見えますが、グローバリズム政党で(菅首相とインバウンドでという勢力ですし更に維新は親中です)、且つ有力者の橋下氏は特定支持層への利益誘導を思わせる時もある人物であり、本来関西の地域政党に留まっているほうがいんですが(それもまた地域の事情なのですから)、国政政党としてどうしたいのか定まらないまま、なんか中途半端な勢力になっています。いちおう選挙区候補でもいくつか勝ちたいということで立憲との連携が模索され始めているのでしょう。

勿論維新を保守系と信じて投票した有権者は激怒していると思いますが、
維新執行部の腹は、立憲泉代表は元々保守系議員であり現在の左旋回を幾分かでも右寄りに戻そうとしている梃入れに維新との連携を党内権力闘争に利用しようとしているとこを読んでのものだと思います。
【誰が見てもあんまり筋のいい話ではありませんね】
利害が微妙に一致しているのは事実なんですが、
おおよそうまくいきそうにありません。←来年とかには決裂して仕切り直しになってる気がします
間違っても野党再編の目にはならないでしょう、

思うに国民民主と新興勢力の参政党などの関係もよさそうなので、
(メガソーラー上海電力関係など)めんどくさいところ追及されても困る相手が(若干ですが)台頭していることへの警戒感もあるかなと思います。
こちらは両党とも選挙区選挙は勝てる人はいいけど程度の拘りなので、協力関係あっても具体的に選挙協力という現象にはなりません(必要が無いからです)。
 ↑
そしてめんどくさく台頭しているのがこの「ここ保守系かな?」政党で
 ↓
今回の維新立憲連携の話は、
維新は保守系支持層を失い、立憲は左翼岩盤支持層を失うことになります
(弱体化した企業なら「合併して縮小均衡する」作戦としてわかるんですが、党勢拡大を狙ってる公党がやることだろうかと、)
※立憲の選挙協力に関しては「れいわは切りたいが、共産党とは継続したいのではないか」な観測もあり、泉代表が共産党との関係を切るのではないか?という観測もどこまでの話なのかわかりません。

●維新の党首選もまったく盛り上がりませんでしたから(ひとのことは言えない)、
リーダー欠如の中で組織の存続が優先されている感が強く、

個人的には国政政党などやめて、関西地域政党に戻るのがいいと思うんですけどね、、、
(地方に限ったグローバリズムや親中とかは「どうでもいい」と言えば語弊ありますが、地域経済優先で何でもアリが地方自治体という考え方はあると思います《度が過ぎる場合は国が法制度で規制すれば済む話ですから》)
改憲勢力としては大事な政党でしたから(公明党にパイプがあるのも菅氏と同じ)、おかしなことにならなければいんですが(国会議員に関してはここ何度も分裂してますよね)

支持政党では無いのでどうでもいいっちゃ、どうでもいいんですけどね
《米中間選挙の結果の方が気になるところです》



posted by kagewari/iwahara at 19:17 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズその後「やはり山田哲人もわかっていた」

2022年11月06日

記事で何度か紹介してきた「足を大きく上げてタイミングを取る打者はメジャーでも苦労する」=日本の野球界が150キロ時代になり、同じ現象が起きている。
(大きく足を上げる=剣道で言えば大きく上段に構える《素早い相手に対応する形では無い》)
「山田はこの機にタイミングの取り方をMLB移籍組のように改造するべきだ」
と、書いてきましたが。
 ↓
流石山田哲人、わかっていましたね

【侍日記】ヤクルト・山田哲人が自身の聖域にメス タイミングを取る左脚を工夫し調整
https://www.sanspo.com/article/20221106-WYQHSQNQ5VI6FOF4ATOMIOH45A/
<一部抜粋>
山田(ヤクルト)が幼少期からつくり上げてきた理想の形にメス≠入れ、感触を確かめた。試合前練習。ティー打撃でタイミングを取る左脚の上げ幅が極端に少ないフォームでスイングを繰り返した。1度目のフリー打撃では、ほぼノーステップ。2度目も普段、右膝の高さまで上がる左脚のつま先が地面を離れるかどうかというほどだった。


心強いです(成功するかはともかく何かを変えないといけない)、
同じ道を歩んだに近い、池山二軍監督の話を聞くのもいんじゃないかと思いますよ。



posted by kagewari/iwahara at 17:17 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくいう欧米の”分断”の本質(どうしたって心理学になりますが)

2022年11月04日

本来このブログはあまり心理学メインではないのですが、
先日記事でも書いたブラジル大統領選のその後など(メディアではトンチキな報道しているようですが)米大統領選以降世に知られるようになった社会的対立構造の背景は『共同幻想』の崩壊です。
※『共同幻想』とは吉本隆明が提唱した集団心理の総称で、極端に言えば言語や通貨も『共同幻想』です(そうだねと認識を多数が共有することで成立する概念)

昔は大本営発表のような「こういうものだよね」や「こうだからわかりましたか」みたいな概念に、まだまだ教育なんて公的制度が整備される前は、「ですよね」と”適応”することで社会性を醸成してきたワケですが(欧米で言えば古くは教会権力、日本では世間様教という村社会秩序)、
●大学進学率が6割超えるなどとなれば(そもそも大学の元祖が宗教系神学校だったりするのですから)社会を束ねる概念として広報された「こういうものだよね」の大元がどうしてなのか市井の庶民も知ることになります(ルターの宗教改革の目玉は『聖書』の出版です)。

つまり『共同幻想』による全体主義的な社会性は先進国化するなかで自然崩壊します。
(古い同調圧力話法の「そうだよね」の過半が、現代社会ではハラスメントとされ、コンプライアンス要件になっておりまして)
●個性化の時代の台頭です(各人が公的概念を個人でどうなのか判断する時代)
経済学的に言えば、仮想通貨の登場などがまさにそれで(通貨という『共同幻想』も権力から分離するのかという)、

■さて現代の個性化の時代だからといって、特別何かが変化するのではありません。
宗教性だって伝統文化として残り続けます(個人で葬儀のなんとやらを考えるとかあまり聞きませんよね《確かに散骨などそれを個人ベースに置き換える流れもありますが》)。
地域性含めて、「この辺の社会秩序は」って英国のコモンセンスに相当する慣習法やその背景事情ってのも話を聞けば(そうだよねでは無くて)「なるほどそういうことなの」と理解が及ぶ。
所詮人の考えることですから、保守的結論と大きく違わないこともあるんです。
 ↑
そこに台頭したのが、(陰謀論ではなくて言葉の意味そのままの)ネオ・コンサバティブ
私は”確信犯的保守”とか”再選択者”とか呼んでますが、
人格の全部じゃありませんが、公共セクター的部分を「なるほどそういうことなの保守選択」する個性化した現代の個人が増えることになります(勿論その一部には米リバタリアン的な自由原理主義派など例外事項も含むですが、社会的流れは同じものです)。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 19:07 | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする