ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

最近耳にするハマス擁護論の意味が分からない(擁護になっていないと思うんだが)

2023年11月14日

イスラエルの方が多くの民間人を結果殺害しているという論議は理解できるし、そうなんだろうと誰しも思ってるのではないだろうか。そら軍事力が違う上に(人間の盾を使う使わないの論議は横に置いて置いても)市街戦且つゲリラ戦になればどうしたって軍事力の強い方が多くの市民を犠牲にすることになる。かといって市街戦なのだから使用する火器を自動小銃だけにしろとかそういう判断は軍隊の戦術に無いのだから、結果イスラエルは多くを殺しているでしょう。

イスラエル建国と英国の暗躍の件も、様々論議はあるにしろ、
結果どうなったのかって(現在のイスラエルはオスマントルコの一地方だったのであり)どちらが建国できるのか武力でガチンコで決めようぜって状況には違いなく(仲裁案などあってないようなものだったのだから)、そこは資金的にも国際金融資本などのバックがあるユダヤ人が勝利したという話です。
イスラエル最大の失敗は「二国家解決」とも言われる、パレスチナ国家の承認を拒否したことですよ。パレスチナからのテロを批判する資格が無いという話は、この一点に集約されていると思います。

正規軍同士の名乗りを上げた戦争ならどこの土地がどちらのものになろうが、相互に(文句は無いって表現はどうかと思いますが)均衡する地点に辿り着けたと思うけれど(事実イスラエルとエジプトの関係はそうなっている)、一方の国家樹立を認めない場合、自らゲリラ戦や泥沼のテロ攻撃を受けることを選択したことになるので(或いはイスラエル側の民族主義者の暴走含め)、どういう思惑で国家承認を拒否したのかわかりませんが、最大の悪手だった。

それを踏まえても、先日のハマス武装勢力(ハマス政治部門と同じでは無い)のテロ攻撃はISかってぐらい酷いものでしたから「あれを自衛攻撃とか擁護するのは無理がある」
※そもそもパレスチナを語る場合、ハマスとファタハの関係がどうよって一枚岩では無いのだから「どのパレスチナの話をしているのか」もわからなくなってしまう。時系列を追えば、今回のテロ攻撃はハマス政治部門も頭抱えただろうし、イランのハメネイ師も困ったことだと思ってだろうことが推定されるので、擁護の論陣張る人の話も「それは擁護になってるの?」(そのまんま擁護してしまうとあの残虐行為をハメネイ師が指示したみたいな形になってしまいますぜ、、ハメネイ師「言ってネーよ」と怒ると思うんだが、、)

イスラエルの攻撃をどう考えるも何も、イスラエルとしては和平派においても攻撃しなければ示しがつかない事件だったのであり、どういう理由で説得可能なのか教えていただきたい。
(ネタニヤフ連立政権の宗教民族派政党を批判するのはまた別の話でしょう《そこは今イスラエル国民も怒ってますから》)
●というか、今回のハマス武装勢力のテロは「イスラエルに軍事侵攻させるため」でしょ?
狙いは「イスラエルとサウジの国交回復を止めること」です
だから自ら残虐行為を宣伝したワケで、、
目的は「是が非でもイスラエルに軍事侵攻させるため」でしょ。

「国際世論の批判があっても、イスラエルはその挑発に乗らざるを得ない状況となった」という事だと思います。
そしてハマス武装勢力の狙い通り、イスラエルとサウジの国交回復は遠のいた

イスラエルはガザ地区の一部を軍事的に占領すると言ってるようですが(天然ガスの利権があるんです)、国際世論的にそれが可能なのかはともかく、「ハマスの武装勢力は誰かに唆された」可能性も否定できません(ハマス政治部的には心底「何してくれたんだ」状態と思われ)。


posted by kagewari/iwahara at 11:48 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田政権の考えてる(いや財務省の考えている)「4万円減税とは」

2023年11月10日

報道されているインフレ対策補正予算、
岸田政権の考えてる「世帯ひとりあたり4万円減税、非課税世帯7万支給」の話。
これ、財務省的には『米国のEITC:Earned Income Tax Credit』
「給付付き税額控除制度」の運用実験を意図したものだと思います。
以前から財務省には「日本でベーシックインカムやるなら「給付付き税額控除」という論議」が内部にあり、社会保障などの肥大化を背景に効率のいい同様制度に切り替える以外に財政の健全化はできないと”一部で”言われている。

岸田減税論議の時にも、周辺には「財務官僚もプライマリーバランスに意味は無く、政府の資金調達はインフレ率で決定されるMMTのような考えが正しいことはわかってる」と伝わっており、補助金行政含めて利権化しやすい現行制度と比較して、景気刺激策も導入しやすい所得の直接分配は有力な切り札として考えられてる”噂”があるんです。

増税による財務省の権限が低下しないか?と思われる方もいると思いますが、
ベーシックインカムに類する制度の始まりは”保守派の小さい政府”です。
(この支給に対して実務を行う官庁はほぼ存在せず、マイナンバーなどと連携すると事務作業すら飛ばして最大効率で執行可能。)
競争関係にある、他官庁のスリム化は(様々な社会保障給付もこれに一本化されるため)相対的に財務省の地位も上げますし、昔と違って東大のエリートが官僚を志望しない現在、天下り先確保みたいな省益は先細りしていくのでは無いでしょうか。
※いつまでも昭和ではない意識は官僚達にもあると思います

勿論この辺の背景は有力政治家にはレクされていると思うので、
総裁選であるとか、与野党党首クラスの論議の中でチラホラ露見してくるものに思います。
また、この実験が岸田政権で可能なのも岸田首相がガッチリ財務省ファミリーな人であることでしょう(思惑の秘密保持も含めて)。
コロナ給付金など、近年様々な実験が行われてきましたが、
「官僚達は案外この政策(給付金)立案進めるのが面白かったのではないか」と思うんですよ。


posted by kagewari/iwahara at 12:39 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配球とかって話はやめておきましょう(オリックスVS阪神最終戦)「阪神優勝」

2023年11月06日

<11/10いきなりタイトルで誤変換w修正>

願わくば最後まで接戦で観たかったですが、
(シーズン当初にノイジーがラミレスみたいになる素養感じると書きましたがあたってたでしょ?《シーズン中は小野寺君を使えとかファンから岡田監督への批判も多かったようだけど》)
オリックスは最後まで森下君の攻め方がわからなかったですね(個人的にはヤクルトの山田に似てるかなと思ってますが)、オーソドックスに内側直球と外角変化球でよかったと思うんですが、、

あの回に関しては大山選手への(追い込んでいたのに)デッドボールが全て。
その前の森下君に内角直球を打たれていたので甘く入ったと思っていたのかな、、。

青柳は5回まで投げさせてほしかったですけど、
そういうとこ厳しいのが岡田阪神だから”らしい”と言えばらしいところで、
サメ曰く「(悪い時はフォアボール連発するので)様子見させたのが失敗だったかもしれない」とコメントしてますが、中島監督の判断は間違いでは無いと思います。
実際そういう時には青柳は崩れるし、ストライク先行する時の青柳はどの球団でも打てないのであって、そのまま「今日は簡単に打てない日だった」のです。
青柳君のツーシームをさばける右打者はセリーグにはいない筈ですから。
シンカーはそれほどでもなかったのか左打者にヒットは出ていましたが、最後まで森君の力みは取れなかったですね(勝つなら森君のホームランは必須だと思ってましたから)。

岡田阪神はかなり強いですよ、
しばらく黄金時代が続いても驚かない。
投手陣、強烈な1・2番、勝負強さ(勝負所でボール振らない)、継投(酷使も無い)、首脳陣、どこをとっても上位にありますね(桐敷君については岡田氏は矢野タイガースのキャンプ取材の時から評価していた)。
※セリーグ的に心配なのは来期近本君への死球かな、、どうしてもコントロール悪い投手程厳しいところへの配給が多くなりそうで(するとファンも監督も怒るし投手も苦しくなるだけだし)、いろんな意味で心配です。セの捕手陣はスポーツなんですから他の配給を考えるべきでしょう。
個人的にはあれほど短くバット持ってるんですから内角に弱点があるとは思えないんですよ(内角攻めは方向違うと思うんですよね)。近本君も(騒ぎは彼も望んでいないと思うので)打席位置少し下がるかも知れません。

ということで、阪神ファンのみなさんおめでとうございます。
最後は余裕の観戦でさぞ満足されたでしょう。
(来年は走らせませんよ、、自信ないけどww)
オリックス、阪神、選手のみなさんもお疲れ様でした。とても面白い対戦でした。


posted by kagewari/iwahara at 18:20 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本由伸、本調子とは言えなかったと思うけど”見事な完投勝利”(オリックスVS阪神第六戦)

2023年11月04日

彼ね、江川と同じで直球が数種類あるんだと思うんですよ。
(でないと149キロ直球の次に150キロフォークとかあり得ない)
リードした若月はそこ間違えないように”高めの直球”要求の時、わかりやすく構えていたような気がします。前回彼が”あれ?”と思い始めたのはサトテルに高めの直球をいとも簡単にセンター前に打たれてからでした。
推測でしかありませんが、若月は全力投球して欲しかった。由伸はゾーンに投げてファールかなぐらいのつもりだったのではないか。
どうしてそうなるのかって、彼は肘への負担を心配してスライダー封印しているぐらいで(この試合スライダー使ったのは大山を三振にとった一球だけではなかったろうか)、かなり神経質に自分の消耗を計算していると思うからです。

この日一番いいボールは9回糸原を三振にとった外角高めだったと思いますが、
(そもそも球速的に宇田川より由伸の153キロが遅く見える時があるぐらいですから、コースでファール打たせようという時には意識的に抜いた真直ぐも投げているんだと思うんですよ。)
この時は三振狙いに全力で投げたなと。
ふり返れば第一戦、中盤を力をセーブして変化球でも抑えられると思ったところにスキが出たように思います。彼は長いイニングを常に視野に入れているので、5回や6回で全力は計算外だからです。
※そこは長いシーズンの疲れがあったのかな

阪神は「意外と由伸の直球は急速表示程では無い」という読みで、徹底した直球狙い。
タイミング的にはフォークもほとんど速度が変わらないので、直球待ちでフォークがきても対応できるというものだったと思います。
(現在セリーグには、中日の高橋君やカープの島内君まで155キロ前後の球速なら阪神は対応できる自信があったのではないか)
「由伸君が本気出す前に捉えてしまおう」という作戦です。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 22:22 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

颯一郎君が万全では無かったでござる(「オリックスVS阪神第五戦」)

2023年11月02日

これで阪神優位になりました。
また腰を据えて由伸対策した上で段六戦を迎えることができます。
しかもサメがこらえきれずに宇田川を使ってしまったので、「由伸完投して」モードになってしまった。
(昨日ワゲスパック続投我慢した中島監督はどこへ行った、、)
そこは日本シリーズです、中島監督も冷静ではいられなかった。
(確か安達君も故障を抱えていて今期は万全では無いんです=セカンド安達でよかったのか?自分に怒っての宇田川四連投だったかな、、。)

明後日継投するなら山崎颯一郎を信じましょう
タイガースも惜しみなく投手を突っ込んで大丈夫かと思いましたが、
岡田監督と糸原の気合勝ちでしたね。

オリックスは山本由伸のチームであり、
(現在シリーズ劣勢なのは彼が本調子ではなかった事に尽きますから)
タイガースが勝つなら山本由伸を攻略するしかない。
彼は来年メジャーということなので、勝つにしても負けるにしても日本の野球ファンの印象に残るピッチングをして欲しいですね。

この日私はアベマで中継観ていたんですが、
里崎情報によると阪神は「青柳、村上」という話が。
本来阪神は青柳のチームであり、、、更に面白くなってきました
(もし青柳起用ならスタンドの阪神ファンも燃えると思いますよ)


posted by kagewari/iwahara at 21:51 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日のゲーム「ミス合戦」など評する人もいたようですが(「オリックスVS阪神第四戦」)

優勝チームだからミスが少ないってことも無いいと思います。
(そら失策数が順位に影響ないとはいいませんが)
中川君のエラーなど、昔のヤクルトVS西武の飯田の落球思い出しました。
名手でもそれは起きますよ、「日本シリーズなんですから」

サトテルの懲罰後退を問題視する意見もあるかもしれませんが、
どんでん興奮し過ぎて、その時はオリックスに分があるかと思ったのも事実。
「でも、別にそれでいいじゃないですかww」
岡田監督はそれぐらい(現役に戻った勢いで)燃えてるってことです。
この点、名手中川君の落球も同じ、
采配ミスも起きますよ、「日本シリーズなんですから」
(その後、カバーした糸原選手が守備含めて素晴らしかった)

明日をも知れぬ桐敷続投とか(岡田監督は五分五分で行っても山本由伸というカードをオリックスが持ってることを十分理解している)、やるから面白いんです。
山崎颯一郎に”何かあった結果”宇田川の酷使になりつつありますが、昨日は阿部君が普段の調子に戻ってきたかな感触もありましたから(山岡君は逆男になってると思われ)、桐敷君が使えるのか休ませるのかわからない阪神と似たようなものでしょう。

岡田監督は終盤調子を落としてる雰囲気から大竹君を五戦にしたのでしょうけれど(田嶋君もですがCSからの登板間隔?)、
オリックス田嶋君も含め「できれば長いイニング投げてくれ」というところ。
案外、五戦になって「1対0」の攻防が見られるかも知れません。
(※オリックスは森君が配給含めて力み過ぎ《いつもフルスイングなのでわかり難いんですが、真直ぐに遅れてファールになってるのは計算外←村上の調子悪い時みたいになってる》、あんなものじゃないと思います。)


posted by kagewari/iwahara at 14:30 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする