ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

推奨ヘッドフォンにKOSS紹介してましたが(テクニカにもっといいかも発見)

2024年04月13日

はたしてこの記事に何の意味あるのかってお考えの方いらっしゃるかもですがww
ええ、昨今隣室の音問題は東京ではトピックですから、
動画視聴などもヘットフォンなら大爆音で楽しめますから、自慢の据え置きオーディオを思う存分鳴らせないあなたに、ま〜あれこれ片っ端から中古品を入手して聴いてきた話もきっとどこかの誰かには有用かも知れないと思ったところですよ。

ライブ音源などの広がりは、断然後面開放オープン型のが再生を得意としており、
ヘッドフォンと言えばオープン型を推薦してきたものですが(音漏れしますから電車の中などでは利用できません”自宅専用”でお考え下さい)、軽くて低域のノリがいいことから有名なKOSSを推奨してきました。
勿論ピュアオーディオ的には、老舗のオーディオテクニカの50mmダイヤフラムのがいいっちゃいいんですが(どちらか言えば上品なイメージ)とにかく重い。数時間に及ぶような着装には実用性が無いのであります。その結論がKOSS一択だったと、

そんなある日も何も、amazonのセールで(現在は入荷予定無しで他出品者のみの購入)楽器用ヘッドフォンとして知られるEPシリーズ(ATH-EP700、ATH-EP300)、そのEP300が(生産終了でもあるのでしょうか)トンデモ安値で販売されていたので、どうかしらと購入してみたところ。
「KOSSに似てる、というか更に高域の伸びがありライブ感も遜色無い」
確かにKOSSよりはちょっとだけ重いのですが、楽器用のEPシリーズは思いのほか軽く(140gぐらい)、KOSSとの差も40g程度なので全然いけます。
楽器用ですが、ピュアオーディオ用としても一級品。

どういう設計意匠かわからないのですが(多分オーディオ専用はワイドレンジにするために低能率なのだと思いますが)、楽器用は能率も高く(KOSS同様の100db越え)スピーカーってのは何と言っても能率高い方が鳴りっぷりがいいのです(ライブ感が高くなる)。

■オーディオテクニカ「ATH-EP700、ATH-EP300」推奨します
この春東京に上京された、若い音楽ファンの方もいかがかしら。前述のようにamazon以外なら両機とも購入可能ですし、仮に販売終了でも後継機が出るんだと思います。←但しこの業界、新型のがいいとか限らないので入手可能であれば「ATH-EP700、ATH-EP300」がよろしいかと思います。
(700と300の違い?よくわからないぐらいなんで300のがハイCPです)
また、KOSSがNGって意味ではありませんので、愛用の方はそのままでOKかと思います。


posted by kagewari/iwahara at 21:09 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型TVってノイズ源なんですか?

2024年04月12日

自宅にTVの無い身には理解できず、随分調べちゃいましたよ。
発端は(帰省時)TV用SPをシンプルな構成のSONYのPC用小型スピーカーに交換してみたところ「なんとあなた、映っていない別チャンネルの(どうやらNHK)音声が違法無線電波のように聞こえてくる」。最初はすわオカルトかと思いましたよ。回路構成として疑わしい機器もあったのですが、それを外して(帯電しておかしくなかったかなもあったのクールダウン後)シンプルな構成にしても後々聞こえてくるというねww

流石最初からTV用に設計されてるクリエイティブ社などのスピーカーではこれが起きない。
一体どういう工夫をしているのか、
はたまた防磁設計でもあるSONYの定評あるPC用スピーカーの何がいけないのか、
(初心者的にグランドノイズかなと思ったのですが、なんせ聞こえない筈の音声信号拾うとかあり得ないでしょ、ラジオじゃないんだから。)

結論このSONYの使用を諦めて、クリエイティブ社でバージョンアップを図りましたが、
このまま放置はいかんだろと、ノイズフィルター実装の壁面タップみたいなのを調達(エレコムやサンワサプライ他ヤザワにも類似のもあります《雷サージ+でフィルター付いてる奴》)、
●現在は解決しちゃってるので、効果は確認できませんが
だいたいこういうのって、専用のテーブルタップ型以外はオーディオ機器側に使うなってのがセオリーなので、同じ共有コンセントのTV側に使用の予定。

考えてみれば高速な筈のインターネット固定回線も時々謎の乱れがある。
調べてみると、電源からのノイズで同現象も起きるって話で、
(過去にノイズ源が疑われているTVのアンテナ感度が不安定になりブロックノイズ出た事あります。これひょっとして”オドレのノイズで不安定になっていた”のかもしれない。)
こちらも今後の検討課題かな、
フェライトコアのケーブル用ノイズフィルターも山ほど買いましたらあちこちに設置してみる予定です。

自宅の固定回線が不安定な方はちょっと試してみるといいかもですよ、
高価ですが大型のOAタップの中には、ノイズフィルター実装もありますので、モデムやルーターってのはそういうのから電源取るのが安全でしょうね。
(TVの設計って基本オールインワンなのでシールドとか案外いい加減なのかもしれません)


posted by kagewari/iwahara at 00:43 | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保守系政党やその周辺での足の引っ張り合いがめんどくさい事になっている

2024年04月09日

私は神谷党首の”ナイーブな人リスク”を承知の上で(松田学氏とほぼ同じ考えです)『参政党』支持してますが、票の取り合いと言っては何ですが、同じ保守系政党やその周辺からの(応援団みたいなものでしょうか)なんだかんだが大変しつこいことになっており、
素朴に言って、「そんな事しても全く意味が無い」ですよね。
自分で「保守票なんて少ないんだから一定数でも取られたくない」と言ってるようなもので、そんなに保守票少ないのなら永久に国政に影響与える事は不可能ですよね?(笑

それこそ日本に保守サイレントマジョリティーの大票田があって、必ず国政に一定の勢力を確保できるんだと思ってるなら、自分達であそこはダメだと思ってる政党のことなどどうだっていい筈です。
だから、そういう意味のわからない批判活動してる自称保守系応援団をビジネスなんとかと呼ぶんですよ(背理は、実は日本に保守の票田など無いと思っており限られた評を奪い合ってとにかく国政政党関連の政党交付金狙いみたいな)。
大票田が必ずある、政策を訴えれば目が覚める有権者が無数にいると思っているのであれば、「何々党もいろいろあるでしょうが頑張ってください」の皮肉のひとつも言えばいいだけの話。

困ったものです。

私は心理学的に社会変遷の中で、”穏健な保守”が合理的利益であると考える有権者が多数存在すると思っており(間違っても右翼や軍国主義のことではありません)、不動産で言えば長く各地域の慣習法の延長でて締結されている任意契約で問題無い(何か四角四面な法定契約みたいな縛りを強制すべきではない《国交省の行政指導で十分業界はレスポンスしております》)、みたいに、何から何まで改革改革というのに合理性が無いという意味の保守のことです(皇室にしても国歌にしても庶民の生活に直接の影響は無く、今のままでいいじゃないかという保守派)。
※勿論表に出てこない内政干渉などを受けるのは好ましくないですから、”普通に言うべきことは言う”政府であって欲しいだけで(だって普通のことでしょ)、喧嘩腰に何かしろとかそういう話ではありません。

●ところが前述のような無用の争いがあると、
有権者に「あーやっぱり保守票とか少ないんだね」って逆効果の広告しているようなもので、、
まあ、それも世の中なんでしょうね(誰もが合理的に考えるなんてこともまたあり得ないですから)
支持はしてませんが、私は日本保守党も旧N国党も応援しておりますよ


posted by kagewari/iwahara at 17:23 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤクルトの今後を悲観してみるww

2024年04月07日

星君も大西もフォアボールのある投手なので、高津が怒ってるのはわかりますが、「お前ら抑えのチャンスだったのに残念だったな」ぐらいで十分でしょう。
今回はヤクルトファンにしかわからないような話ばかりなので、プロ野球ファン一般の方は冷ややかに見ていただければと思います。

1)村上は古田のyoutube番組にて、やはり思ったとおりに大谷君への憧れから長いバットに取り組んでおり、この時「使い切れなかったら昔のバッティングに戻すだけですから」余裕こいた発言しておりましたが、私は「昔のバットに戻せばパッと戻るようなものじゃネーだろ」と思っておりました。
【その通りになりましたねww】
※現在彼はやっぱり失敗したと、先をくりぬいた昨年までの軽量バットに戻している
(心配したとおりに、不調状態まで再現)

2)アウトローのスライダーがピタピタくるのがカウント球の筈だった石山ですが(昨年はこのスライダーのバラツキでカウント悪くして調子崩した)、これはアウトローへ投げきれないフォームの乱れがあったのだと思ってました(現在彼の球速では往年の真直ぐとフォークでは抑えられない)。単純に抜けて高めに浮くんです。
 と こ ろ が 
何を思ったのか彼は直球の走りを気にしており、キャンプで「もっと荒々しく投げたい」みたいな課題に取り組んでおりまして、「全然違うだろ」思っていたとおりになっております。挙句の果てに、シュートを多投しカウント球のスライダーが使えない状態に、

3)期待の木澤君(友人のマクガフ頼って自主トレ訪米したぐらい熱心)
やたらと左バッター対策に悩んでおり(抑えでもありませんから首脳陣も継投順考えてくれているだろうに)、昨年からずーっと激しくカットボールに拘ってるのであります。
ところが、このカットボールがことごとく左打者に狙われ痛打されているんですが、
意地でも左打者にカットボール投げるものだから、余計に苦しくなっているという、、、
「いやいやシュートピッチャーなんだから、覚えるならチェンジアップかシンカーだろ」

4)清水君と嘉弥真の件は先日記事に書いた通りです
(とにかく腕が振れて無い《真っすぐが垂れてる》、嘉弥真君に至っては左打者が怖がるどころかいつも以上に踏み込んでスライダー一本狙いされてる。清水君は完全な蓄積疲労なので少し休ませたほうがいいと本気で思います。今野君の状態も同じですからね。←1年ファームでくすぶっていた梅野は休養になったのか、中日に行って《打たれてるけどさ》150キロ超える真直ぐバシバシ投げてますから。)

<<<ここから少しポジティブ>>>
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 02:53 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田首相解散か?(自分の処分は国民が決めると謎発言)

2024年04月06日

首相は大統領じゃないんだけどな、、、
議員内閣制を何かと間違えちゃったのかしら。
塩屋氏だっけ、岸田首相訴えるみたいな動き見せてますが「気持ちはよくわかります」(いかにも当たり障りの無いスケープゴートだもの)。
政界のことはともかく、一番興味あるのは法務検察ですよ。
(米国の指示云々ありますが、私は一部サボタージュみたいな抵抗もしているんだと思っています《岸田派の立件ほか》)
現状はどうなんでしょうね?満足なのでしょうか。
ちなみにメディア含めて米『民主党』がサブリミナルみたいに推してる上川外相って、皆さんお忘れですか?検察の黒川氏の人事がどうこう安倍首相とまったく関係無い法務検察の人事めぐるなんだかんだありましたが、検察と対立して人事に介入したのはその昔法相だった上川氏で(国際会議がどうしたこうしたで揉めた)、法務検察が敵視していたのはこの人なんです。

外野席から見ていると、なんか面白くなってきたぐらいのものですが(笑
相変わらず岸田氏は食えない人ですよ。
このままじゃ、自分が首相であること以外は何も成し得ない状況が深まるばかり。
「自民党をリベラル左派政党”ザ・宏池会”みたいな形に変貌させて下野したい」と本気で思っているのだろうかと心配になります。

生存本能で足掻いているというが本音だと思いますが、
本当に彼が友人だった安倍氏の公約「戦後レジュームの解体」を成し遂げるのかも知れません。
旧来の自民党の存在もその代表格だったのですから。


posted by kagewari/iwahara at 20:49 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球開幕その後(ヤクルト、これは厳しいわ)

2024年04月05日

阪神の状態は予測通りだったのですが、
ヤクルト自慢のリリーフが、想定超えて”整ってきていない”ですね。
リリーフがよければ昨年同様に春先の首位は見えていたのですが、清水のボールがまったくきておらず(キャンプで変化球増やすみたいなこと言ってましたが”去年の不調は直球の走りだろ、、”昨年直球が走らずにフォークのお化けになったのに)、嘉弥真の状態も期待した内容に至らず、これセットアップと左のリリーフ再編せざるを得ないと思います。
この状態は調整でどうにかなるものでは無いと思うんだけど、、
(素人目にはどちらも「腕が振れずに手先で何かしようとしてる」ように見えます)
※今年のオープン戦は各球団主力を早く休ませてましたから終盤に投げるリリーフの状態は正直よくわからなかったんですが、清水の状態はブルペンでも気が付くレベルに思います。

しいて言うならシーズン序盤でよかった
当面は5割維持を目標にするしかないですね。
高津はあーいう人だから(ボールがきてないこと承知で起用してると思う)負けが込むまでは清水の配置転換しないと思うのね。
これはちょっと厳しいね、、、
※てか昨日の清水、バントシフトの時みたいに投げた後マウンドから前に出ていたけどあれは何?

パ・リーグに関しては(ファンは心配してるかもしれませんが)ソフバン盤石かと、
対抗馬はハムかな?
いずれにしてもセ・リーグの今年は混戦でしょうね。
広島の状態はいいにしてもここは森下君の故障で先発が足りない。
抜け出すチームはないと思います(中日もきてますね、頼もしい)

混戦はどのチームにも望むところでしょww

(高津が清水に拘ってヤクルトだけ先に落ちていくのは心配だけど、、《功労者だけに、去年の祖父江みたいに”結果が出るまでは引っ張る”と思うんだよね、、》清水も、悪い時でもなんとかしのぐ岩崎みたいに踏ん張れるだろうか、、)


posted by kagewari/iwahara at 02:52 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする