ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

イスラエルはどう反撃するのだろうか(このプロレスは一体何なんですか)

2024年04月15日

イランの革命防衛隊も「完璧な寸止め攻撃成功」と意味不明のコメントを出しており
思ったとおりで、この攻撃は宗教指導者ハメネイ師の承諾の元行われており、政治指導者である大統領や議会がどこまで知っていたのか”不明”。
イスラエルが反撃するとするなら、狙いは「革命防衛隊のみ」という形が想定されますが、、

やっかいなのは与党リクードはともかく(リクードは大規模反撃など避けたいでしょうよ)、連立政権の宗教保守政党がイラン攻撃の強硬派であり、彼らは「イラン核施設への爆撃」を主張していると思われます。
また、前回記事に書いたようにバイデン政権は何らの影響力も無く、ネタニヤフがどう考えているのかわかりませんが、イスラエルは政権維持のため宗教保守政党の意向を無視できない状況にあり、イランの攻撃規模に応じた小規模反撃?(こんなんどうやって見積もるんですか)←このような規模に収まるとは思えないんですよね。

正直なこと言えば、宗教指導者のハメネイ師も両国の正面からの戦争を望んでいないと言われており(シーア派の原理主義というのがこれまた謎なんですよ《シーア派はムハンマドの血縁直系主義なんですが、大古にペルシャ帝国の王家だったかと縁組があり「ペルシャ帝国的イスラム」の隠し設定がある》)、革命防衛隊を完全にハンドルできているのかも不明。
つまりイスラエルとしては、「革命防衛隊をコテンパンにすればするほどイランは穏健化する」と考えている節がある。
だとすればこの際だからと想定以上の大規模攻撃の可能性もあり、
イスラエルが大規模攻撃するとするなら、その目論見は「イラン政治指導者は動かない(イラン正規軍は静観)」ということになります。

どうなることやら、


posted by kagewari/iwahara at 22:16 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イランはイスラエルに報復できない(と思ったら”大攻撃”ですって「これはヤバイかも」)

<まずは攻撃を知る前のできないと思っていた、予想の外れた記事から>
→攻撃後は次P

■イスラエルはシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館の領事部を攻撃した訳ですが、イランはイスラエルに直接報復することはできない(と見透かされている)。
イランは盛んに子飼いのヒズボラを使っての報復を企図すると思いますが、イスラエルは事実上ヒズボラとも現在交戦中な状態ですから、何かあっても「どれが報復なの?」ってことになってしまいます。
評論家の宇山卓栄氏の説によれば、ヒズボラの指導者が「そういうことじゃないだろ」と、婉曲的な不満を表明してるという話も。

何故イランがイスラエルを攻撃できないのか?
「待ってましたと核攻撃される可能性が大きい」からです。
そもそも、現在のネタニヤフ連立政権における宗教保守派政党は選挙の時などに「イランを直接攻撃するべきだ」と連呼しており、これを与党のリクードが抑えてる状態に近いと思います。
※個人的に私は、ハマスのテロをモサドが予測できなかったのは”陰謀では無く本当だった”と思っており(理由は極端なヨルダン西岸への入植《というか侵略》そしてヒズボラとの対決姿勢、=イランとの対決であり《ガザのパレスチナ人はスンニ派なのでイランとの関係は本当の意味で深く無い》)、今回の紛争となったハマスのテロからして、ハマスの政治部は知らなかった上に、軍事部門も自分達の想定超える”民間人?の暴走”(誰の指示か知りませんが)など、ハマス本体にとっても計画と全く違う結果だったと思うからです。

ですから余計に、イランがイスラエルを直接攻撃する形の報復に及べば、何をされるかわかりません。
イランの政治指導者は全員わかってると思います。
イランの思惑は(イスラエルとの対決は”ナンチャッテ”であり)対アラブ制圧にあり(イラン人=アーリア人=ペルシャ人でアラブ人ではありません)、イスラエルとの対決姿勢はサウジへの牽制だと思います(サウジをアラブの盟主にしないため)。極端に言えば本音イスラエルなどに興味は無いのじゃないかとすら思ってます(イランの本音は”アラブに仇名すペルシャ帝国の再興”)。

このオマケでやってるナンチャッテのイスラエルへの嫌がらせで、イラン本国が攻撃されたら何の意味も無いんです(あーたそれが嫌だからヒズボラ使ってるんだもの《そして使われてるヒズボラもいい加減イランにも腹立ってきてる》)。
私はひょっとしてイランの核開発もナンチャッテかもしれないと思っています。
「開発に成功しちゃったら、一発で先制核攻撃されるかもしれないからです」
(あれは半分、イスラエルなど怖くない中東で最初の核保有国になるのはイランだというプロパガンダが最大の目的なのではないだろうか。)

イランとしても正直困ったことになっており(更に言えば政治指導者の本音は革命防衛隊など米国の攻撃で消滅してくれとか思ってるかもしれない《政治指導者の本音は政教分離の世俗化シフトにあると読んでいるんですよ》:だから以前革命防衛隊のソレイマニ司令官が暗殺されても何もしなかったんですよ)、「なんか建前だけでもイスラエルに報復したみたいなカッコだけつける方法ないかしら」と真面目に悩んでいるのではないでしょうか。

と、書き終わったところ「イランがイスラエルを大攻撃」
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 04:03 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする