ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

自民党のやる気の無さが「もう投げやり」

2024年05月01日

岸田首相も人ごとのようです
敗戦も「うん、そうだろうね」的な(東京15区に至っては候補を立てて無いんだから)
私は思うんですよ
「自民党も党支持者の政治意識を理解していないし、支持者の方にも特別こうだという政治意識も無いのだ」と(ここは心理学の『共同幻想』論になりますが)。

故に思いつくのはイメージ戦略ぐらいで、今は「イメージ悪いので何をしてもダメだね」ってぐらい。
大型補正予算案でもあれば、いちおうの支持団体である経済界の組織票はかたいにしても、現有議席をある程度温存できるぐらいのものでしかない。
保守系議員と期待されていた議員が次々と米国支持の左翼グローバリズム法案の取りまとめ汚れ役をやらされたり、変節したのか?なんてことが起きるのも、そもそも彼らの政治姿勢も表向きのポーズであり信念なんてものは最初から無かったのでしょう。
●これはまさに昭和における有権者の民度を写す鏡でした

■現代は個性派無党派層が潜在的多数「サイレントマジョリティー」を形成してますが、自民党には何を訴えればこの階層に響くのか理解しておらず、どちらか言えば本当に投票してくれるかわからないあてにならない階層という認識なのかも知れません。
※安倍政権が常にこの階層から支持を得て連戦連勝だったこともよくわかっていないのでしょう

東京15区補選において飯山氏はここから一定数の票を得ており(彼らの投票率を持ち上げるほどではなかぅたが)、今回善戦だったと思います。
自民党が「どうぞどうぞ」と投げやりなんですから、保守系新党としては”取り放題”というか安倍政権で自民支持者になっていた一部保守系有権者を引きはがすこともできます。

自民党自身が次回選挙の負けを意識して、「連立の組み換えありき」で考え始めてると思いますし、「なんか勝てるかも」と思い込んだ立憲民主は(不評だった)共産党との連携を更に深めると思います。
 ↑
これ、状況として新興勢力には悪い話ではない


posted by kagewari/iwahara at 00:19 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする