ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

岸田政権がエネルギー関係補助金の再開とまた一部への給付金政策打つようです

2024年06月27日

解散騒ぎでバタバタしてましたから(公職選挙法改正の件やらも)、
インフレ対策打つにも”手が遅い”
昨年あたりの動きと比較すると、明らかに遅すぎるように感じます。
麻生副総理からは、「解散とか許さん」言われているとも報道されており(ガースーからは明解な退陣論を突き付けられている)、それどころじゃないのです。

一部世論調査で次に首相に高市氏が2位に浮上とありますが、
「うーん、喜んでいいところか微妙」です。
(てか、一位がゲルとかマスコミはいつまでやってるんでしょうね、、)
何故って、現状の自民党がガタガタ過ぎるからですよ。
これはどうやって党内ガバナンスを回復させればいんですか?
岸田首相が小泉首相以上に「自民党をぶっこわーす」やってしまい、なんですか政務調査会や総務会でも重視するってんですか?←表に出せない論議はどうするのこれ、

■高市氏は政策議連などを通じてと思ってるのでしょうけど、
利害関係者が必ず関係議連に所属しているとは限らず(それこも表に出せないことだとか)、議連で決まったものが後から卓袱台返しなんてことが続けば更に信用を失います。

現状総裁選の有力候補はガースーが担ぐとも噂される加藤勝信氏ですが、
菅ちゃんは勝てない勝負でも立候補させちゃう人なのでww
どこぞに決選投票で高市氏支援に回る可能性があるのかしら?
(接点は聞いた事無いですね)

こんな情勢ですから岸田政権も仕事遅くなるよそりゃ
(しかも今回の政策、各省庁への根回しもまだちゃんとやってないらしいぞ)
素朴な話「責任取って、後の事は丸投げ総辞職しちゃうほうが楽かもよ」


posted by kagewari/iwahara at 01:07 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近本と岡田監督の間に不協和音か?

2024年06月25日

阪神近本選手の4番起用から1番に戻った件が、岡田監督の判断では無く貧打に怒った岡田監督がコーチにオーダーを丸投げしたものだって報道に関連するものだと思います。
(どこだったか近本選手は打撃のどこをどう評価してるのかわからない的な発言してたと思われ)
更に、よくわからないのは、このコーチの作成したオーダーが「選手の意見も聞き」となっているところです。これ常識的に考えて、近本選手なりが4番に疑問持っていれば打撃コーチに相談するでしょうから、そういう意味で「選手の意見も聞き」なのかな?

意味深なのは先日どこかの試合で、岡田監督が「おまえら近本の質問無いのか?」と自分からマスコミに話を振った件です(口調から打撃内容か発言内容か、何か言いたかったのでしょう)。
どうにもギクシャクしてますね。
※一部報道は、近本選手と岩崎投手が監督采配に疑問をもってるかのようなものもあります
 ↑
キッカケは「今年の打撃不振ですよ」
それが先日記事にした「低反発の統一球疑惑が原因だったら洒落になりません」。
(ですからね、他所も打ててないんだからカリカリしなさんなって思ったんですけどね、、、)

こういうのはいかんですよ、
ヤクルトファンとしても、なにかそういう理由で試合結果に影響が出ることを望みません。
昔、阪神監督がノムさんだった時(現打撃コーチの)今岡選手とイロイロあったことありますが(この時にも随分なんだかなと思ったものです《当時今岡選手は明らかにメンタルに起因すると思われた”天才的技術で併殺打を連発する曲芸”を見せるという不振になる》)、
双方大人ですし、プロ野球選手は独立事業主ですから外野席がやいのやいの言う事では無いと思いますが、


それがそもそも「低反発の統一球疑惑が原因だったら洒落になりませんよね」マジな話、



posted by kagewari/iwahara at 17:49 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPBがまた飛ばない統一球を使用している噂は本当か

2024年06月21日

選手会が調査に入った時には、”7月末球宴以降からの球”の検査DATAを確認し問題無かったとされているのですが(何故かそれ以前の統一球は販売中止?となっているようで)、
今年貧打で苦しむ各球団(想定外だったのは阪神、巨人、西武あたりでしょうか)、完封やノーヒットノーランを連発する投手達の成績を見れば、「飛ばない統一球の使用はほぼ間違いないかな(頓宮や浅村、大山悩みの理由はこれか)」
西武極端な貧打も、球団の文化的に「強振して内野の頭を越す安打を(或いは塁間を抜ける)」という選手が多かったかな?と思わなくも無い。

私がひとつ気になったのは、
今年の交流戦において、守備には定評のある長岡がセンターに抜けようかという打球を「何かタイミングが合わずに後ろに逸らす」シーンを何度か見たことです。うーん印象としては「思ったほど飛んでこない」感じに合わせられなかったのような、、。
何か怪しいのは事実で(常にこの噂は試合時間の短縮化が目的と言われている)、変わるなら変わるで告知が無いと選手も対応できない訳で、何年か前の(これは本当に不正な統一球が使用された事件)飛ばないボールの時には、有力選手の一部は選手生命を絶たれる結果にもなっています(巨人に移籍したガッツがそうだったかしら)。

この件は、選手会も実際に試合に使用されている球を検査するなど抜き打ちで確認すべきなんじゃないかと思うんですけどね。
ファールボールなどを球場でゲットできたお客さんに球を提供してもらい、任意の検査とかできないのでしょうか(選手会代理人もそれぐらいやらないと)。
正直なところ、西武の現状は目を覆うばかりで(打撃不振は2軍にも及んでいます)、
”球宴後からは大丈夫”とか言われてもね、、、
※ちなみに弾丸ライナー系の打球は失速していないようです。


posted by kagewari/iwahara at 15:05 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流戦で発生したオカルト現象(ヤクルトファン専用)「ヤクルトVS日本ハム」

2024年06月19日

これは今年6月9日、神宮球場で起きたオカルト現象である
1)動画主が既にオカルトである(タイトルとカメラの動きに注目)
2)この日に何かが起きたのは事実である
3)新庄がベンチで常日頃予言めいた予測をするのはハムファンの間では有名

※残念ながら私は代打俺時代からプロ野球への関心が薄れていき、古田ヤクルト時代の魔将ガイエルのことはあまり印象ないんですよ。
しかし動画を観る上の基本知識としてガイエルの逸話をいくつか挙げておくと
【以下重要なので抑えておくように】
・何故かまったくバットを振る気配させずに四球を選びまくる
・ファールボールの打球をスタンドインさせる(空間を操ってるなどファンから魔将と呼ばれ始める)
●古田引退試合において、”ショートとレフトが交錯してボールを落球することを予測していたかのような全力疾走”で、ショートフライをランニングホームランにする
・気が付かないところでサイレント盗塁するのも得意だったとされている

登場人物にいかにもヤクルト特有の選手が登場してるワケでは無いのがまたポイント
(では動画をご覧いただこう)
【安打なしで1点】ガイエルフライ→バント→犠牲フライで決勝点‼︎ 東京ヤクルトスワローズ8回の攻撃(ほぼ)ノーカット映像 北海道日本ハムファイターズ 2024.6/9
https://youtu.be/sGzdYeEcxsY?si=PDAoPXWXzWXm2Tut


●動画主はよっぽど野球観てきた人なのか、打者がスイングに入る動きで「ほぼ当たるか見送るかわかっており」、オスナが田中ジャスティスからショートフライを打つ時には、既に画面が打球方向に(バットに当たる前から)急速移動しており、あたかもショートフライを打つことがわかっていたかのような動きを見せる。
 ↓
●オスナは(手抜きしないので有名な好選手)あたかもフライの”落球がわかっていたかのように全力疾走”(これを動画主はガイエルフライと名付ける)、セカンドに到達。
高津はここで勝負をかけ代走並木。
松本の送りバント後、ハムは左の河野へ継投。
青木は四球(代走は巨人から現役ドラフトできた北村拓《高津とは亜細亜繋がりかな》)

●一番西川、この投球前(セカンドは前進守備の位置についていたので《河野にも声をかけてる》ベースに入るとするとショートだと思うが)ショートがベースに入れない位置にいることを察知したのか、すかさず北村拓が「サイレント盗塁」(これで内野ゴロゲッツーは無い)

●動揺したのか(打者の西川も驚いたとのこと)、マウンドで打ち合わせ
河野が2ストライク1ボールに追い込んだところで、
”新庄マジック”(西川が次にレフトフライを打つことを予感)新庄がレフト水谷を強肩細川へ守備固め(9分20秒あたり)
直後に「西川は”そこへ”レフトフライ」
間一髪で代走並木がホームイン

神宮にヤクルト伝統の魔空間が存在したかのような決勝点ですww


posted by kagewari/iwahara at 00:23 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探せば賃料の安い部屋は(いくらでもとは言いませんが)普通にあります

2024年06月18日

狂ったように値上がり値上がり連呼してるマスコミはワザとでしょ
深読みすると、あたかも不動産投資利回りが向上するかのような印象操作か?
いちおうね、リフォームのコスト増という理由設定は理解できますが、
あーた、何度も更新してくれて長期入居者になっていただければ全く問題無いのであって、
メディアでは、更新時の値上げが目立つとか報じてるらしいですけど、
「解約されるのが大家さんにとっての最大の被害なのに?」
リフォームのコストがーって数千円だけ値上げお願いしたら、解約でリフォームすることになりましたって、これはコントなんですか?

冷静に考えれば、
リフォームのコストが上昇しているので、是非とも更新お願いしたいところですよね?
クレバーな大家さんなら、更新時に値下げ打診すると思いません?
「ここは是非とも更新で」と
(報道で流れてる情報はほんとかねと、街角インタビューなんか信用した事無いですし《スーパーのコメント求める時にもいっつも同じスーパーですからねww》)

どうにも理解できない話が最近目立つんですよ。
そもそも賃貸で安い部屋って理由は簡単で、「それでも利回り5%回ってるから」ですよね?
=仮に売買した場合安いってことです。
(再建築不可であるとか、旧法借地権であるとか、古築マンションが日本では異常に安いとか様々な要因で【市場から外れる別ジャンルが存在するからです】)
ですからね、新築マンション価格の報道の後で、「賃貸も」って、、、ド素人なの?
違うと思うんですよ、

あれは「ワザと煽ってる」んだと思います。
(そういう便乗的なものが全く無いとは言いませんが)
マスコミは”いろんなところがもう終わってます”よ。
※勿論スポンサーの意向もあるんでしょうけどね


posted by kagewari/iwahara at 15:33 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぼプロ野球交流戦もほぼ終了ですね、さてその結果勢力図はいかに

2024年06月15日

スポーツの面白さは、ルールと(市場経済理論に被るのかもですが)公正な運営による戦力のほぼほぼな均衡化で「そのスポーツの本質を理解し努力したものが(面白いと思う事)ギリギリ僅かの差で勝利する《試合結果は大差でもね》」ところです。
長い歴史により”本質追及合戦”を行うことで「競技自体が上位概念にシフトすることもあるよ」ってんですかね(音楽や芸術と変わらないと思います)。

なのでシーズンの順位に一喜一憂するのもほどほどにしておかないと(負けにも負ける姿ってものがあるんでございますから)、勿体ないのであります。そんな感じで、交流戦後の順位を”緩めに”見ていきましょう。

広島(2位に3.5差)
巨人(2位以下は4ゲーム内にひしめき合う)
DeNA
阪神
中日
ヤクルト

当初の予測どおり混戦(ヤクルトも期待の上位には出られませんでしたが、健闘したでしょ)
交流戦の実感は「パ・リーグ強ぇ」でしたね、
思いのほかロッテとオリックスが頑張り、パ・リーグ戦況的にはオリックスの浮上もあるかなと思わせるものでした、日ハムは失速しましたが投手は抑えてますから大丈夫でしょう。
巨人以降は決めてに欠き(巨人も好調とはおおよそ言えません)、
阪神は今日明日の戦いにバタバタし過ぎました。
広島の首位は想定外ですが、この躍進を引っ張った秋山選手が年間通して活躍することは難しいですから(四本柱も酷使ほどではありませんが夏場大丈夫か)、どうでしょう「全然わからないww」
地味に中日の得点期待力も上がってると感じますよ
(ヤクルト村上はタイミングが取れてないでしょ、、一拍遅れてる気がするよ《長岡が覚醒しかけてるのは大収穫←構えがどことなしに近藤に似てきてないか?》それから塩見を失った今、一番は山田にするべきだ。山田丸山長岡村上サンタナオスナ西川そして捕手かな)

ソフトバンク(大差でほぼ優勝確定)
日本ハム
ロッテ
楽天
オリックス
西武

ソフトバンクは優勝しますが、ロッテや日ハムがクライマックスにくる場合、
(たとえば天敵佐々木朗希《はたまたハムがCS1stで伊藤大海を温存する戦術》)
千賀のような絶対のエースを持たないのが今のソフトバンクの弱点であり(今年のエースは有原かモイネロか)、CSのシステム上先発投手を多く持つハムがくると嫌かな。
オリックスの台頭は不気味ですが、西武の弱体化は投手力のあるチームを下支えしてしまうので、どこまで迫れるかでしょうね(ロッテに投手力?って人いるかもですが、そこは吉井のやりくり)。

パ・リーグに関してはもうほとんど狙いはCSでの下克上だと思いますね。


posted by kagewari/iwahara at 23:49 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする