ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

プロ野球において、単純に低迷するチームの打線が問題とか一概に言えない件

2024年06月09日

代打のベテラン選手で考えれば一番わかりやすいでしょう
チームが好調な場合、代打の切り札はゲーム終盤(パなら下位打線セなら投手交代に合わせて)「相手チームの敗戦処理組と対戦します」
チームが不調な場合、代打の切り札はゲーム終盤(場合によっては万策尽きた最終回)「相手チームの勝ち組セットアッパーやリリーフエースと対戦します」
 ↑
同じ成績だったら大変ですよね?

つまりスタメンレギュラーの不調や先発投手の早い回での失点が目立つと、
どんなチームでもチーム打率は下がり、打撃陣が不振に見えます。
(理由は前述と同じ、相手チームの好投手とばかり対戦するからです)
中日ドラゴンズのように球場が広すぎて点の取り方がわからなくなるとかを例外に(推測するに《落合時代が錯覚させていると思いますが:実は長距離打者がいた》、長打率の低さが得点不足原因の場合、送りバントの多用はこの状況を統計的に悪化させます《戦術としてやるなら”無茶でも単独盗塁”でしょう》)、
 ↓
●一般的にチームの打撃不振は「相手チームに先行を許すのが原因です」
手っ取り早い打撃不振の解決策は、球威のあるリリーフエースなどを先発に転向させ(負けが続いてるんですから勝ち組投手は連日休養で稼ぐ場所が無い)5回6回まで0封する試合を増やす事です。→必ず相手チームの同点乃至敗戦ブルペン投手登場機会が増え(ほぼ確実に球速も落ちる)、四球から甘い球のチャンスを貰えますから、打撃陣は活性化します。
※更に言えば下位打線の場合、貧打で負けが込むとスタメンでも4打席に至らず3打席で終わる場合もあり、これでは余計に調子取り戻すチャンスも減るってもんです(上位打線でも四死球1回あれば3打席しか打撃機会が無い)。

悪循環は(何を思ったのか)好調時でも滅多に打てない相手エースを打つべく打撃フォームなどを改造してワケわからなくなることです。

<ちなみにこの話は個々人の不調やスランプでは無く、明らかにチーム統計として打撃不振が明らかな場合の話になりますから、そこは誤解無きよう>
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 12:21 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする