ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

家具と部屋の関係「ソファー」

2006年07月09日

日本人の暮らしで一番持て余す家具に「ソファー」がある。
この洋風家具は、室内土足の暮らしにとっては貴重なリラクゼーションアイテムなんだけれど、日本の文化では「玄関で靴を脱ぐ」のが常識なので「ソファーの前面を背もたれにして床に座っている」状態が多くなる。
果たしてソファーは必要か?
実際問題ベッドが「背もたれ機能としてソファーと等価」なーんて使われ方もしているので、二人がけのソファーが粗大ゴミで捨てられているのを良く見かけるのはご存知のとおり。


この辺にはやはり文化的な側面があって、日本人は一般的に椅子に座る文化が定着していない事もある。
電車なんかでダラ縲怩チと姿勢を崩して座っている人なんかがいるけれども、椅子は腰がキチッとホールドされるような座り方(深く座る)をしないと「疲れやすい」。
実際のところ欧米人に比較して座高の高い日本人にとって、重量バランスからしても「椅子に座ると前のめりになりやすい」って事もあるから、腰をホールドさせて背もたれを使ってくつろぐって姿勢そのものがどうなんだろうってとこもあるかもしれない。

そもそもが、畳の暮らしってとこからするとくつろぐ時には「横になっちゃう」のであって、和風建築における畳の部屋って「床全体がソファーだ」ぐらいの勢いの造りだから、本来のんびりくつろぐって部分のパフォーマンスは和室の方が圧倒的に上回る事になる、その上ソファーを置く必要も無いので部屋も広く使える、
しかし洋室での暮らしが増えている昨今「和室がいいよ」って結論じゃこれまた面白くない。
「ソファーのある暮らし」って、どんな風に考えるといんだろう?
フローリングのリビングなんかにソファーが無いんじゃインテリアとしてもつまらない。いっそのことホームシアターの“席”と使い道を決めてしまうのか、これはインテリアなんだと割り切ってソファーの前に座るのか、あれこれ考えてみる。
案外フローリングのリビングって存在自体の居住性がイマイチなのでこれを補完するためにソファーが必要だと考えるといいのかもしれない。
「茶の間かリビングか」ここいら辺に答えはあるように思う、
豊かさを感じるためには広さも必要だろう、6帖をベストバランスとする和室に比べて洋室だと12帖でも18帖でも広すぎる事に違和感を感じる事はない(和室だと宴会場みたいになってしまう)。
6帖の茶の間で、卓袱台の上にはいつでもお茶が飲めるようにポットがあるってな暮らしだと寝転がっていてもいんだが、コーヒー飲むにもキッチンにいかなきゃならないリビングの暮らしって「寝転がってしまうと、ものを取りにいくのもおっくうになってしまう」、

結論、日本のソファーってのは部屋の広さ(リビング化)の結果起きる居住性の低下を補うためのリラクゼーションアイテムなんだろう。
寝転がるほどじゃないが、立ってキッチンに飲み物を取りにいくのはソファーでくつろいでいる方が楽なんであって(この辺が部屋が広い事が普遍的に“良い”を意味しない理由)、やっぱここにもトレードオフの関係がある。
12帖を超えるリビングにはソファーが似合う、
でもって、そんなソファーで「だらしな系」の座り方しているとやーっぱそのメリットを失うわけで(笑

ここで提案、
ソファーの選び方だけれど、座り心地を一番に選ぶのではなく「立ちやすさ」で選んでみたらどうだろう。

B000EZS6OSワイドソファ・カジノ ブラック
ヒルリード

by G-Tools



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 03:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
現在のマンションに引っ越すにあたり、初めてソファーを購入しました。夫婦共に「床に座る」のが苦手なもので、結構奮発して本革の3人がけを購入しました。当然、現在はネコに占領されてしまっていますが……。購入した○塚家具で最も良いと思ったソファは、英国製の座面が高くクッションが固いものでした。しかし立ち上がる時に驚くほどに力を必要としない優れた物でした。お値段は確か140万円……。
Posted by 臭気判定師匠 at 2006年07月09日 10:20
高い家具好みのネコなんですね縲怩チてか、ネコって「一番いい席」を見つけることに関しては天才ですからね。いやぁー私はゴロゴロしてしまいますっソファーがあると、そこの上に横になってしまう始末で仕事用に「洒落た一人がけを」ってのは、考えちゃいますけどね、そんな事考えて10年ぐらいたっちゃってます(笑
Posted by kagewari/iwahara at 2006年07月13日 09:09

この記事へのトラックバック