ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

東京の土地柄と暮らし

2007年03月03日

ご存知のように東京って街は、日本の中央集権的発展の中心で昨今の地方分権的見方からすれば鬼子のようなとこもある。その辺は東京ネイティヴな人も似た思いがあると思われで、東京古いどころか東京で生まれた人から見れば、一部の地方都市が地方で人気でそこにビギナーが集中する傾向は「棲み分け的に」歓迎されている向きもある。
「あ、あそこ地方の人の街ね」ってのは、皮肉にも都心近くの近郊都市であって、近隣の埼玉千葉神奈川ネイティブな人から見れば、そこがが東京と見えるのかも知れない。

ある意味、その地方に知名度のある街こそコスモポリタン的な”東京”の本性でもあって、さて東京のアイデェンテイィーってか都市デザイン(その地方の中心的在り方が生み出している富)それ自体は、むしろ「地方の人の街東京」の方が真実だろうし、日曜日に賑わう大都会はその新東京人が行き交っている。
富の集まり方がコマーシャルって広告性だとすると、そりゃ当然街の知名度ってのも同じ商業性に乗っかっているのだから確かに代表的な街としてはそちらが望ましい。
『東京の表の顔は”地方の人の街東京”』であって嘘じゃないし、そんな新規参入の人々のパワーで東京の文化も絶えず変化している。

しかし心理学じゃないけれども、表には必ず裏(無意識)があってこの両者は互いのバランスを均衡させることで安定的な”全体”を構成する。
このバランスの局面に緊張関係があれば、そこに歪が生まれて地震のマグマ(心理学ならリビドー)じゃないけれどもどこかに無理がかかる。
つまり、華やかなりし東京の無意識はそれと同等の深いアンダーグラウンドなサブカルによってバランスしていることになる。
簡単に言えば「あの表参道ヒルズの裏はなんだろう」みたいな話、
そもそも同潤会が無くなってなんて時にも、一時その均衡が不安定になった感覚って誰しもが思ったのじゃないか?
その当時私は、行っても新宿ってぐらいですっかりちゅうおう線なB型人間だったワケで、最近みたいにやれ青山だやれ西麻布だついでに入谷だ蒲田だって行動半径無いんであって現実としての実感こそ無かったけれども、その均衡が崩れる感覚っていうのかな雰囲気ってのはちゅうおうせんにも波及していた。
ある意味、後の吉祥寺の大破壊(再開発とも言うが)、や高円寺のお洒落化(絶対に無理がある)なんて事をそれは予感させたのであって、その延長に秋葉原の再開発も見えてくる。

そりゃ新宿局面から言えば、西口界隈の中古レコードがどうたらとか東口のJAZZ喫茶がって動きも遥か彼方みたいな事になっているけど、大久保界隈のアンダー具合はより激しさを増している部分もあって、そうそう変わりゃしないよな底力(でいいのかね、、)は健在。
引越しって言えば、それはほとんど”棲変え(住替え)”なんであって、そんな意味でも「なんちゃら町の人」的発想ってかなり大事だと思う。
それって、自分の人生の方向性と街のグルーブ感と言えばいいのか、その関連性は避けて通れない部分でもあるから、ハズレを引くと惨憺たる結果になるような気もする。
どっちの方向を向いて転がろうかって時は、いいも悪いも自分らしい方位ってものがあるだろうからここの見極めは大事になると思う。

少なくとも、新規参入の若い人が知名度の高い街を選ぶってのは正攻法でやっぱりアリなんだと思うけれども、最近その知名度の高い街ってのの崩れ具合が気になる。
それは果たして東京ビギナーな人の「特に東京じゃなくてもいい人率の上昇」が原因だと思う。今この地方分権の時代に東京はどっちを向けばいいのか?
その答えが『東京マラソン』だとは思えないが、デフレの時代にふさわしいもうちょっと気さくで楽な東京って生き方がそれこそデザインとして盛り上がってくるとちょうどいいバランスなんじゃないかと思う。
昨今の人口統計だと、東京WESTから大量に(特に30代から40代)都心部(千代田・港・中央区)へと分譲型の民族移動が起きていいる。つまり『東京人中堅どころ』の人は東京WESTからテイクオフするのが勝組み路線的在り方らしくって、そうなると北の吉祥寺・南の自由が丘、中心の下北脇を固める立川と町田・蒲田って地域は「昔に戻るのでしょうか(笑」。
いやいや実際は、勝組み負組み発想もどちらかと言えば団塊マスコミの陰謀キャッチコピーな代物なので『中央区へGO』な動きもおそらくそう長くは続かない。

インディ系なサブカルアートな人には、入谷→湯島地域は注目で・・・
そう考えてみると『中央区へGO』な動きの潜在意識ってのは(表に現実化しない本音)下手すっと『台東区へGO』なんじゃないかと(笑
「それは行き過ぎ」ってご意見あるかと思いますが、先先へいくエキサイティングなサブカルな人ならそりゃあるでしょう『中央区へGO』の予定が勢い余って『台東区に』とか、今賃料相場としても台東とか江戸川って注目で(意外と東京WESTターミナルへのアクセスもいい)、あ縲怩こんなとこまできちゃっていいのかぐらいの勢いで部屋を探してみるのもいいいのじゃないでしょうかっ

◎以前レポートした映画のロケレポート、昨日担当者から『映画ほぼ完成』のお知らせが。やっぱね縲怐uエキセントリックでアートな人の設定には南千住が似合う」と再び思ってしまいました。

================================================================

なんだか良くわからなかったのですが、ええ、ありがたい話でこのブログがスマッチのリスペクト賞にっ
読者の方には感謝です、又お世話になっているイロイロな方面の方々及び酷使に耐えている私のモバイルノートにも感謝であります(ついにs30も体力の限界で引退です)。
この場を借りて「ありがとうございます」です。
これを励みにですね、懲りずにあれやこれやとまだまだ書きまーす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック