ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< May 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『五反田・高輪』ホーマットキャピタルへ(3)

2008年02月16日

ドーンと回り込んでいくと、そこにそのマンションがあります。
高輪ヒルズ:築1973(S48)年、施工鹿島建設

とにかくデカイ
とてもRICOHGXの28mmに入りきらないというか、、
高台の上にあって、前景を捉えられないんですね。
ま、見るからに庶民を寄せ付け無いほどの雰囲気漂ってます。

ここから大返しして”ピーポー高輪”を通過明治学院を裏手に旧商店街を北上し白金台へ

この辺暮している人でまー知らない人はいませんな。
この素晴らしい建築


これが、私がこの近隣のお部屋を紹介した入居者の方が名付けた”ピーポー高輪”こと(お迎えが港区高輪署なのでここはダブル”ピーポー”なんですこれが)

「高輪消防署」
「署防消輪高」になっているほどの古さ
はーっと、見とれている場合じゃありません。日が暮れてきてますっ
今回のテーマ「ホーマットキャピタル」へ急ぎましょう。
ホーマットキャピタル:築1980(S55)年、施工大林組

シェラトン都ホテルの隣、ナチュデ八芳園が裏庭になるという抜群の立地(八芳園方向からの絵は『HOMAT HOMES Inc(興和不動産)』のサイト内にありますよー)


故○本首相も暮していたという高級マンションで、
「周辺相場をはるかにかけ離れた価格で流通」する事でも異名を馳せる存在です。

何やら今回のレポートは大林組VS鹿島建設みたいになってますが(笑
主眼はですね「築20年以上の名作マンションにおける資産価値的背景と内容って何か」って話なんですよ。
こういう世界から見たときに「新築タワー系」がどうにも軽量級に思えるって背景や、最近の「所謂築浅マンション薄々タイル系って何だろう」と考えさせられます。
それこそモデルルームの段階で分譲マンションを”買ってしまう”問題とか、「マンション築年数5年以内」なんて問い合わせのナンセンスさとか(ここにはポータルサイトなんかの検索DATAベースの設計にも問題あるんだけれど)、わかっていただけますでしょうか。


と、坂道の連続でへたりながら目黒方面へ帰途につきます。

『ゴールデン洋画劇場』みたいになってました。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック