ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

引越しと”縁起”

2008年05月27日

部屋探しで立地を考える上で、「墓地の近くはちょっと」な方もいるかと思いますが、東京の場合には「墓地が見えると縁起がいい」なんてー感じが当たり前になっています。
この辺以前のレポートの千駄ヶ谷の話なんかでもそうなんですが、東京の場合”一等地に墓地がある”のは一般的な景色で街に神社仏閣欠かせませんから(それはさぞかし高価な墓地だとおもいますが)、生活行動半径の中に墓地が無いとか神社仏閣を見かけないなんて事は皆無です。
むしろ郊外(というか地方)に行けばいくほど農地転用の宅地造成なんてな都市計画になるので(神社仏閣の分布もスケールに応じて拡散する)、都心部の”イイトコ”に暮しているといえば「神社仏閣も近い」事を同時に意味していたりします。

現実半ば公園緑地に近い存在でもあって、都心部の環境を考えても欠かせないものです。「墓地が見えると縁起がいい」てな話もそんなところからきているのかも知れません、

実際の話

このなんと申しましょうか何処から見ても「のどかな公園」の風景

こちらで暮しているこちらのお方もかなりご機嫌にのんびりされていますっ

そんな”ここは何処”と言えば『青山墓地』なんですね、
外苑前から5分ほど、青山1丁目から12分ほどの場所なんですが「ここだけゆっくりと時間が流れている」かのような(墓地としての歴史を考えれば確かに都心のうつろいと離れたゆるやかな時間が流れているのも確かです)”和み”すら感じます。

東京の部屋探し的に考えれば「神社仏閣の近く希望」これはアリなんですよ、
難しい事考えずに場所取り的にそんな探し方するのも”部屋探しの近道”かもしれませんよっ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック