ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

有楽町から勝鬨橋へ(序)

2008年06月04日

今回の流浪の建築巡り”Teorema”は、ネタバレで先に書いてしまいますがテーマは『華僑ビル』だったんです。しかしネタには事欠かない地域ということでまたもや画像が大量になってしまい「有楽町から勝鬨橋へ」とテーマを拡大してお伝えします。

というワケで有楽町から勝鬨橋へ向かいますっ

ここ新橋銀座有楽町エリアにも再開発の波を見ることができます。
そうとうねじれているビル

「外装メンテナンスはどうやってやるんだろう」と要らぬ心配等しながらあたりを見回すと、

ここには以前retourの方でレポートした”個性的なレコードショップ”があるんですが、残念ながら当日は「お休み」でした

うーん残念、気を取り直して先に進みましょう。
三原橋交差点から辺りを見回すと、気になるビルを発見

近隣にはなんとも味のあるレストランや

再開発最先端な様子(取り壊し後に”金庫だけ残っている”様子が何かをもの語っているかのようです)のちょい先に

1972年竣工三幸ビルです、威厳と言うか重厚感というかそれは見事なもので

マルチセルホーンを思わせるようなメタリックな窓開口部分の意匠等見事な建築です。

ここにも物量投入の凄味というか”ガッチリした世界”を感じます。

流れというのは続いているものなので、”ビルらしいビル”をひとつ探してみようと交差点に戻って新橋側を覗いてみます

振り返るとこのような状況


あるじゃないですか又重厚なビルがっ

こちらは1973年築の丸高ビルです、三幸ビルと窓部分の意匠に似た部分を感じるのは当時のデザインの方向性なのでしょうか、こちらも負けじと”ビルらしいビル”、

事業ビルのこういう”ガッチリした意匠”って、そこで行われる事業の堅さにも連なる世界を表現するので得がたいものに思うんですよね。そんなところからも現代建築の意匠と比較して事業性って世界にも様々な解釈があるのだろうとしみじみ思います。ただ物量投入全体の重厚さってものはこういった歴史あるビルの方が優れているのは間違い無いでしょう。

ななめ向かいには兄弟棟と思われる第二丸高ビルもあります
落ち着きのあるがっしりした風情は独特のものです

ここまでくると新橋・汐留エリアが”すぐそこ”、

と、ここで反転して三原橋交差点歌舞伎座方面へ戻り、
いよいよ本番今回のメインテーマとなるエリアに向かいますっ

<つづく>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック