ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< September 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

秋葉原その後

2008年06月24日

私はモバイラーなのでアキバに行くのは割と頻繁なのです、
先日の事件はかなり衝撃でした
自分は今回の犯行の背景のひとつでもある「歩行者天国のある日」は滅多に秋葉原に行かない関係で自分が巻き込まれたかもと思う事は無かったんですが(専ら行動範囲は裏通の電気専門街の方なので)、平和な印象が強かった秋葉原でおきたこの犯行はいろんな意味で衝撃でもありました。

それこそワイドショー関係の報道が収束した頃なので、落ち着いてこの事件を考えてみます。
”都市犯罪”の典型と言えるでしょう、
これまでの報道情報や犯人(現行犯逮捕なので”犯人”とします)が書き込んだとされる情報から犯人にはメンタルな問題が無かった事がわかります。
「見かけ上は」です
彼は引き篭もりでもありませんし、鬱症状に悩んでいたのでもありません。
掲示板の話とは別に、彼には交友関係なる人間関係もあり、仕事もあった(負け組み云々の話は「とんだ言いがかり」であるのは説明の必要無いでしょう派遣の話は別論議です)、
しかし彼の発想が強迫的だったのは事実で、
その背景を察するというか、推定される情報はここに代表されているように思います。
 ↓
「秋葉原父」の言葉


彼の犯行動機は「動機にならない動機」であり
言い換えると「動機として破綻している」のです。
現実彼の犯行動機の背景には、
報道には「誰でもいいからかまってほしかった」という証言がありますが、
実際のところは「取調べのお巡りさんに両親への不平不満(不満の雛型になる誇大視された両親の象徴化されたイメージが介在している)を聞いて欲しかったから(心理学的に言えば翻って”反動的に”その誇大視されたイメージの両親の子供である自分自身への自己陶酔)」と言い換えても大きく間違いじゃ無いでしょう。

自分に注目を集める方法として彼は無差別殺人犯に”自分を見立てる世界に自己陶酔していた”とも言えて、それを掲示板で披瀝して”自己陶酔に足るレスポンスが得られれば良かった”と考えていたのでしょう。
しかしご存知のとおり(この辺はマスコミは大勘違いしている)「ネットの世界は”現実”だし、社会生活上の社会性以上によりその”現実は鮮明”」ですから、当然そんな筋の通らない話に(彼の期待した)レスポンスが集まる筈も無く、彼は反対に「(妄想下にあって相対的に)ヴァーチャル度の高い現実の社会性に”逃げた”」(見せかけだけの世界に逃げた→犯人が極めてリテラシーに欠ける「ワイドショー」を意識していたのが証明です→勝ち組み負け組み妄想の象徴)。

ネットの世界ではリテラシーが強く重要視されるので、似非やホラ話に対する対応は辛らつで「ソース出せ」的な話も日常ですから、
彼は自分の認識を”強迫的な自己陶酔”である事を認めることができずにそれを本当の事にするべく反動形成を行った。
明解な『犯罪の選択』をです(この選択にメンタルどうこうは無関係です「犯罪の選択」は明解な確信犯的選択です、そこに言い逃れの余地など無い)、
報道では「土浦市荒川沖駅通り魔殺人事件」の影響も伝えられていますが、
これは影響というより、彼の犯行動機の”正当化”のネタとして似非的シンパシーのような関係性(投影)で彼がその事件を認識していたのであって直接の影響があったとは考えられない。

特徴的なのは「都会へ出て犯行を行った」ところです、
「自己顕示欲の発露として、何らかの野心を持って都会へ出る」を一足飛びに(誇大妄想的な自己愛のため彼には自立的に努力して掴んだ何かを肯定する着眼は動機形成として存在していない)、”都会で目立つ事をやる”的選択を彼は行った。
この部分は都会に対する漠然とした恐怖として普遍的な部分かもしれないけれど、
彼の中では「都会で騒ぎを起せば注目集めた度合い的には彼の認識では”勝ち組み同様”」なる意味不明な心理となり、
そもそもマスコミが反省しなければならないのは、根拠不明な「勝ち組み負け組み報道」であって(これは心理的には特に団塊世代における現代社会に対する階層デバイドのような心理に始まった妄想ですよ)、「労使関係や雇用関係の法整備や所得の再分配」の問題とこの論議をごっちゃにするからワケがわからない発想を”正当化”する材料を社会の権威に相当する立場のマスコミが流布するからおかしな話になる。
今回の犯罪に社会の側が、もし何らかの悪影響を与えたとするなら、それはマスコミの「無責任な勝ち組み負け組み論である(結果的に社会で高所得を獲得する事が”勝ちである”かのような話を自分でしている事に全く気が付いていない)」と言っていい。
現実世界における『都会の生き様』ってものは全然違う世界の話です。
今のマスコミにはこういったリテラシーが全く期待できない(裏番組で「セレブ御用達」みたいな企画に”勝ち組みですね縲怐hなトークを平気でやっているんですから→本来富裕層にはノーブレスオブリージュ(noblesse oblige)的な切り口が無くちゃいけない)、

自己陶酔的な自己顕示欲が時に空想レベルを超えた特権階級意識に結びつく部分は、精神分析のブログの方の話になるので突っ込んで話しませんが、
西部開拓時代の市民(シビリアン)が、市民の責任として銃を抜くべきだなんて論議は現代社会ではナンセンスかもしれません。しかし、都会に暮す人間としてこういった暴挙を抑止する当事者意識ってものを私達はもたなくちゃいけないのじゃ無いでしょうか。
「都会の生き様ってものがこうである」なるアイデェンティティーってものがあるべきです。
I love NYじゃないけれども東京ってものを東京が守る認識が、こういう幼稚な発想の犯行への抑止にもなるのだと思います。
私は東京が好きです、


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PC関連のパーツ購入で秋葉原を訪れると


事件の痕跡を残すものは見当たりませんが、
秋葉原中央通には、

背後に微妙に映っているのが秋葉原の灯りですっ


こんな方が街路樹の上に
見えませんか?

東京は危ない街なんかではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 21:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
麻布台の件、失礼しました、了解です麻布台1丁目のカトレヤハウスはホーマットなんですって!な縲怩だか例の築地塀や雰囲気からしてもしや!?とは思っていましたが・・・3月に10年振りにプラザホームズへお邪魔して部屋探しを兼ね暫し雑談中に発覚てなわけです、女性のお話ではあと10年は大丈夫だそう(森ビルが興和より取得、虎ノ門5丁目&麻布台1丁目の再開発のため次々と建物&土地を買収・・・)Teoremaの時はコメントしなきゃ申し訳ないような気がして強迫観念になってます、ある意味秋葉原の再開発後はズバリ好きません、無機質なビルばっか建てやがってってのが本音ですかね、再開発は何処もみんなそうです(最悪なのは有楽町駅前で、場違いな商業施設が建ったせいでチャラチャラした人種が大増殖して街の品格が急降下しました、銀座も銀座らしい名建築が次々とお決まりのパターンで変身中ですね)秋葉原の場合は計画した張本人が『きれいになり過ぎてあれは失敗だった』とメディアで公言しているぐらいですし、日比谷線からJRのアクセスが不便になり、私は従来からのエリアが落ち着きます大抵は古炉奈でお茶するのが決まりで。
Posted by テオレマ at 2008年06月25日 19:07
なるほど、そういう背景もあって某○○ルさんは麻布方面の住民の方とあれこれあるのかもですね。伝統ある幼稚園を何やらとかいろいろあるみたいです。秋葉原はねぇ困った部分もあるんですが、これは止められないでしょうね。昭和闇市テイストと申しましょうか、御徒町縲恟H葉原なる雰囲気は神田とは一線を画していて独立したものですよね。電気街的にも本命は裏通ですもの、しかしここの相場上昇があるとちと厳しい私は「旧秋葉原は”より御徒町方向にシフト”する」と思いますよ。日本は歴史的建築を軽視し過ぎで、ここは政治と再開発利権が仮想公共事業のように(金融行政も含めて)セットになっているんだと思います。本来都市計画はもっと哲学あっていいし「緩やかであって自然」だと思います。白金にも思い切り「再開発反対」の文字がありました。
Posted by kagewari/iwahara at 2008年06月25日 20:00

この記事へのトラックバック