ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< March 2024 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(58)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

白い部屋(後)

2009年09月10日

前回の続きで「部屋のコントラスト」についてです。
じゃぁファミリータイプで(2DK以上)「いえいえ純粋なリビングスペースがありますよ」な時にはどうすれば効果的でしょう。

純粋なリビングスペースとなると、1R居室における”ごろ寝の可能性”は大幅に少なくなりますから「何らかの椅子に座る」前提となるので、勢いデザイン上は『腰壁的デザイン』の効果は大きくなります。
ローボード型の(腰高チェスト等)インテリアを高さを揃えて並べるって手法もありますが、いっその事ですね「擬似的に腰壁を設置してしまう」ってのもアリなんじゃないかと思います。手法としては簡単で(いい加減とも言いますが)、両サイド一定の重量のある家具を設置(デザイン的には全く同じ家具が望ましい)その背面にですね”東急ハンズ”等でおなじみのサブロク合板(約90cm×180cmの板:コンパネとも言います)を”壁に押し付け立て掛け”してしまうんです(その場で板取してサイズカットも頼めます)。
立て掛けているだけなので原状回復の心配ありませんし、
素の木目を重視するなら”シナ合板”を選んで表面仕上げをすればそのまま使えますし、
自分で装飾タイルを貼るとかアイデアがある場合には安価な”ラワン合板”でもいいでしょう。
合板の仕上げで気になる木口の仕上げが面倒であれば「木目テープ」みたいなのもあるので、参考までに
 ↓
http://vicdiy.com/zairyo_knowhow/010/010.html

意匠における参考は『暖炉まがいのアクセントがつく』ってとこれしょうか(笑
この板を抑える荷重が大きければ自由に棚を作り付けたりのできるのであって、何気に使える手法に思います。

※全然関係無いのですが木造アパートの柱で囲まれた壁が90cm幅で狭い方であれば壁のサイズを計測してピタッと収まる格好で設置も可能(誤差があるので若干隙間の空く感じでカット依頼する方がいいでしょう)、柱えのネジ固定は原状回復の対象になりますが綺麗に穴あけすれば補修パテなんかで埋められますから(請求に関して保障はできませんが)自由に棚を設置できて”ネジの効く壁”が欲しい時には使える手法です。防音効果はそれほど期待しないでください:木造モルタルアパートの場合”長押(なげし)”にハンガー掛け的装飾あるのが一般的ですが、その場合ハンガー掛け板装飾の裏側等にモルタル塗りの隙間があるケースが多いので(鴨居みたいな奴です)遮音考えるとそちら側の処理も必要になる上に合板立てただけだとその合板自体が周波数で鳴くため→双方のデッドニングが必要になる(これGL工法のマンション壁なんかも似たような話)。

さて、話は戻りますが、
『擬似腰壁設置』に成功すると部屋の色調コントラストはフローロング床の木目に頼る必要無くなりますから、明るい色調のカーペットなんかを敷いても「なんか真っ白になってないか」等という心配も無く明るめの部屋に誘導可能と、
何気にインテリア配置の自由度が高くなるのじゃないかと思いますよ。


※それこそ分譲や中古マンションの購入の方はDIYで設置できる『腰壁』なんて代物もあります。参考までにこんなタイプもアリ、
 ↓
http://www.matusou.co.jp/cloth/lilycolor/kosikabe.htm
(工法は製品指定のままである必要無いと思うので日曜大工の腕に自信のある方はあれこれ工夫して使用すれば案外使えるパーツじゃないかと思いますよ:参考にして全て自作してしまうのもアリでしょう)


全く関係ありませんが、
白い部屋といえば思い出しますね〜
Creamの名曲『White Room』
そのまま埋め込むと何が何なので(笑
URLだけで
http://www.dailymotion.com/video/x8f0s_fresh-cream-white-room_music
http://www.youtube.com/watch?v=uGZeqwdWoeo


White繋がりだと個人的にはこっちの方が好きなんですけどね
http://www.youtube.com/watch?v=Q1cfTMdjkYM&feature=related

何やらこれを貼るためにこの記事を書いたような気も。。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック