ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

安全保障と住居

2010年12月01日

北朝鮮の砲撃以来極東アジア情勢が大変な事になってますが、
(深刻度から言えば韓国がそれこそ抜き差しならない状況でしょうけれど)
暮らしであるとか住居って部分で考えられるところは無いものでしょうか。

考えてみれば経済大国も脆いもので、韓国における論議を抜き出しても事は軍事力による防衛だけでは済まない訳です(大都市への攻撃があれば株価が大変な事になるなどいう話がチラホラ出てます)。その影響は先進国になればなるほど深刻であって、逆に言えばアメリカが本国への攻撃を恐れるあまりあれほどの軍事大国化してしまった歴史的経緯と9.11以降の軍事的突出がそれを証明しています。
勿論脆弱なのは株価だけに留まらず不動産だって同じです。
一般に土地を評価する上で傾斜地などの要素が評価を下げる要因であるように、土地単体の安全保障みたいな話は現実世界に成立しているのであって、それは国際情勢にもリンクしているでしょう。
やっかいな事に北朝鮮情勢が暴発すれば(彼らが持っている中距離弾道弾は余裕で日本を射程に入れているのであり)、東京中心の株価やら不動産評価含めてエライ事になります。
勿論「そんな攻撃があれば人命に関わるのであって、それどころじゃないだろう」って台詞が聞こえてきそうですが、いきなり統制経済みたいな転換が容易な筈もありません。

日本の非木造建築の走りは『関東大震災』であり、
又『東京大空襲』であったワケで、
不動産の実体は個別に(ミクロの領域でも)そこに関係しているのであって、「それどころじゃない」って論議もわかりますが、都市計画含めて重要な要素に違いありません。
前例に挙げたように以前の「暮らしや住居の安全保障」は専ら防火対策に負うところが大きかったと言えるでしょう。
そこが現代社会でどう変化しているのかってところを考えてみようって話です。

重要な部分は『インフラの損害にも耐えうる住居』という部分でしょうか。
集合住宅においては超大型の貯水槽(昨今浄水器ビルドイン住居があるように)マンションそれ自体にモジュール型の上水機能を有するとかあってもいいでしょうし(高層住宅で水が止まったら悲惨な事になりますよ実際)、はたまた大規模マンション特有の資産評価を利用して管理組合主導でソーラー発電を導入するなど(緊急時には自家発電で3割でも自力供給できれば大きい筈です)、特にエレベーターが動かないと移動もままならない住居もあるでしょうから停電対策は必須かと思います。特に入居戸数の多いタワー型マンションなどは母数の多さを利して無停電安定化電源型のバックアップバッテリーぐらいは常備すべきなのじゃないかと思います、いざとなればソーラーと組み合わせて効率良く「自家発電で3割でも自力供給」の安全保障目標が達成できるかもしれません。

個人の住居においては環境対策として現在進行中の「電気自動車のバッテリーを発電型住宅のバックアップ電源と利用可能にするシステム」がキモになりそうです。
(これには電気自動車のバッテリー高性能化が必然ですが)
緊急時に自家用車を避難テント替わりに利用できるでしょうし(自家用車をコアにして別途避難テントという手もあるかも)、自宅のソーラー発電供給充電で自動車設備の電気系動力はフル稼働も可能でしょう。
一戸建ての場合であれば水は給水車からの搬入も高層住宅ほど大変ではないでしょうから、(そこは各住戸の安全保障判断で)雨水利用の浄水設備までは必要では無いかもですね。
集合住宅でも個人の一戸建てでも食糧生産には是非取り組みたいところで、
野菜工場系のミニプラントが健康志向の中で民生品でも今後伸びる可能性があって、このシステムは住居の安全保障機能にも一役買うでしょう(このプラント用の水供給システムが水資源のバックアップとなるかも)。

通信インフラは是非とも国策で『人工衛星通信』を伸ばして欲しいところです。
人工衛星であれば(流石に宇宙空間における衛星攻撃は先進国でもそう簡単では無いでしょうから)手持ちの端末さえ破損しなければ問題無く情報取得可能ですし、
防災と言えばなんと言っても情報なので(ここ防衛庁の予算使ってもいいように思います)『光の道構想』は人工衛星利用の無線通信でお願いしますよ孫さん。

結論こういった住環境の安全保障と『環境住宅』には共通項が多い事わかります。
昭和の時代を経験した人には”停電”なんて珍しくなかった記憶あると思いますが、平成生まれの人には「まさか停電」という先進国インフラに対する過信もあるでしょう。特に分譲マンションの管理組合は検討必要な項目じゃないでしょうか、
国家経済のスケールでも上記のような各住居の安全保障性能が高くなることで、何らかの危機があった時の不動産市場の暴落に対する一定の抑止力にもなると思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック