ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

選挙結果は意外とこれwinwinでしょう

2014年12月17日

(私は個人的に小沢ファンですが元ヤクルト野村監督ファンと同様のものでして”所謂支持者ではありません”ので、小沢氏の政治生命的にオワタ感ある点は前から理解しており”生活”の選挙結果は気にも留めておりません。まだまだ健在大いに結構ぐらいのものです。)
と括弧書きにまとめてしまっていながらも小沢氏がらみの話から進めましょう。
ある意味「消え失せて欲しっかった民主党」は勝ってしまいました。
議席は増えたのですから勝ったと断言してよいでしょう。
■今回の選挙は当初から低投票率が予測されましたから、組織票を持つ民主や共産がそこそこ勝っちゃうよって事は事前から予測の範囲内であり、野党間の地味な選挙協力が功を奏して読み通り民主党勢力は基礎的勢力の死守に成功しています。
この辺の動きには小沢氏も一枚噛んでおり、個人的には「余計な事をしなくても」ぐらいに思ってましたが、彼的には一定の成功を納めたと言っていいでしょう。
維新にしても負けたと思っている人いるかもですが、
組織政党じゃないですから低投票率の中で健闘と分析して間違いないでしょう。
結果バラバラだった野党は「民主・維新」の2党で話を詰めれば何でも決まる事になりました。
かなりスッキリしたと言えます。

現在の橋下氏は(この人基本的に政治家志望では無い人物だと私は思ってますので)大阪都構想の実現に協力してくれればぶっちゃけ相手は誰でもいいってのが本音だと思います。
当初大阪維新には自民党党首選に出る状況にすら無かった現首相の安倍氏を党首に担ごうって腹があって政党となった経緯もあるので、実際の話「安倍氏が自民党党首となって拍子抜けしてから半ば目的を失った」部分もありまして、、現在は「引くに引けない都構想の意地」ぐらいしか政治目的が無いのです。現在党内も「民主残党とみんなの党」が国政的な部分を主導する状況にあり(石原氏を切った時点でここは明白となりました)、民主党党首選結果にもよりますが民主党との連携もスムーズに進むでしょう。

■今回の選挙の焦点として重要なのは「沖縄」です
共産党まで反基地なら保守系候補を応援するというこれまで考えらない選挙協力が成功し(共産党候補を元自民保守系地方議員が応援する姿もありました)、事実上反自民で全勝。
(反自民というか、沖縄自民党的には本土の字自民党に裏切られた感もあっての反逆かと思います。長い事沖縄をまとめていたのは野中氏やら橋本龍太郎などの旧田中派経世会だったので、旧福田派政権の現自民党と距離感あるのは不思議な事じゃありません。視線が常に斜めの石破氏がまったく頼りにならないってところも含んだ話でしょう。)
※ちなみに沖縄は地方によって随分意見も違うため、県全体が左派的って事は無くですねこの反自民の動きは「基地問題があまりにも理不尽なため共産党まで協力しちゃう」という部分が再確認されたという事です。
●沖縄に関して言えば、ジャパンハンドラ―も「ちょっとどうかな」を表明しているので、政権がアイデアを出せば一部施設のグアム撤退で話はつくと思うんですけどね。
米軍的にはバカンス的な意味を持つ「沖縄赴任を楽しみにしている部隊運用のスケジュール」があり、基地では無くナントカ研修センターなりの箱ものを新規に建築などしてですね、グアムへの移設費用をグラムのインフラ整備含めて負担する事で基地の一部返還も「グアム移転」でwinwinになる可能性もありましてここはアイデアだと思います。
(ここはオバマ政権が「どこに話を付ければいいのかわからない」って部分もかなり大きいかと)
安全保障的には自衛隊の任務なので、米軍沖縄基地が抑止力なんて話は元から絵空事です。
米軍の抑止力とは「日米安保によるもの」でありどこになんの基地があるからとかの話じゃありません。戦国時代じゃあるまいし米軍基地は人質じゃないんですからねww。北海道に第七師団があるように九州から沖縄にかけて海上自衛隊主力戦力を集結させる事こそがこの地域の安全保障です。

■更に言えば、現在の日本の置かれた状況から言えば、「安倍政権の長期化」は国益として最大公約数的にも好ましい選択だと思いますから、安倍首相の「政権の信任を確認するための選挙」という狙いも文字通り成功したのだと思います。
(世論に政権への批判があれば投票率も上がったでしょうから。今回の選挙結果は間違いなく安倍政権への信認ですよ。)

与党も野党も「欲を言えばきりがないがほぼ狙いを達成した」選挙だったかなと思います。
(自公政権の延命も何もですね現在の野党には政権台頭能力を担う勢力が無く、野党再編にしても1年からかかるんだから。仮に自公政権が突然瓦解されても困るのです。表だって霞ヶ関と向き合う事もできないマスメディアがトンチンカンな安倍政権批判をしても誰もなんとも思いませんよ。)
今後の国会運営的にもかなり交通整理できたんじゃないですか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック