ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

法人を含む国民皆公的地震保険は不可能なのか

2016年05月26日

たとえば『国民地震保険』のような制度です。

現代日本が地震活動期にあるのはやはり事実と言わざるを得ないでしょう。
震災後には復興予算が組まれいずれにしても何らかの補償であるとか補助金の投入が行われます。しかし不動産含めて個人や事業に対する補償となると、根拠となるような法整備や事前の基準のようなものが明快にわかる状況となっていません。
更にここのところの地震のスケールは(過去記事にも触れましたが)建築性能だけで被災を避ける事は少し難しいのでは無いのかとも思います。


■そこで(富の不均衡解消などの経済政策的にも)昨今度々政策論議にもなっている「資産課税」がひとつのアイデアとなるのではないかと思うのです(地震の被害は専ら自治体も含む資産や法人設備に対するものですから)。
課税内容の性格上、資産課税を一般財源に入れるのは釈然としない部分がありますが、課税では無く「国民地震保険料」という形式ならアリじゃないのかと思うのですよ。
保険料の運用により資産そのものを保障し、通常は防災インフラ投資や耐震補強工事の補助金に回すなどとすれば、理解も得やすいでしょう(自治体に関しては予算に応じた外形課税式で保険料を計算する方法もアリでしょう)。

財務省と国交省で検討グループを立ち上げれば政策化も決して難しいものではないと思いますし、この政策論議において与野党間で目立った対立が発生するとも思えません。
政策として(皆保険として)「事前の補償額やその内容」が予算委員会などで明確化されれば、地盤の瀬尾室など”揺れやすさ”に個罰差のある土地不動産の価値を公平にそこ支えすることにもなります。
(金融関係からの支持も得られると思いますよ。)

「損をする人を探すのが難しいぐらいの政策」だと思うのですが、どうなんでしょうね。
素ではれば民間の地震保険関連で民業圧迫という話になるのでしょうけれど、そこは民間保険と健康保険の関係のような棲み分けも可能でしょう。

少し論議からは外れますが、
自治体を参加させる場合(前述括弧書きの外形課税と同じ計算方式とするのであれば)、道路などインフラ資産が大きすぎれば保険料の負担額も増えます。自治体予算に見合うインフラ投資のバランス回復を自然と促す効果もあるのではなかろうかと思います。
財務省としても悪い話では無い筈です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:42 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする