ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

この暑さで服装の概念が変わるかもしれませんよ

2018年08月09日

アパレルメーカーさんも苦心惨憺しているところかと思います。
通例の夏物春物のラインナップだと、実体としての季節に対応できなくなっています。
(思惑外すと売上に大きな影響があるとも聞きます)
地球温暖化であるとかその原因は本当にCO2なのかって論議はさておいて、
少なくとも短期的に江戸時代などと比較して夏の気温は上昇の一途です。
こうなってくると、
昭和のおじさんの定番「ランニングと腹巻にステテコ」だとしても対応できないかも知れないのであり、新しいウエア登場以外解決策が無いでしょう。

夏に関しては「これ以上脱ぐにも薄くするにも限界」がありますから、
むしろ”着る事で涼しい”機能性にシフトしていくのではなかろうか。
(伝統的なその代表例は「麦わら帽子」でしょう)
代表的なところは「空冷ファン付きの作業着」みたいな派生ですね。

●さてここで大きなポイントは
モバイルバッテリーの高性能と普及の拡大です
「空冷ファンを超えて、積極的に体温を冷やすギミックは無いか?」
 ↑
”冷房コート”だとか、”冷房マント”
果たして超小型の冷媒みたいなものが存在するのかっていうと、
「ペルチェ式」ってのありますが(あれは外に排熱なので余計周囲が暑くなるか…)、
どこかに大発明は無いのでしょうか(笑
ベタなところで言えばクーラーボックス内に”氷を超える非常に冷たい何か”を入れ、ファンでマント内部に循環、6時間以上冷却効果を発揮(しかもおしゃれ)。←みたいな?

更に派生で考えると、
傘の下から冷気を発する”涼しすぎる日傘”←凄く売れそうですねwww
(傘の下から冷却ミストで濡れる傘←なんかいいでしょう)


■モバイルPCの世界ではとっくの昔に存在する『ウェアラブル』
家電機能を着る形で導入することは何もとっぴな事ではありません。
軍事や登山などの装備しかりです、
猛暑もこんぐらい凄いレベルになると、衣類の世界にも「ジャイアントステップス」欲しいところですね。


■空調服 ベスト 現在価格:¥ 9,732 〜




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by kagewari/iwahara at 14:58 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする