ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< August 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

オリンピック批判に終始していたメディアが引っ込みつかなくなっているらしい

2021年06月13日

オリンピック始まったら「手のひら返す」のは各ワイドショーの既定路線だとのこと。
(えっ、どの面下げて?)
ワクチン接種が始まり、PCRガーな人は自然消滅したようですが、
流石にオリンピックヤメロヤメロ連呼していて、
笑顔で「金メダルおめでとう」は言えないでしょ(笑
ちょっと楽しみではあります

メディアはIOCが国際機関だから国連みたいな感じで左翼官僚強いんじゃないかと、淡い期待もあったのかも知れませんが、国際放映権をガッポリいただくゴリゴリの利権集団であるIOCが五輪を中止するワケ無いじゃん(バッハは最悪延期してでも絶対やる腹だったと思いますよ)。

逆にそんなIOCだからこそ、いよいよ北京五輪が怪しくなってきました。
冬季五輪の主力選手はほとんどが北半球の先進国に集中しており、彼らがこぞってボイコットした場合放映権の利権がすっ飛び兼ねません。
欧米諸国は「まだ間に合う、別の国にしよう」プッシュしてます。
ある意味、金のためならなんでもやり兼ねないIOCです、本当に開催国の変更するかもしれません。
(ちなみに現在日本で吹き荒れてるオリンピックヤメロは、このショックを和らげるため中国からの指令という噂です。)
 ↑
この追い風ともなっているのが、COVIDが武漢研究所流出説が確定しそうな件です。
「ファウチ・ゲート」とも言われ始めたCOVID
https://kagewari.seesaa.net/article/481920232.html
(米民主党バイデン政権も裏ぎってこっちに乗り始めてます)
■詳しいことはわかりませんが、現在米国はEUと「武漢研究所から流出の件」で共同声明のようなものを画策しており(解放軍にはより凶悪な本気のコロナ生物兵器もある方向で)、
ガツンとやられると厳しいでしょう(そこにウイグル・ジェノサイド決議も加わる)

今日本の地上波でこの件がどんな風に報道されているのか知りませんが、
現在欧米はこの方向一色です。
流石に中国共産党政権が倒れるなんてことは無いと思いますが、
下手したら習近平失脚の可能性は真実味を増してきました。

朝〇新聞も値上げしてる場合じゃないです(笑
(五輪の手のひら返しを決め手に)本当に倒産するかもしれませんよ、、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari/iwahara at 17:00 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする