ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< October 2021 >>
SA MO TU WE TH FR SA
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(56)
kgw89.jpg (こちらが本職です「心理学ブログ」)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

ワクチン関係についてだけ少し例の件を書きますか

2021年08月05日

私の中では「もういいでしょ」と思っているので、どうしようかと思ったのですが、
(このブログでCOVIDの特集お読みいただけた方はその心配も無いと思いますが)
念のため、若い人のワクチン接種について簡単に触れておこうと思います。
(私はワクチン否定派では無いのでそこは誤解しないでください)

■繰り返しになっちゃいますがDATAはこれだけ確認できていれば問題無し
東京経済の「新型コロナウイルス国内感染の状況
(厚生省発表の統計です)
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
7月28日時点のDATA
kdkakannnn.jpg

若年層の重症化は”線が見えないぐらいレア”です
これに対して、ワクチンの副反応として中日ドラゴンズの選手でしたっけ?
重症化とまで言えないまでもかなりの高熱が出たという報告が散見されています。
(米国では死亡例なども計測されており、副反応に関しては因果関係の証明に相当期間かかると思われなので具体的数字の表示は控えます)

●免疫の獲得が目的なら、若い人は「COVID19に通常感染するのが安全なのか、ワクチン接種が安全なのか絶妙に微妙なところもあり」、接種は自己責任となっています。
職域接種などの同調圧力で事実上の強制みたいになっているのもいかがなものかと思いますが、
若年層に至っては、明らかに「COVID19に通常感染する方が安全」でしょう。
(この説明の微妙さも、今回のCOVID19ならではで、)
逆に高齢者の方は(リスク-ベネフィット的に)ワクチン接種が推奨されます。


<<<トピックとしては米国CDCがPDR検査をやめます>>>
米CDC、PCR検査の取りやめを決定 新たな検査法を推奨
https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/76692.html
<一部引用>
米疾病管理予防センター(CDC)は7月21日、新型コロナウイルス(中共ウイルス)について、「PCR検査を推奨しない」とする新たなガイドラインを発表した。今後は新型コロナウイルスとインフルエンザを区別できる「マルチプレックスアッセイ」という検査法を推奨するとしている。

PCR検査を巡っては、その精度を疑問視する声が当初からあった。ウイルスの検出に必要なサイクル数(Ct値)に国際的な標準はなく、数値が高ければウイルスが少なくても陽性と診断されるからだ。また、死んだウイルスの断片と生きた感染性ウイルスを区別できない場合もあり、偽陽性のリスクが高まるという懸念もあった。
CDCは昨年11月、PCR検査の基準値について、「患者のウイルス量や感染力、隔離期間を判断するために使用すべきではない」と説明している。

世界保健機関(WHO)も今年1月20日に、新型コロナウイルスの診断についてはPCR検査と並行して患者の既往歴や疫学的な危険因子も考慮すべきであると伝え、「ほとんどのPCR検査は診断の補助である」とするガイドラインを発表している。


posted by kagewari/iwahara at 15:57 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする